青物や根魚ゲストも多く楽しめる! ひとつテンヤマダイ(とみ丸)

青物や根魚ゲストも多く楽しめる! ひとつテンヤマダイ(とみ丸)

年明け早々にはイワシに付いた大ダイフィーバーに沸いた外房・川津沖の一つテンヤマダイ。6月初旬の時点では、青物や根魚といった嬉しいゲストまじりで楽しめている。


潮次第でまだまだ大ダイヒット! いつ大物がアタるかわからない…

当日はおもに水深30〜50mのポイントを攻めた!

タイラバで狙っていた釣り人にヒット!

しっかり最後まで網で捕獲! 大物か!?

見事にタイラバで2㎏オーバーをゲット!

ノリーズの吉田裕樹さんは、きれいな2㎏クラスの本命を手にした! エコギア「オーバルテンヤ(マットブラック、4g)」とエビエサの組み合わせで食わせた!

ノリーズの吉田さんはエコギアアクア「スイムシュリンプ」とエビエサをエサ取りの状況に応じて使い分けた!

すぐそこまで来ている!

ノリーズの榎戸 富さんは良型のヒラメをゲット! この日、榎戸さんは同サイズをもう一枚釣り上げた!

この時期はゲストも多彩

オニカサゴも混じった

カサゴも定番ゲスト!

まるまるとした良型ゲット!

エサはエビエサだ!

新発売のエコギアアクア「鯛ラバ」シリーズはタイラバのトレーラーにおすすめ!

「鯛ラバ」を付けると、アタってから食い込むまでが速いという!

ていねいに釣り方を教えてくれる吉清船長

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・川津「とみ丸」。

「潮次第でまだまだ大ダイのヒットもあります。ワラサやヒラマサといった青物の姿も見えますし、ハタやカサゴなどの根魚もまじっています」と話すのは一つテンヤにこだわる川津港「とみ丸」の吉清紘美・若船長。
取材当日は、水温、潮色、潮の流れなどの条件はバッチリ。しかし、ウマヅラハギが多く苦戦するも、チャンスタイムには2㎏クラスの良型マダイがヒットして取り込まれた。このほか大型マダイや大型青物と思われるバラシもあった。
さらに取材翌日、翌々日には大型マダイが連発。まだまだ大型マダイが期待できる川津沖だ。いつ大物がアタるかわからないので、心して挑戦しよう!

以上の記事は「つり丸」2015年7月1日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房のカモシ釣りが大きな盛り上がりを見せている。「カモシ釣り」とは、外房御宿から勝浦エリア独特の釣りで、コマセにサンマのミンチを用いた、ヒラマサや大型マダイを狙うのに適した釣法だ。海水でドロドロにしたコマセを海中でまいて煙幕を作り、警戒心の強い大型魚を誘惑する釣りである。


アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

久里浜沖のカサゴが開幕した。久里浜沖のカサゴと言えば数多く釣れるので非常に人気が高い。シーズン最盛期の梅雨から夏にかけては、釣れる水深も10m前後と激浅。当然手返しも大幅に向上し、コンスタントに数上がり、カサゴの引きに癒されるアングラーも少なくないだろう。


初夏の名物ジャンボカサゴが釣れる! 東京湾カサゴ釣り(新健丸)

初夏の名物ジャンボカサゴが釣れる! 東京湾カサゴ釣り(新健丸)

今シーズンも東京湾のカサゴは、連日好調が続いている。今回、取材した金沢八景「新健丸」は、夏場はカサゴにターゲットを絞ったこだわりの船宿だ。


10kgクラスも出現! 初夏のヒラマサジギング好機!(松鶴丸)

10kgクラスも出現! 初夏のヒラマサジギング好機!(松鶴丸)

4日くらい前から黒潮が入ってきたね。ちょっと潮が澄んで手強いけど、流れているから食うよ。昨日は7人で9本キャッチかな。アベレージは2〜3㎏と小振りだけど、まさに初夏のヒラマサって感じだよね」と話すのは、大原港「松鶴丸」のオキさんこと、中村洋行船長。船長の言葉通り、外房沖は初夏マサシーズンまっさかり、という状況だった。


夏のマダイ乗っ込み準備万端! 6kgオーバーも浮上中(千鯛丸)

夏のマダイ乗っ込み準備万端! 6kgオーバーも浮上中(千鯛丸)

他地区より遅れて乗っ込みマダイが好調なのが千倉沖だ。千倉港「千鯛丸」では4㎏、5㎏の良型が連日コンスタントに上がり、キロ前後のサイズも数釣れている。取材日にも6.1㎏、4.6㎏の大ダイが顔を出した、マダイファンにはぜひ注目してほしい釣り場だ。


最新の投稿


ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

駿河湾の中央部に位置する石花海。ひょうたん型をした瀬だが、すぐ近くの世界でも稀少な海溝、駿河トラフの影響を色濃く受ける。そして、いまは黒潮や湾内に流入する大型河川も海の環境に大きくかかわっている。そんな特殊といっても過言ではない石花海では、釣れる魚も特別おいしい。ここのイサキも産卵期を迎え、群れ固まっている。


外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房のカモシ釣りが大きな盛り上がりを見せている。「カモシ釣り」とは、外房御宿から勝浦エリア独特の釣りで、コマセにサンマのミンチを用いた、ヒラマサや大型マダイを狙うのに適した釣法だ。海水でドロドロにしたコマセを海中でまいて煙幕を作り、警戒心の強い大型魚を誘惑する釣りである。


アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

久里浜沖のカサゴが開幕した。久里浜沖のカサゴと言えば数多く釣れるので非常に人気が高い。シーズン最盛期の梅雨から夏にかけては、釣れる水深も10m前後と激浅。当然手返しも大幅に向上し、コンスタントに数上がり、カサゴの引きに癒されるアングラーも少なくないだろう。


パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

昨年の夏場に大ブレイクした鹿島沖のマゴチ。今年は昨年よりも、約1ヶ月早い5月のゴールデンウイークすぎから開幕した。ゴールデンウイークが終わった直後、試し釣りに出た船宿が何軒かあり、トップ9匹という好釣果を記録する船もあった。5月中旬すぎから次第にマゴチをスタートする船が増えた。


「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

都内の電車に乗ると袴姿の若い女性が目立ち車内に花が咲いたようだった。卒業シーズンなんだ、と思っていたら、あっと言う間に入学シーズンが間近に迫る。春野菜がうまいし、浅場の魚もうまくなる。が、忘れてはいけないのがキンメダイやアコウダイの深場の魚も最盛期を迎えること。今宵はフウセンキンメのあら煮でいっぱい。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読