外房のカモシヒラマサに挑戦! ミッションを遂行せよ!(太平丸)

外房のカモシヒラマサに挑戦! ミッションを遂行せよ!(太平丸)

取材の前日、前々日と潮が全く流れず不調だったというが、この日は断続的に時合がやってきた。しかし、右舷は全員ヒットがあるなど早々に全員が顔を見たが、左舷は9時過ぎまで沈黙が続く。集中力を切らさずやったおかげかヒットー!


外房ヒラマサの名ポイント「三本松」に大群がやってきている!

船中1本目は右舷ミヨシの5㎏オーバー!

カモシ袋にドロドロ状のコマセをポンプで詰める

「カモシ釣りはロッド操作でしっかりとコマセを出すことがカギとなります」

おっ! アタリがきたか⁉︎ しっかり引きつけて

最後はタモで捕獲

重い…こんなに重いのかヒラマサ!

ねばったかいがありました!

「みんなアタっちゃって忙しいよ」。右舷はとにかく忙しかった

いまチャンスなんだから早く撮っちゃってよ!

3発目アタリきたー!

いやあ、良かった!

初のヒラマサをゲットした増山さん

右舷は胴の間にアタリが集中した。みんな5回ほどアタリがあった

最初と最後は右舷ミヨシ。ラストは当日最大の7.6kgだ

途中経過で3本。その後1本追加で4本はご立派!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・御宿岩和田港「太平丸」。

5月に入り外房の伝統釣法「カモシ釣り」が開幕した。コマセ釣りの原点とも言われる釣法だが、実に面白い。時に13㎏のヒラマサや16㎏のブリ。さらには8㎏のマダイ。はたまた7㎏のカンパチと近海でこのような素晴らしいターゲットとも出会える釣りなのだ。
春はマダイをメインに狙う釣り人が多いが、今年は例年になくヒラマサもわいている。アベレージサイズは3〜5㎏クラスだが、時に10㎏クラスも顔を出している。何よりも今年はヒラマサが船中50本のトップ9本! なんて釣果も出るなど絶好調。ここ2日間は潮が動かず低迷してるようだが潮が変れば食いだすだろうと向かった先は、御宿岩和田港「太平丸」。
港に4時に到着するとすでに満席状態。大野益宏大船長、利弘若船長に状況を確認すると昨日も前半ダメだったけど最後の一流しで入れ食いもあったという。定刻の午前5時に真沖の「三本松」を目指し出船となった。
ポイントに着くまでにサンマのミンチを海水で溶かし専用のカモシ袋へ挿入。付けエサは通常サンマの切り身だが、エサ取りが多い時などにイカを用意しダブルでハリにつける。
ポイントに着くと周辺にはカモシ釣り船団が集結し、利広若船長は反応を探し旋回を始め投入の合図。「タナは○ヒロ。○メートル」とアナウンスが流れる。これは、カモシ専用ラインとPEラインの釣り人への配慮。指定されたハリスの長さが5ヒロ=7.5mなので指示ダナよりも7.5m下まで仕掛けを落とし、2、3回に分けて指示ダナに合わせる。ロッドの振り方も通常のコマセワークとは異なりかなり大きく振り出さないと出ない。頭上まで振り上げ海面にロッドを叩きつけるような感じ。入れた直後にロッドが絞り込まれることもあるので気が抜けない。しかし、一向にアタリが来ない。付けエサも残っている状態が続く。潮は全く動いていない。
1時間以上経過したとき、右舷ミヨシの常連氏にヒット。ロッドの突っ込みからヒラマサと確信。上がって来たのは5㎏クラスの本命ヒラマサである。その直後にさらにお隣さんが4㎏級のヒラマサゲット。左舷側は沈黙が続く。たまにエサ取りらしきアタリにワクワクさせられるが、かじられたヒイカが無残な姿で戻って来るのみ。
9時を回って海上はベタ凪。無風状態。俗に言う凪倒れで終了になってしまうのかと考えていた矢先に、またしても右舷ミヨシの方とお隣さんが、ほぼ同時にヒット。次に右舷大ドモでもヒット。右舷側は忙しそうである。4人、5人同時ヒットも! 刻々と時間だけが過ぎていく中、とうとう左舷の常連さんが食わせた。仕掛けを上げアシスト。無事に取り込み4㎏サイズに笑みがこぼれた。
残すところ1時間半。潮が変りだしたその時、ついにロッドが絞り込まれた。ハリスを長めにしたのが良かったのか、一瞬殺気を消したのが良かったのか定かではないが、良い引き込みである。途中オマツリにもあったが船長のアシストもあり4㎏クラスのヒラマサとの対面に成功。この1本を皮切りにあちらこちらでロットが海面に突き刺さる。こうなったら右舷、左舷関係なくヒラマサフィーバーの戦場。だが、オマツリは避けられない。取り込めるか取り込めないかは運のみ。その後2回掛けたがタイミングが悪くヒラマサとの対面はできなかった。
最後の最後に全員安打で幕を閉じた今回の釣行だが、今年はヒラマサが多いと思う。是非とも伝統釣法にチャレンジしてみて!

以上の記事は「つり丸」2015年7月1日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

西川名港「竜一丸」は、8月から12月までマダイを狙う。得意としているポイントは、基地としている西川名港前。モロコも多く生息するポイントだけにさまざまな条件が整った海である。今期は、例年どおり8月にイサキ釣りからバトンタッチし、マダイ釣りを開始。開幕直後から順調にマダイがあがっている。


行きも帰りも引き舟で楽々! 富浦沖の夏のボート釣り(富士屋ボート)

行きも帰りも引き舟で楽々! 富浦沖の夏のボート釣り(富士屋ボート)

内房・富浦は房総半島随一のボートフィールドだ。南側には太房岬がありまるで湖のような景色が広がる。シロギスが多いポイントだが、マゴチ、ヒラメの魚影も濃い。


巻きスピードを合わせて数を伸ばせ! 東京湾のタチウオ(こなや丸)

巻きスピードを合わせて数を伸ばせ! 東京湾のタチウオ(こなや丸)

東京湾の人気ルアーターゲット・タチウオが連日好調だ。「このところトップで30本前後、平均でも10本以上という日が続いています。サイズもよく、指3.5本クラスが中心で、4本以上のサイズもよくヒットしています。今日は出ませんでしたが、ドラゴンサイズも連日ヒットしていますよ」とは、千葉・長浦港「こなや丸」進藤通孝船長。


南房のカンパチ五目開幕! 青物の強烈な引きが楽しめる!(源平丸)

南房のカンパチ五目開幕! 青物の強烈な引きが楽しめる!(源平丸)

南房総平砂浦沖に今年もショゴ(カンパチの幼魚)が回ってきた。幼魚とはいえカンパチが狙って釣れる釣り場は貴重だ。しかも最近他エリアではほとんど見かけなくなったカッタクリ釣りで狙えるのも嬉しいところだ。


魚影濃く今後も期待大! 大原沖のショウサイフグ好スタート(敷嶋丸)

魚影濃く今後も期待大! 大原沖のショウサイフグ好スタート(敷嶋丸)

秋の大原の二枚看板といえば、フグとヒラメだろう。まず先陣を切って9月1日に解禁になったのがショウサイフグ。「敷嶋丸」では開幕初日から30㎝級の大型フグまじりで順調なスタートを切った。取材日も釣り開始とともに次々と竿が曲がり、あちこちでフグが抜き上げられた。


最新の投稿


パワーファイト必至のカツオとバトル!仕掛けから釣り方まで(福将丸)

パワーファイト必至のカツオとバトル!仕掛けから釣り方まで(福将丸)

今期は少々遅れ気味だった駿河湾のカツオが、ついにスパーク。7月25日にご覧のような疾風怒濤の食いを見せ、開幕したのだ!!「6月の終わり頃から気配はあったんだけど、なかなか釣果に結びつかなくてさ。これでようやくスタートって感じだよね」と笑顔で語ったのが、西伊豆戸田港「福将丸」の眞野康臣船長の声だ。


今シーズンも順調な釣れっぷり! コマセで釣るワラサ(大松丸)

今シーズンも順調な釣れっぷり! コマセで釣るワラサ(大松丸)

ここ数年、剣崎沖のワラサは8月中にスタートして11月いっぱいぐらいまでロングランで続いている。今シーズンは8月中旬ぐらいからスタート。日によって釣果にムラがあるが、10月前半の時点でも釣れ続いている。


相模湾のルアーキハダ炸裂!フカセ釣り&一本釣りを解説(二宮丸)

相模湾のルアーキハダ炸裂!フカセ釣り&一本釣りを解説(二宮丸)

相模湾のキハダ釣りはコマセ、ルアーが定番だが、イワシが入手できればフカセ釣りも極めて有効。カツオが散水に入れば一本釣りも満喫できる。カツオは3㎏級の良型が多く、キメジも10㎏級まで上がっている。


茨城のテンヤマダイのパイオニア船で釣りを楽しもう!(釣友丸)

茨城のテンヤマダイのパイオニア船で釣りを楽しもう!(釣友丸)

茨城海域は近年ほぼ全域でマダイが釣れるようになった。とくに秋は数、サイズともに期待でき、誰にでも気軽にマダイがひとつテンヤ釣法で釣れる。このマダイ釣りのきっかけをつくったのが、今回乗船した日立久慈港「釣友丸」の若林正行船長だ。


何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

8月1日に開幕した相模湾のコマセのキハダ&カツオ。昨年はいきなりデカキハダが出現したし、一昨年は良型カツオのラッシュでスタートしたが、今年はちょっと静かなスタートになった。どちらも黒潮の影響を受け、今年は遅れ気味との事前情報があった。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読