MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
釣り船にも負けない釣果もあり!ボート釣りシーズン(内房・富浦)

釣り船にも負けない釣果もあり!ボート釣りシーズン(内房・富浦)

関東地方も入梅してしまったが、穏やかな海況が続くいまはボート釣りのベストシーズン。手軽にファミリーで楽しめるだけでなく、釣り船に負けないほどの釣果だって可能なのがボート釣り。さあ、ボート釣りに出かけよう!

さらに上を目指すなら流し釣りをしよう! 探れば探るだけ釣果チャンスが広がる

ベテランは3本、4本と竿を出し、効率よくいろいろなターゲットを同時に狙っていく

船舶免許不要の2馬力船外機付きボートも。機動力抜群だ

泳がせ仕掛けにヒットした良型マゴチ。「いい引きでしたよ!」

ピンギスを泳がせてきたソゲ級のヒラメ。この日は小型が多かったが、キロオーバーの良型もいる

キスの仕掛けにはカワハギもくる

「いいサイズのキスが結構釣れましたよ」。キスは富浦のメインターゲット

手軽にファミリーで楽しめる

正午前後に泳がせをやっていた人にアタリが集中。流し釣りで広範囲に探ろう

キスはピンギス級も増えて数が伸びるようになったが、20㎝オーバーの良型もたくさん

どうですか、こんなに釣れました

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・富浦「富士屋ボート」

ボート釣りは楽しい。自分で「ここだ!」と場所を選定し、仕掛けを投入する。釣れるも釣れないも自分次第ですべての責任は自分にある。釣れなければ悔しいが釣れたときの喜びは倍増する。そして、想像以上の釣果を得るチャンスがあるのもこのボート釣りである。
「シロギスを釣りながら、泳がせでマゴチ、ヒラメ狙いがおすすめです。意外なほどアタリがありますよ」とは、富浦「富士屋ボート」の高木正太郎船長。穏やかな海の富浦は魚種の豊富さが魅力だ。サビキではイワシやアジ、ナブラが立てばスズキや青物、そして餌木をシャクればアオリイカやスミイカも。
「浜からポイントまでは引き船しますから、誰でも楽に楽しめます」
沖で「あっちのポイントがいいよ」などと、別のポイントまで引っ張ってくれるため、ほとんどオールを使う機会がないなんてことも。つまり、それだけ釣りに集中できるのだ。
「いよいよシロギスも泳がせも一番いい時期になりますよ。ぜひこの釣りを楽しんでください」

泳がせ釣りメインだが、まだまだ色々チャンス!仕掛けがあれば…

ボートを出す前に、ポイントと禁止事項をしっかり確認しておこう。
富浦、金田湾ともに、現在のメインの釣りはシロギスだ。泳がせ釣りをするにもまずはエサとなる魚を釣る必要がある。「ここだ」というポイントが決まったら、船首にロープでつないであるアンカーを投入する。これで船の向きが決まり釣りを開始。
しっかりとアンカーが決まっていると船は固定される。アンカーを入れてすぐのときはアタリが集中して数が釣れることが多い。しかし、次第にアタリが遠のいていく。それは船が固定されているから同じ場所ばかりに仕掛けを投入しているからである。いくらキャストして探っても限界がある。
こんなときはアンカーを上げて場所を移動し、再びアンカーを入れるという方法と、「流し釣り」という方法がある。「流し釣り」とは、風や潮の流れでゆっくりと船が動きながら釣ることだ。1箇所にとどまるわけでなく少しずつポイントを移動していくので、新しい場所、新しい場所へと仕掛けが入っていくのだ。
特に小型のシロギスやメゴチをエサにしてヒラメ、マゴチを狙う場合は、流し釣りが圧倒的にアタリが増える。シロギスに比べ絶対数が少ない大型魚に出会うためには、より広い場所を探る必要があるためだ。

以上の記事は「つり丸」2015年7月1日号の掲載記事です。

関連記事
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。
石花海のヤリイカ釣りでは、昔から魚型11㎝ダブルカンナプラヅノが定番だ。なぜだろう。もちろん、棒状のプラヅノでも、シングルカンナヅノでもイカは乗る。しかし、定番になっていることには理由がある。
仕掛けは親孫式のヒラメ仕掛けを使用する。ハリスは6~8号80㎝~1m、捨て糸は50~80㎝ほど。孫バリはシングル、トリプルフックどちらでもいいが、慣れない人はトリプルフック使用がおすすめ。
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
11月18日(日)に開催された「東京湾タチウオバトル2018」の結果報告です。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読