MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ニュースタイルのひとつテンヤマゴチで釣ってみよう!(長岡丸)

ニュースタイルのひとつテンヤマゴチで釣ってみよう!(長岡丸)

去年、鹿島沖で爆釣につぐ激釣を記録し、アッと言う間に大ブレイクしたマゴチ釣りの新提案・ひとつテンヤマゴチが、今年も満を持して開幕。その初日に鹿島港「長岡丸」にお邪魔して様子を伺ってきた。

ズル引きが基本も、アクセントをつけて誘ってみるのもアリ!!

陸地が見える超近場でマゴチゲームが楽しめる

キャストして広範囲を探るのが釣果への早道となる

熱釣ドクター・近藤惣一郎先生は「テンヤを底でシェイキングさせるのも効果的でしたよ」と良型を手にコツを教えてくれた

「テンヤが底に着いた瞬間、イッキに食ってくることもあるので気を抜かないで」と先生

こんなビッグサイズなマゴチが釣れました!

水深が浅いので引きも強烈で楽しいですよ!

「食いが渋い時は、ストップ&ゴーや間を作ってのズル引き、ボトムバンピングも効果的でした」と常連のお二人

この食いっぷりは活性が高い証拠だ

こんなデカイのが釣れるとやっぱり楽しいね!

ひとつテンヤのタックルがそのまま使えるが、バッドにハリのあるタイプを選ぼう。フッキングが良い

使用テンヤは10号前後も、潮が早い場合は、さらに重いテンヤを使い、確実に底を取って誘おう

潮が濁っている時はアピール系。澄み潮はナチュラル系のワームが良い傾向にある

基本は、写真のようにテンヤの親バリにワームを通し刺し、孫バリを添えるように刺す

この日はクロ—系のワームのチョン掛けが強かった

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島港「長岡丸」。

「今期は、エサ持ちの良さや外道対策にも威力を発揮したワーム(ソフトルアー)を最初から使って迎撃していくことに決めました。去年は手探り状態で、活きエビなんかも試したんですが、傷みが早く、効率が悪くてね」と、釣らす気マンマンの長岡寿樹船長が出船前に意気込みを語ってくれた。
ポイントは遠浅の鹿島灘全域で、水深10m前後の砂地一帯を広く攻める。
使用するテンヤは、水深に合わす必要はなく重めの8〜10号をチョイス。底をズル引きしながら誘うのが、基本の釣り方になると言う。
「横流しで船を操船しますが、キャストしてより広範囲を探る方が、釣果が伸びる傾向にありますね。根掛かりすることもないので、積極的に攻めて重量感ある引きを堪能して下さい」。
この日の釣果は、良型主体で、なんと全員複数安打。60㎝クラスの大型も登場するなどマゴチの活性は高く、今後も期待大と判断できた。
「これからは、さらに浅い場所を攻めます。ビギナーや女性でもオマツリすることなく楽しめますので、ぜひ旬を迎える美味しい照りゴチを釣って食べて下さい!」と船長。

以上の記事は「つり丸」2015年7月1日号の掲載記事です。

関連記事
ジギングは、ロッドは長さ6フィート前後、ラインはPE2〜3号、リーダーはフロロの40〜60Lb。キャスティングは、ロッドは長さ7フィート前後、ラインはPE2号、リーダーはナイロンの40Lb。
東京湾のタチウオゲームがトップシーズンを迎えている。しかも、この時期のタチウオは良・大型揃い! みな指3.5~5本オーバーのメーター前後で、指2~2.5本という小型は1本たりともまじらなかった。
「魚探に反応はしっかり出ているんですけどね。よほどなにかを嫌っているんでしょう。口を使ってくれませんね」と、状況を教えてくれたのは川崎「つり幸」の村上船長。言葉のやり取りがあったのは、昨年の暮れ。
“タルイカ”。北陸で呼ばれている名だが、東日本では聞きなれない名前のイカだろう。標準和名はソデイカ。このイカが昨年、一昨年の秋から冬に、山陰から北陸にかけて大発生。大きくなると20㎏を超えるという。
爆発的人気! とは言えないが、年を追うごとに着実にファンを増やしているのが、南伊豆出船で狙う新島沖のキンメダイゲームだ。新島沖のキンメダイは、数こそ望めないものの、2㎏クラスは当たり前、狙いは3㎏!
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
11月18日(日)に開催された「東京湾タチウオバトル2018」の結果報告です。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読