外房のカモシヒラマサに挑戦! ミッションを遂行せよ!(太平丸)

外房のカモシヒラマサに挑戦! ミッションを遂行せよ!(太平丸)

取材の前日、前々日と潮が全く流れず不調だったというが、この日は断続的に時合がやってきた。しかし、右舷は全員ヒットがあるなど早々に全員が顔を見たが、左舷は9時過ぎまで沈黙が続く。集中力を切らさずやったおかげかヒットー!


外房ヒラマサの名ポイント「三本松」に大群がやってきている!

船中1本目は右舷ミヨシの5㎏オーバー!

カモシ袋にドロドロ状のコマセをポンプで詰める

「カモシ釣りはロッド操作でしっかりとコマセを出すことがカギとなります」

おっ! アタリがきたか⁉︎ しっかり引きつけて

最後はタモで捕獲

重い…こんなに重いのかヒラマサ!

ねばったかいがありました!

「みんなアタっちゃって忙しいよ」。右舷はとにかく忙しかった

いまチャンスなんだから早く撮っちゃってよ!

3発目アタリきたー!

いやあ、良かった!

初のヒラマサをゲットした増山さん

右舷は胴の間にアタリが集中した。みんな5回ほどアタリがあった

最初と最後は右舷ミヨシ。ラストは当日最大の7.6kgだ

途中経過で3本。その後1本追加で4本はご立派!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・御宿岩和田港「太平丸」。

5月に入り外房の伝統釣法「カモシ釣り」が開幕した。コマセ釣りの原点とも言われる釣法だが、実に面白い。時に13㎏のヒラマサや16㎏のブリ。さらには8㎏のマダイ。はたまた7㎏のカンパチと近海でこのような素晴らしいターゲットとも出会える釣りなのだ。
春はマダイをメインに狙う釣り人が多いが、今年は例年になくヒラマサもわいている。アベレージサイズは3〜5㎏クラスだが、時に10㎏クラスも顔を出している。何よりも今年はヒラマサが船中50本のトップ9本! なんて釣果も出るなど絶好調。ここ2日間は潮が動かず低迷してるようだが潮が変れば食いだすだろうと向かった先は、御宿岩和田港「太平丸」。
港に4時に到着するとすでに満席状態。大野益宏大船長、利弘若船長に状況を確認すると昨日も前半ダメだったけど最後の一流しで入れ食いもあったという。定刻の午前5時に真沖の「三本松」を目指し出船となった。
ポイントに着くまでにサンマのミンチを海水で溶かし専用のカモシ袋へ挿入。付けエサは通常サンマの切り身だが、エサ取りが多い時などにイカを用意しダブルでハリにつける。
ポイントに着くと周辺にはカモシ釣り船団が集結し、利広若船長は反応を探し旋回を始め投入の合図。「タナは○ヒロ。○メートル」とアナウンスが流れる。これは、カモシ専用ラインとPEラインの釣り人への配慮。指定されたハリスの長さが5ヒロ=7.5mなので指示ダナよりも7.5m下まで仕掛けを落とし、2、3回に分けて指示ダナに合わせる。ロッドの振り方も通常のコマセワークとは異なりかなり大きく振り出さないと出ない。頭上まで振り上げ海面にロッドを叩きつけるような感じ。入れた直後にロッドが絞り込まれることもあるので気が抜けない。しかし、一向にアタリが来ない。付けエサも残っている状態が続く。潮は全く動いていない。
1時間以上経過したとき、右舷ミヨシの常連氏にヒット。ロッドの突っ込みからヒラマサと確信。上がって来たのは5㎏クラスの本命ヒラマサである。その直後にさらにお隣さんが4㎏級のヒラマサゲット。左舷側は沈黙が続く。たまにエサ取りらしきアタリにワクワクさせられるが、かじられたヒイカが無残な姿で戻って来るのみ。
9時を回って海上はベタ凪。無風状態。俗に言う凪倒れで終了になってしまうのかと考えていた矢先に、またしても右舷ミヨシの方とお隣さんが、ほぼ同時にヒット。次に右舷大ドモでもヒット。右舷側は忙しそうである。4人、5人同時ヒットも! 刻々と時間だけが過ぎていく中、とうとう左舷の常連さんが食わせた。仕掛けを上げアシスト。無事に取り込み4㎏サイズに笑みがこぼれた。
残すところ1時間半。潮が変りだしたその時、ついにロッドが絞り込まれた。ハリスを長めにしたのが良かったのか、一瞬殺気を消したのが良かったのか定かではないが、良い引き込みである。途中オマツリにもあったが船長のアシストもあり4㎏クラスのヒラマサとの対面に成功。この1本を皮切りにあちらこちらでロットが海面に突き刺さる。こうなったら右舷、左舷関係なくヒラマサフィーバーの戦場。だが、オマツリは避けられない。取り込めるか取り込めないかは運のみ。その後2回掛けたがタイミングが悪くヒラマサとの対面はできなかった。
最後の最後に全員安打で幕を閉じた今回の釣行だが、今年はヒラマサが多いと思う。是非とも伝統釣法にチャレンジしてみて!

以上の記事は「つり丸」2015年7月1日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房のカモシ釣りが大きな盛り上がりを見せている。「カモシ釣り」とは、外房御宿から勝浦エリア独特の釣りで、コマセにサンマのミンチを用いた、ヒラマサや大型マダイを狙うのに適した釣法だ。海水でドロドロにしたコマセを海中でまいて煙幕を作り、警戒心の強い大型魚を誘惑する釣りである。


10kgクラスも出現! 初夏のヒラマサジギング好機!(松鶴丸)

10kgクラスも出現! 初夏のヒラマサジギング好機!(松鶴丸)

4日くらい前から黒潮が入ってきたね。ちょっと潮が澄んで手強いけど、流れているから食うよ。昨日は7人で9本キャッチかな。アベレージは2〜3㎏と小振りだけど、まさに初夏のヒラマサって感じだよね」と話すのは、大原港「松鶴丸」のオキさんこと、中村洋行船長。船長の言葉通り、外房沖は初夏マサシーズンまっさかり、という状況だった。


夏のマダイ乗っ込み準備万端! 6kgオーバーも浮上中(千鯛丸)

夏のマダイ乗っ込み準備万端! 6kgオーバーも浮上中(千鯛丸)

他地区より遅れて乗っ込みマダイが好調なのが千倉沖だ。千倉港「千鯛丸」では4㎏、5㎏の良型が連日コンスタントに上がり、キロ前後のサイズも数釣れている。取材日にも6.1㎏、4.6㎏の大ダイが顔を出した、マダイファンにはぜひ注目してほしい釣り場だ。


「ヒラマサ」の寿司…うま味も強いし、ほどよい酸味で食感もよい

「ヒラマサ」の寿司…うま味も強いし、ほどよい酸味で食感もよい

『市場寿司』でお茶を飲んでいたら、「はいよ!」とお茶請けにぶり大根ならぬヒラマサ大根が出た。冷やしてあって、散らした青い実山椒がきれいだ。その上、たかさんが珍しく「実山椒もそろそろ終わりだね」なんて風情のあることまで言う。また雨が降らなければいいが……。これをお裾分けしてもらって、冷や酒をいっぱい。


カモシ釣りでマダイ好シーズン! 加えてヒラマサも好調(不動丸)

カモシ釣りでマダイ好シーズン! 加えてヒラマサも好調(不動丸)

外房勝浦沖のカモシ釣りが好スタートを切っている。カモシ乗合で出船している川津港「不動丸」では、マダイの1〜3㎏主体に4〜5㎏級もまじりトップ3枚前後、それにヒラマサの2〜5㎏前後が数まじるという、ウレシイ状況が続いている。


最新の投稿


ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

駿河湾の中央部に位置する石花海。ひょうたん型をした瀬だが、すぐ近くの世界でも稀少な海溝、駿河トラフの影響を色濃く受ける。そして、いまは黒潮や湾内に流入する大型河川も海の環境に大きくかかわっている。そんな特殊といっても過言ではない石花海では、釣れる魚も特別おいしい。ここのイサキも産卵期を迎え、群れ固まっている。


外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房のカモシ釣りが大きな盛り上がりを見せている。「カモシ釣り」とは、外房御宿から勝浦エリア独特の釣りで、コマセにサンマのミンチを用いた、ヒラマサや大型マダイを狙うのに適した釣法だ。海水でドロドロにしたコマセを海中でまいて煙幕を作り、警戒心の強い大型魚を誘惑する釣りである。


アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

久里浜沖のカサゴが開幕した。久里浜沖のカサゴと言えば数多く釣れるので非常に人気が高い。シーズン最盛期の梅雨から夏にかけては、釣れる水深も10m前後と激浅。当然手返しも大幅に向上し、コンスタントに数上がり、カサゴの引きに癒されるアングラーも少なくないだろう。


パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

昨年の夏場に大ブレイクした鹿島沖のマゴチ。今年は昨年よりも、約1ヶ月早い5月のゴールデンウイークすぎから開幕した。ゴールデンウイークが終わった直後、試し釣りに出た船宿が何軒かあり、トップ9匹という好釣果を記録する船もあった。5月中旬すぎから次第にマゴチをスタートする船が増えた。


「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

都内の電車に乗ると袴姿の若い女性が目立ち車内に花が咲いたようだった。卒業シーズンなんだ、と思っていたら、あっと言う間に入学シーズンが間近に迫る。春野菜がうまいし、浅場の魚もうまくなる。が、忘れてはいけないのがキンメダイやアコウダイの深場の魚も最盛期を迎えること。今宵はフウセンキンメのあら煮でいっぱい。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読