今期はお手軽高級五目が面白い! シマアジも依然絶好調!(舵丸)

今期はお手軽高級五目が面白い! シマアジも依然絶好調!(舵丸)

大物の聖地〝銭洲〟。4月の解禁直後からネープルス前のシマアジが好調だ。すでに今期は7㎏オーバーのオオカミもキャッチされており、その勢いは収まる気配がない。


ジャンボシマアジは時合いを逃すな! 繊細なアタリを捉えよう!

ポイントはネープルス前水深30〜40m。シマアジの食いが渋くなったら、ベタ底狙いがベター。この日は船中シマアジ34枚、1〜6枚と絶好調!

静かにアタリを待って小さなアタリを逃さないでね!

トルクフル&スリリングな引きを堪能!

3㎏オーバー良型も多くヒットした

サイズ申し分なし!

この大きさはかなりおいしいよ!!

コマセ釣りビギナーも気軽に楽しめる銭洲。この機会にぜひチャレンジを

良型シマアジゲット!

シマアジは水面でバレやすいので必ずタモ入れしてもらおう。魚の活性が高いときはハリスの長さはビシアジ釣りと同じく1ヒロ程度でよい

今日はクーラーボックス満タンだ!

イサキとウメイロのトリプルヒット!

今夜はこいつをアテに一杯!

ジャンボイサキもヒットする! 大きいねぇ〜

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・沼津「舵丸」。

「うちじゃ、沼津の湾内で使っているマダイ竿など、普段使い慣れたタックルで銭洲の魚を釣ってもらっているよ」と話す、最新鋭の大型高速船で銭洲の釣りを気軽に楽しませてくれる沼津「舵丸」の片岡邦人船長。
当日は、ゴールデンタイムの朝いち30分間、1〜2㎏のシマアジが入れ食い。その後も高活性が続き、船上のどこかしこでシマアジのトルクフルな引きで釣り人を楽しませていた。
この海域では泳がせカンパチシーズン開幕が期待されるが、今期は黒潮の蛇行の影響で、カンパチの回遊は遅れ気味。だから、よりいっそう五目釣り色が強いのだ。
五目のターゲットはさまざま、浅場ではウメイロ、イサキ、マダイ、メジナなど。中深場では、アオダイ、オナガダイ、ヒメダイ、メダイが狙える。
大型クーラーが高級魚で満タンになることもザラな銭洲。
この機会にぜひ、よりどりみどりの高級魚五目狙いでチャレンジしてみてほしい。

以上の記事は「つり丸」2015年7月1日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


型と味には自信あり! 狙いは1kgオーバーのジャンボイサキ(村正丸)

型と味には自信あり! 狙いは1kgオーバーのジャンボイサキ(村正丸)

川奈沖のイサキは型と味の良さがウリだ! 半日船、それも大抵マダイとのリレーで出船ということもあって「数ではトップ20〜30匹と他地区と比較して見劣りするかもしれないけど、型と味の良さでは絶対負けませんよ」とは伊東港「村正丸」の村上大輔船長。


マダイとイサキの両狙いがこの時期の人気メニューだ!(兵助屋)

マダイとイサキの両狙いがこの時期の人気メニューだ!(兵助屋)

今年の南伊豆海域におけるマダイの乗っ込みは、例年になく遅れて本格化。そのぶん長引いており、6月に入っても乗っ込みの個体が釣れている。そしてイサキもおもしろい時期。本格シーズンに突入しており、専門に狙う船は連日好釣果を記録している。


盛況続く夜のムギイカ、400杯以上も釣れる時もある⁉︎(福将丸)

盛況続く夜のムギイカ、400杯以上も釣れる時もある⁉︎(福将丸)

風光明媚な西伊豆で夜ムギイカ釣りが盛況だ。西伊豆戸田港の「福将丸」では春から夕方、深夜の2便体制で乗合いを開始し、400杯以上という『らしい』超絶釣果も飛び出している。それでも眞野康豊船長は「イカは先読みが難しいけど今季は特に。いい日もあるけどお土産がやっとなんて日もありますよ」と控えめだ。


初夏の風物詩が開幕! 夜ムギイカの釣り方をご紹介(福将丸)

初夏の風物詩が開幕! 夜ムギイカの釣り方をご紹介(福将丸)

駿河湾、沼津から西伊豆エリアの夜ムギイカは今シーズン、例年並みと言える4月上旬に開幕。4月も束釣りを記録しているが、今シーズンの序盤戦はムラがあり、好不調の波が大きかった。


食べごろ良型シマアジを釣るならここだ! 釣り方解説(銭州・舵丸)

食べごろ良型シマアジを釣るならここだ! 釣り方解説(銭州・舵丸)

大物釣り場の代名詞になっていて、沖釣り師なら一度は行ってみたい銭洲。今期も4月1日に解禁し、年末まで遊漁船で楽しめる。遊漁船では限定近海許可(JG)という国の厳しい検査を通過してその許可を得た船のみ、釣りが楽しめる海域のため、現在では数隻のみが行くことが可能。そのひとつが沼津「舵丸」だ。


最新の投稿


外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房のカモシ釣りが大きな盛り上がりを見せている。「カモシ釣り」とは、外房御宿から勝浦エリア独特の釣りで、コマセにサンマのミンチを用いた、ヒラマサや大型マダイを狙うのに適した釣法だ。海水でドロドロにしたコマセを海中でまいて煙幕を作り、警戒心の強い大型魚を誘惑する釣りである。


アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

久里浜沖のカサゴが開幕した。久里浜沖のカサゴと言えば数多く釣れるので非常に人気が高い。シーズン最盛期の梅雨から夏にかけては、釣れる水深も10m前後と激浅。当然手返しも大幅に向上し、コンスタントに数上がり、カサゴの引きに癒されるアングラーも少なくないだろう。


パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

昨年の夏場に大ブレイクした鹿島沖のマゴチ。今年は昨年よりも、約1ヶ月早い5月のゴールデンウイークすぎから開幕した。ゴールデンウイークが終わった直後、試し釣りに出た船宿が何軒かあり、トップ9匹という好釣果を記録する船もあった。5月中旬すぎから次第にマゴチをスタートする船が増えた。


「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

都内の電車に乗ると袴姿の若い女性が目立ち車内に花が咲いたようだった。卒業シーズンなんだ、と思っていたら、あっと言う間に入学シーズンが間近に迫る。春野菜がうまいし、浅場の魚もうまくなる。が、忘れてはいけないのがキンメダイやアコウダイの深場の魚も最盛期を迎えること。今宵はフウセンキンメのあら煮でいっぱい。


うまさ抜群! 走水沖のブランドアジを釣りに行こう(政信丸)

うまさ抜群! 走水沖のブランドアジを釣りに行こう(政信丸)

ブランド魚のひとつとして名高い走水沖のアジが堅調だ。走水港「政信丸」では、取材日は強風と高波で序盤は苦戦したが、トップ43匹。その前日は64匹。また、サイズは20〜40㎝、アベレージで25㎝と申し分なしだ。さらにうれしいことに、背が黄金色に輝くいわゆる「金アジ」が3割程度まじった。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読