釣り船にも負けない釣果もあり!ボート釣りシーズン(内房・富浦)

釣り船にも負けない釣果もあり!ボート釣りシーズン(内房・富浦)

関東地方も入梅してしまったが、穏やかな海況が続くいまはボート釣りのベストシーズン。手軽にファミリーで楽しめるだけでなく、釣り船に負けないほどの釣果だって可能なのがボート釣り。さあ、ボート釣りに出かけよう!


さらに上を目指すなら流し釣りをしよう! 探れば探るだけ釣果チャンスが広がる

ベテランは3本、4本と竿を出し、効率よくいろいろなターゲットを同時に狙っていく

船舶免許不要の2馬力船外機付きボートも。機動力抜群だ

泳がせ仕掛けにヒットした良型マゴチ。「いい引きでしたよ!」

ピンギスを泳がせてきたソゲ級のヒラメ。この日は小型が多かったが、キロオーバーの良型もいる

キスの仕掛けにはカワハギもくる

「いいサイズのキスが結構釣れましたよ」。キスは富浦のメインターゲット

手軽にファミリーで楽しめる

正午前後に泳がせをやっていた人にアタリが集中。流し釣りで広範囲に探ろう

キスはピンギス級も増えて数が伸びるようになったが、20㎝オーバーの良型もたくさん

どうですか、こんなに釣れました

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・富浦「富士屋ボート」

ボート釣りは楽しい。自分で「ここだ!」と場所を選定し、仕掛けを投入する。釣れるも釣れないも自分次第ですべての責任は自分にある。釣れなければ悔しいが釣れたときの喜びは倍増する。そして、想像以上の釣果を得るチャンスがあるのもこのボート釣りである。
「シロギスを釣りながら、泳がせでマゴチ、ヒラメ狙いがおすすめです。意外なほどアタリがありますよ」とは、富浦「富士屋ボート」の高木正太郎船長。穏やかな海の富浦は魚種の豊富さが魅力だ。サビキではイワシやアジ、ナブラが立てばスズキや青物、そして餌木をシャクればアオリイカやスミイカも。
「浜からポイントまでは引き船しますから、誰でも楽に楽しめます」
沖で「あっちのポイントがいいよ」などと、別のポイントまで引っ張ってくれるため、ほとんどオールを使う機会がないなんてことも。つまり、それだけ釣りに集中できるのだ。
「いよいよシロギスも泳がせも一番いい時期になりますよ。ぜひこの釣りを楽しんでください」

泳がせ釣りメインだが、まだまだ色々チャンス!仕掛けがあれば…

ボートを出す前に、ポイントと禁止事項をしっかり確認しておこう。
富浦、金田湾ともに、現在のメインの釣りはシロギスだ。泳がせ釣りをするにもまずはエサとなる魚を釣る必要がある。「ここだ」というポイントが決まったら、船首にロープでつないであるアンカーを投入する。これで船の向きが決まり釣りを開始。
しっかりとアンカーが決まっていると船は固定される。アンカーを入れてすぐのときはアタリが集中して数が釣れることが多い。しかし、次第にアタリが遠のいていく。それは船が固定されているから同じ場所ばかりに仕掛けを投入しているからである。いくらキャストして探っても限界がある。
こんなときはアンカーを上げて場所を移動し、再びアンカーを入れるという方法と、「流し釣り」という方法がある。「流し釣り」とは、風や潮の流れでゆっくりと船が動きながら釣ることだ。1箇所にとどまるわけでなく少しずつポイントを移動していくので、新しい場所、新しい場所へと仕掛けが入っていくのだ。
特に小型のシロギスやメゴチをエサにしてヒラメ、マゴチを狙う場合は、流し釣りが圧倒的にアタリが増える。シロギスに比べ絶対数が少ない大型魚に出会うためには、より広い場所を探る必要があるためだ。

以上の記事は「つり丸」2015年7月1日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房のカモシ釣りが大きな盛り上がりを見せている。「カモシ釣り」とは、外房御宿から勝浦エリア独特の釣りで、コマセにサンマのミンチを用いた、ヒラマサや大型マダイを狙うのに適した釣法だ。海水でドロドロにしたコマセを海中でまいて煙幕を作り、警戒心の強い大型魚を誘惑する釣りである。


パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

昨年の夏場に大ブレイクした鹿島沖のマゴチ。今年は昨年よりも、約1ヶ月早い5月のゴールデンウイークすぎから開幕した。ゴールデンウイークが終わった直後、試し釣りに出た船宿が何軒かあり、トップ9匹という好釣果を記録する船もあった。5月中旬すぎから次第にマゴチをスタートする船が増えた。


10kgクラスも出現! 初夏のヒラマサジギング好機!(松鶴丸)

10kgクラスも出現! 初夏のヒラマサジギング好機!(松鶴丸)

4日くらい前から黒潮が入ってきたね。ちょっと潮が澄んで手強いけど、流れているから食うよ。昨日は7人で9本キャッチかな。アベレージは2〜3㎏と小振りだけど、まさに初夏のヒラマサって感じだよね」と話すのは、大原港「松鶴丸」のオキさんこと、中村洋行船長。船長の言葉通り、外房沖は初夏マサシーズンまっさかり、という状況だった。


大貫沖の高級魚マゴチがメインターゲット! アタリ活発!(長崎屋)

大貫沖の高級魚マゴチがメインターゲット! アタリ活発!(長崎屋)

この時期避けては通れないターゲット、マゴチ! この時期は実は一番難しい時期なのだ。春先からスタートしたマゴチ釣りだが、産卵前のこの時期は、特に難しい。産卵を終えるとアタリも頻繁に増えてくるのだが…。


夏のマダイ乗っ込み準備万端! 6kgオーバーも浮上中(千鯛丸)

夏のマダイ乗っ込み準備万端! 6kgオーバーも浮上中(千鯛丸)

他地区より遅れて乗っ込みマダイが好調なのが千倉沖だ。千倉港「千鯛丸」では4㎏、5㎏の良型が連日コンスタントに上がり、キロ前後のサイズも数釣れている。取材日にも6.1㎏、4.6㎏の大ダイが顔を出した、マダイファンにはぜひ注目してほしい釣り場だ。


最新の投稿


ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

駿河湾の中央部に位置する石花海。ひょうたん型をした瀬だが、すぐ近くの世界でも稀少な海溝、駿河トラフの影響を色濃く受ける。そして、いまは黒潮や湾内に流入する大型河川も海の環境に大きくかかわっている。そんな特殊といっても過言ではない石花海では、釣れる魚も特別おいしい。ここのイサキも産卵期を迎え、群れ固まっている。


外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房のカモシ釣りが大きな盛り上がりを見せている。「カモシ釣り」とは、外房御宿から勝浦エリア独特の釣りで、コマセにサンマのミンチを用いた、ヒラマサや大型マダイを狙うのに適した釣法だ。海水でドロドロにしたコマセを海中でまいて煙幕を作り、警戒心の強い大型魚を誘惑する釣りである。


アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

久里浜沖のカサゴが開幕した。久里浜沖のカサゴと言えば数多く釣れるので非常に人気が高い。シーズン最盛期の梅雨から夏にかけては、釣れる水深も10m前後と激浅。当然手返しも大幅に向上し、コンスタントに数上がり、カサゴの引きに癒されるアングラーも少なくないだろう。


パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

昨年の夏場に大ブレイクした鹿島沖のマゴチ。今年は昨年よりも、約1ヶ月早い5月のゴールデンウイークすぎから開幕した。ゴールデンウイークが終わった直後、試し釣りに出た船宿が何軒かあり、トップ9匹という好釣果を記録する船もあった。5月中旬すぎから次第にマゴチをスタートする船が増えた。


「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

都内の電車に乗ると袴姿の若い女性が目立ち車内に花が咲いたようだった。卒業シーズンなんだ、と思っていたら、あっと言う間に入学シーズンが間近に迫る。春野菜がうまいし、浅場の魚もうまくなる。が、忘れてはいけないのがキンメダイやアコウダイの深場の魚も最盛期を迎えること。今宵はフウセンキンメのあら煮でいっぱい。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読