MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
今期はお手軽高級五目が面白い! シマアジも依然絶好調!(舵丸)

今期はお手軽高級五目が面白い! シマアジも依然絶好調!(舵丸)

大物の聖地〝銭洲〟。4月の解禁直後からネープルス前のシマアジが好調だ。すでに今期は7㎏オーバーのオオカミもキャッチされており、その勢いは収まる気配がない。

ジャンボシマアジは時合いを逃すな! 繊細なアタリを捉えよう!

ポイントはネープルス前水深30〜40m。シマアジの食いが渋くなったら、ベタ底狙いがベター。この日は船中シマアジ34枚、1〜6枚と絶好調!

静かにアタリを待って小さなアタリを逃さないでね!

トルクフル&スリリングな引きを堪能!

3㎏オーバー良型も多くヒットした

サイズ申し分なし!

この大きさはかなりおいしいよ!!

コマセ釣りビギナーも気軽に楽しめる銭洲。この機会にぜひチャレンジを

良型シマアジゲット!

シマアジは水面でバレやすいので必ずタモ入れしてもらおう。魚の活性が高いときはハリスの長さはビシアジ釣りと同じく1ヒロ程度でよい

今日はクーラーボックス満タンだ!

イサキとウメイロのトリプルヒット!

今夜はこいつをアテに一杯!

ジャンボイサキもヒットする! 大きいねぇ〜

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・沼津「舵丸」。

「うちじゃ、沼津の湾内で使っているマダイ竿など、普段使い慣れたタックルで銭洲の魚を釣ってもらっているよ」と話す、最新鋭の大型高速船で銭洲の釣りを気軽に楽しませてくれる沼津「舵丸」の片岡邦人船長。
当日は、ゴールデンタイムの朝いち30分間、1〜2㎏のシマアジが入れ食い。その後も高活性が続き、船上のどこかしこでシマアジのトルクフルな引きで釣り人を楽しませていた。
この海域では泳がせカンパチシーズン開幕が期待されるが、今期は黒潮の蛇行の影響で、カンパチの回遊は遅れ気味。だから、よりいっそう五目釣り色が強いのだ。
五目のターゲットはさまざま、浅場ではウメイロ、イサキ、マダイ、メジナなど。中深場では、アオダイ、オナガダイ、ヒメダイ、メダイが狙える。
大型クーラーが高級魚で満タンになることもザラな銭洲。
この機会にぜひ、よりどりみどりの高級魚五目狙いでチャレンジしてみてほしい。

以上の記事は「つり丸」2015年7月1日号の掲載記事です。

関連記事
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。
石花海のヤリイカ釣りでは、昔から魚型11㎝ダブルカンナプラヅノが定番だ。なぜだろう。もちろん、棒状のプラヅノでも、シングルカンナヅノでもイカは乗る。しかし、定番になっていることには理由がある。
仕掛けは親孫式のヒラメ仕掛けを使用する。ハリスは6~8号80㎝~1m、捨て糸は50~80㎝ほど。孫バリはシングル、トリプルフックどちらでもいいが、慣れない人はトリプルフック使用がおすすめ。
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
11月18日(日)に開催された「東京湾タチウオバトル2018」の結果報告です。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読