釣り船にも負けない釣果もあり!ボート釣りシーズン(内房・富浦)

釣り船にも負けない釣果もあり!ボート釣りシーズン(内房・富浦)

関東地方も入梅してしまったが、穏やかな海況が続くいまはボート釣りのベストシーズン。手軽にファミリーで楽しめるだけでなく、釣り船に負けないほどの釣果だって可能なのがボート釣り。さあ、ボート釣りに出かけよう!


さらに上を目指すなら流し釣りをしよう! 探れば探るだけ釣果チャンスが広がる

ベテランは3本、4本と竿を出し、効率よくいろいろなターゲットを同時に狙っていく

船舶免許不要の2馬力船外機付きボートも。機動力抜群だ

泳がせ仕掛けにヒットした良型マゴチ。「いい引きでしたよ!」

ピンギスを泳がせてきたソゲ級のヒラメ。この日は小型が多かったが、キロオーバーの良型もいる

キスの仕掛けにはカワハギもくる

「いいサイズのキスが結構釣れましたよ」。キスは富浦のメインターゲット

手軽にファミリーで楽しめる

正午前後に泳がせをやっていた人にアタリが集中。流し釣りで広範囲に探ろう

キスはピンギス級も増えて数が伸びるようになったが、20㎝オーバーの良型もたくさん

どうですか、こんなに釣れました

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・富浦「富士屋ボート」

ボート釣りは楽しい。自分で「ここだ!」と場所を選定し、仕掛けを投入する。釣れるも釣れないも自分次第ですべての責任は自分にある。釣れなければ悔しいが釣れたときの喜びは倍増する。そして、想像以上の釣果を得るチャンスがあるのもこのボート釣りである。
「シロギスを釣りながら、泳がせでマゴチ、ヒラメ狙いがおすすめです。意外なほどアタリがありますよ」とは、富浦「富士屋ボート」の高木正太郎船長。穏やかな海の富浦は魚種の豊富さが魅力だ。サビキではイワシやアジ、ナブラが立てばスズキや青物、そして餌木をシャクればアオリイカやスミイカも。
「浜からポイントまでは引き船しますから、誰でも楽に楽しめます」
沖で「あっちのポイントがいいよ」などと、別のポイントまで引っ張ってくれるため、ほとんどオールを使う機会がないなんてことも。つまり、それだけ釣りに集中できるのだ。
「いよいよシロギスも泳がせも一番いい時期になりますよ。ぜひこの釣りを楽しんでください」

泳がせ釣りメインだが、まだまだ色々チャンス!仕掛けがあれば…

ボートを出す前に、ポイントと禁止事項をしっかり確認しておこう。
富浦、金田湾ともに、現在のメインの釣りはシロギスだ。泳がせ釣りをするにもまずはエサとなる魚を釣る必要がある。「ここだ」というポイントが決まったら、船首にロープでつないであるアンカーを投入する。これで船の向きが決まり釣りを開始。
しっかりとアンカーが決まっていると船は固定される。アンカーを入れてすぐのときはアタリが集中して数が釣れることが多い。しかし、次第にアタリが遠のいていく。それは船が固定されているから同じ場所ばかりに仕掛けを投入しているからである。いくらキャストして探っても限界がある。
こんなときはアンカーを上げて場所を移動し、再びアンカーを入れるという方法と、「流し釣り」という方法がある。「流し釣り」とは、風や潮の流れでゆっくりと船が動きながら釣ることだ。1箇所にとどまるわけでなく少しずつポイントを移動していくので、新しい場所、新しい場所へと仕掛けが入っていくのだ。
特に小型のシロギスやメゴチをエサにしてヒラメ、マゴチを狙う場合は、流し釣りが圧倒的にアタリが増える。シロギスに比べ絶対数が少ない大型魚に出会うためには、より広い場所を探る必要があるためだ。

以上の記事は「つり丸」2015年7月1日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

西川名港「竜一丸」は、8月から12月までマダイを狙う。得意としているポイントは、基地としている西川名港前。モロコも多く生息するポイントだけにさまざまな条件が整った海である。今期は、例年どおり8月にイサキ釣りからバトンタッチし、マダイ釣りを開始。開幕直後から順調にマダイがあがっている。


生きイワシで大型マゴチ激チャンス中! 金田湾ボート釣り(浜千鳥)

生きイワシで大型マゴチ激チャンス中! 金田湾ボート釣り(浜千鳥)

三浦半島・金田湾は古くからシロギス釣りのメッカとして知られているが、最近はボートで大物狙いができる場所として人気を集めている。「マゴチは好調ですね。サイズもいいし数も出ています。ヒラメは少し小型が多くなったけど、こちらも釣れてます」と、金田湾「浜千鳥」の飯島尚武さんは言う。


行きも帰りも引き舟で楽々! 富浦沖の夏のボート釣り(富士屋ボート)

行きも帰りも引き舟で楽々! 富浦沖の夏のボート釣り(富士屋ボート)

内房・富浦は房総半島随一のボートフィールドだ。南側には太房岬がありまるで湖のような景色が広がる。シロギスが多いポイントだが、マゴチ、ヒラメの魚影も濃い。


巻きスピードを合わせて数を伸ばせ! 東京湾のタチウオ(こなや丸)

巻きスピードを合わせて数を伸ばせ! 東京湾のタチウオ(こなや丸)

東京湾の人気ルアーターゲット・タチウオが連日好調だ。「このところトップで30本前後、平均でも10本以上という日が続いています。サイズもよく、指3.5本クラスが中心で、4本以上のサイズもよくヒットしています。今日は出ませんでしたが、ドラゴンサイズも連日ヒットしていますよ」とは、千葉・長浦港「こなや丸」進藤通孝船長。


真夏の沖釣り! 仙台湾のカレイ&マゴチを釣りに行こう!(拓洋丸)

真夏の沖釣り! 仙台湾のカレイ&マゴチを釣りに行こう!(拓洋丸)

宮城県の仙台湾はカレイの海で全国に知られている。県内では人気№1の不動の沖釣りターゲットだが、8月はヒラメや青物などの引きが強い、または、大型の魚を看板にあげる船宿が多くなる。


最新の投稿


パワーファイト必至のカツオとバトル!仕掛けから釣り方まで(福将丸)

パワーファイト必至のカツオとバトル!仕掛けから釣り方まで(福将丸)

今期は少々遅れ気味だった駿河湾のカツオが、ついにスパーク。7月25日にご覧のような疾風怒濤の食いを見せ、開幕したのだ!!「6月の終わり頃から気配はあったんだけど、なかなか釣果に結びつかなくてさ。これでようやくスタートって感じだよね」と笑顔で語ったのが、西伊豆戸田港「福将丸」の眞野康臣船長の声だ。


今シーズンも順調な釣れっぷり! コマセで釣るワラサ(大松丸)

今シーズンも順調な釣れっぷり! コマセで釣るワラサ(大松丸)

ここ数年、剣崎沖のワラサは8月中にスタートして11月いっぱいぐらいまでロングランで続いている。今シーズンは8月中旬ぐらいからスタート。日によって釣果にムラがあるが、10月前半の時点でも釣れ続いている。


相模湾のルアーキハダ炸裂!フカセ釣り&一本釣りを解説(二宮丸)

相模湾のルアーキハダ炸裂!フカセ釣り&一本釣りを解説(二宮丸)

相模湾のキハダ釣りはコマセ、ルアーが定番だが、イワシが入手できればフカセ釣りも極めて有効。カツオが散水に入れば一本釣りも満喫できる。カツオは3㎏級の良型が多く、キメジも10㎏級まで上がっている。


茨城のテンヤマダイのパイオニア船で釣りを楽しもう!(釣友丸)

茨城のテンヤマダイのパイオニア船で釣りを楽しもう!(釣友丸)

茨城海域は近年ほぼ全域でマダイが釣れるようになった。とくに秋は数、サイズともに期待でき、誰にでも気軽にマダイがひとつテンヤ釣法で釣れる。このマダイ釣りのきっかけをつくったのが、今回乗船した日立久慈港「釣友丸」の若林正行船長だ。


何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

8月1日に開幕した相模湾のコマセのキハダ&カツオ。昨年はいきなりデカキハダが出現したし、一昨年は良型カツオのラッシュでスタートしたが、今年はちょっと静かなスタートになった。どちらも黒潮の影響を受け、今年は遅れ気味との事前情報があった。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読