MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
青物や根魚ゲストも多く楽しめる! ひとつテンヤマダイ(とみ丸)

青物や根魚ゲストも多く楽しめる! ひとつテンヤマダイ(とみ丸)

年明け早々にはイワシに付いた大ダイフィーバーに沸いた外房・川津沖の一つテンヤマダイ。6月初旬の時点では、青物や根魚といった嬉しいゲストまじりで楽しめている。

潮次第でまだまだ大ダイヒット! いつ大物がアタるかわからない…

当日はおもに水深30〜50mのポイントを攻めた!

タイラバで狙っていた釣り人にヒット!

しっかり最後まで網で捕獲! 大物か!?

見事にタイラバで2㎏オーバーをゲット!

ノリーズの吉田裕樹さんは、きれいな2㎏クラスの本命を手にした! エコギア「オーバルテンヤ(マットブラック、4g)」とエビエサの組み合わせで食わせた!

ノリーズの吉田さんはエコギアアクア「スイムシュリンプ」とエビエサをエサ取りの状況に応じて使い分けた!

すぐそこまで来ている!

ノリーズの榎戸 富さんは良型のヒラメをゲット! この日、榎戸さんは同サイズをもう一枚釣り上げた!

この時期はゲストも多彩

オニカサゴも混じった

カサゴも定番ゲスト!

まるまるとした良型ゲット!

エサはエビエサだ!

新発売のエコギアアクア「鯛ラバ」シリーズはタイラバのトレーラーにおすすめ!

「鯛ラバ」を付けると、アタってから食い込むまでが速いという!

ていねいに釣り方を教えてくれる吉清船長

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・川津「とみ丸」。

「潮次第でまだまだ大ダイのヒットもあります。ワラサやヒラマサといった青物の姿も見えますし、ハタやカサゴなどの根魚もまじっています」と話すのは一つテンヤにこだわる川津港「とみ丸」の吉清紘美・若船長。
取材当日は、水温、潮色、潮の流れなどの条件はバッチリ。しかし、ウマヅラハギが多く苦戦するも、チャンスタイムには2㎏クラスの良型マダイがヒットして取り込まれた。このほか大型マダイや大型青物と思われるバラシもあった。
さらに取材翌日、翌々日には大型マダイが連発。まだまだ大型マダイが期待できる川津沖だ。いつ大物がアタるかわからないので、心して挑戦しよう!

以上の記事は「つり丸」2015年7月1日号の掲載記事です。

関連記事
イカが高活性のときは、プラヅノ仕掛けがいい。というか、なんでも乗るって感じかな。夜はね。お月さまの明かりの関係でどうしてもムラがある。乗りが渋いときは、エサ巻き餌木の釣りが確実だ。
いよいよ駿河湾に大型タチウオシーズンがやってきた! 11月下旬のアベレージサイズは指3本で、それに指4本以上がポツポツとまじる状況だった。それが、寒さが厳しくなるにつれ大型の割合がどんどん高まるのだ。
沖釣り専門誌「つり丸」編集部が現場で取材した【剣崎松輪港・一義丸】でのタックル、仕掛け、釣り方、注意点などをご紹介。ワラサ、アジ、マダイなどが主なターゲット。
東京湾のご当地ダーゲット”スミイカ”。釣り方はテンヤと餌木を使った2通りがある。伝統的なスタイルで、根強い人気を誇っているのが、生きたシャコを付けてテンヤで狙うスミイカ釣り。逆にエサを使わない手軽さと、あたりを取って掛ける釣り方が面白いと、近年ファンが急増しているのが、餌木によるスミイカ釣り。
駿河湾・由比港「神栄丸」の夜タチウオゲームがついに開幕! 夜は日中に比べてタナが浅いため、手返しがよくなり数が伸びやすいとう特徴がある。トップ40〜50本以上という釣果も珍しくないのだ。
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
11月18日(日)に開催された「東京湾タチウオバトル2018」の結果報告です。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読