ニュースタイルのひとつテンヤマゴチで釣ってみよう!(長岡丸)

ニュースタイルのひとつテンヤマゴチで釣ってみよう!(長岡丸)

去年、鹿島沖で爆釣につぐ激釣を記録し、アッと言う間に大ブレイクしたマゴチ釣りの新提案・ひとつテンヤマゴチが、今年も満を持して開幕。その初日に鹿島港「長岡丸」にお邪魔して様子を伺ってきた。


ズル引きが基本も、アクセントをつけて誘ってみるのもアリ!!

陸地が見える超近場でマゴチゲームが楽しめる

キャストして広範囲を探るのが釣果への早道となる

熱釣ドクター・近藤惣一郎先生は「テンヤを底でシェイキングさせるのも効果的でしたよ」と良型を手にコツを教えてくれた

「テンヤが底に着いた瞬間、イッキに食ってくることもあるので気を抜かないで」と先生

こんなビッグサイズなマゴチが釣れました!

水深が浅いので引きも強烈で楽しいですよ!

「食いが渋い時は、ストップ&ゴーや間を作ってのズル引き、ボトムバンピングも効果的でした」と常連のお二人

この食いっぷりは活性が高い証拠だ

こんなデカイのが釣れるとやっぱり楽しいね!

ひとつテンヤのタックルがそのまま使えるが、バッドにハリのあるタイプを選ぼう。フッキングが良い

使用テンヤは10号前後も、潮が早い場合は、さらに重いテンヤを使い、確実に底を取って誘おう

潮が濁っている時はアピール系。澄み潮はナチュラル系のワームが良い傾向にある

基本は、写真のようにテンヤの親バリにワームを通し刺し、孫バリを添えるように刺す

この日はクロ—系のワームのチョン掛けが強かった

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島港「長岡丸」。

「今期は、エサ持ちの良さや外道対策にも威力を発揮したワーム(ソフトルアー)を最初から使って迎撃していくことに決めました。去年は手探り状態で、活きエビなんかも試したんですが、傷みが早く、効率が悪くてね」と、釣らす気マンマンの長岡寿樹船長が出船前に意気込みを語ってくれた。
ポイントは遠浅の鹿島灘全域で、水深10m前後の砂地一帯を広く攻める。
使用するテンヤは、水深に合わす必要はなく重めの8〜10号をチョイス。底をズル引きしながら誘うのが、基本の釣り方になると言う。
「横流しで船を操船しますが、キャストしてより広範囲を探る方が、釣果が伸びる傾向にありますね。根掛かりすることもないので、積極的に攻めて重量感ある引きを堪能して下さい」。
この日の釣果は、良型主体で、なんと全員複数安打。60㎝クラスの大型も登場するなどマゴチの活性は高く、今後も期待大と判断できた。
「これからは、さらに浅い場所を攻めます。ビギナーや女性でもオマツリすることなく楽しめますので、ぜひ旬を迎える美味しい照りゴチを釣って食べて下さい!」と船長。

以上の記事は「つり丸」2015年7月1日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


茨城のテンヤマダイのパイオニア船で釣りを楽しもう!(釣友丸)

茨城のテンヤマダイのパイオニア船で釣りを楽しもう!(釣友丸)

茨城海域は近年ほぼ全域でマダイが釣れるようになった。とくに秋は数、サイズともに期待でき、誰にでも気軽にマダイがひとつテンヤ釣法で釣れる。このマダイ釣りのきっかけをつくったのが、今回乗船した日立久慈港「釣友丸」の若林正行船長だ。


好反応続き視界良好! 鹿島沖のひとつテンヤマダイ(義心丸)

好反応続き視界良好! 鹿島沖のひとつテンヤマダイ(義心丸)

茨城・鹿島沖のひとつテンヤマダイが秋シーズンに突入した。「今年はお盆過ぎあたりから食いだしました。キロ前後主体ですが2㎏前後まじりで順調に食っていますよ」と、鹿島港「義心丸」の大森誠船長は言う。


目指すは40cm級のジャンボサイズ! 鹿島沖のショウサイフグ(豊丸)

目指すは40cm級のジャンボサイズ! 鹿島沖のショウサイフグ(豊丸)

周年狙え、すっかり人気の釣り物になった常磐のショウサイフグ。特に手軽な道具で釣ることができ、ジャンボサイズが多くまじるのが鹿島沖の特徴だ。今回は夏フグシーズンに突入した鹿島港の「豊丸」へとお邪魔した。


波崎沖カンネコ根で釣る! 良型アカムツフィーバー中(仁徳丸)

波崎沖カンネコ根で釣る! 良型アカムツフィーバー中(仁徳丸)

7月から開幕した波崎沖カンネコ根のアカムツ釣り。例年、9月10月がハイシーズン。今期も絶好調だ。


生きイワシで大型マゴチ激チャンス中! 金田湾ボート釣り(浜千鳥)

生きイワシで大型マゴチ激チャンス中! 金田湾ボート釣り(浜千鳥)

三浦半島・金田湾は古くからシロギス釣りのメッカとして知られているが、最近はボートで大物狙いができる場所として人気を集めている。「マゴチは好調ですね。サイズもいいし数も出ています。ヒラメは少し小型が多くなったけど、こちらも釣れてます」と、金田湾「浜千鳥」の飯島尚武さんは言う。


最新の投稿


パワーファイト必至のカツオとバトル!仕掛けから釣り方まで(福将丸)

パワーファイト必至のカツオとバトル!仕掛けから釣り方まで(福将丸)

今期は少々遅れ気味だった駿河湾のカツオが、ついにスパーク。7月25日にご覧のような疾風怒濤の食いを見せ、開幕したのだ!!「6月の終わり頃から気配はあったんだけど、なかなか釣果に結びつかなくてさ。これでようやくスタートって感じだよね」と笑顔で語ったのが、西伊豆戸田港「福将丸」の眞野康臣船長の声だ。


今シーズンも順調な釣れっぷり! コマセで釣るワラサ(大松丸)

今シーズンも順調な釣れっぷり! コマセで釣るワラサ(大松丸)

ここ数年、剣崎沖のワラサは8月中にスタートして11月いっぱいぐらいまでロングランで続いている。今シーズンは8月中旬ぐらいからスタート。日によって釣果にムラがあるが、10月前半の時点でも釣れ続いている。


相模湾のルアーキハダ炸裂!フカセ釣り&一本釣りを解説(二宮丸)

相模湾のルアーキハダ炸裂!フカセ釣り&一本釣りを解説(二宮丸)

相模湾のキハダ釣りはコマセ、ルアーが定番だが、イワシが入手できればフカセ釣りも極めて有効。カツオが散水に入れば一本釣りも満喫できる。カツオは3㎏級の良型が多く、キメジも10㎏級まで上がっている。


茨城のテンヤマダイのパイオニア船で釣りを楽しもう!(釣友丸)

茨城のテンヤマダイのパイオニア船で釣りを楽しもう!(釣友丸)

茨城海域は近年ほぼ全域でマダイが釣れるようになった。とくに秋は数、サイズともに期待でき、誰にでも気軽にマダイがひとつテンヤ釣法で釣れる。このマダイ釣りのきっかけをつくったのが、今回乗船した日立久慈港「釣友丸」の若林正行船長だ。


何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

8月1日に開幕した相模湾のコマセのキハダ&カツオ。昨年はいきなりデカキハダが出現したし、一昨年は良型カツオのラッシュでスタートしたが、今年はちょっと静かなスタートになった。どちらも黒潮の影響を受け、今年は遅れ気味との事前情報があった。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読