ニュースタイルのひとつテンヤマゴチで釣ってみよう!(長岡丸)

ニュースタイルのひとつテンヤマゴチで釣ってみよう!(長岡丸)

去年、鹿島沖で爆釣につぐ激釣を記録し、アッと言う間に大ブレイクしたマゴチ釣りの新提案・ひとつテンヤマゴチが、今年も満を持して開幕。その初日に鹿島港「長岡丸」にお邪魔して様子を伺ってきた。


ズル引きが基本も、アクセントをつけて誘ってみるのもアリ!!

陸地が見える超近場でマゴチゲームが楽しめる

キャストして広範囲を探るのが釣果への早道となる

熱釣ドクター・近藤惣一郎先生は「テンヤを底でシェイキングさせるのも効果的でしたよ」と良型を手にコツを教えてくれた

「テンヤが底に着いた瞬間、イッキに食ってくることもあるので気を抜かないで」と先生

こんなビッグサイズなマゴチが釣れました!

水深が浅いので引きも強烈で楽しいですよ!

「食いが渋い時は、ストップ&ゴーや間を作ってのズル引き、ボトムバンピングも効果的でした」と常連のお二人

この食いっぷりは活性が高い証拠だ

こんなデカイのが釣れるとやっぱり楽しいね!

ひとつテンヤのタックルがそのまま使えるが、バッドにハリのあるタイプを選ぼう。フッキングが良い

使用テンヤは10号前後も、潮が早い場合は、さらに重いテンヤを使い、確実に底を取って誘おう

潮が濁っている時はアピール系。澄み潮はナチュラル系のワームが良い傾向にある

基本は、写真のようにテンヤの親バリにワームを通し刺し、孫バリを添えるように刺す

この日はクロ—系のワームのチョン掛けが強かった

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島港「長岡丸」。

「今期は、エサ持ちの良さや外道対策にも威力を発揮したワーム(ソフトルアー)を最初から使って迎撃していくことに決めました。去年は手探り状態で、活きエビなんかも試したんですが、傷みが早く、効率が悪くてね」と、釣らす気マンマンの長岡寿樹船長が出船前に意気込みを語ってくれた。
ポイントは遠浅の鹿島灘全域で、水深10m前後の砂地一帯を広く攻める。
使用するテンヤは、水深に合わす必要はなく重めの8〜10号をチョイス。底をズル引きしながら誘うのが、基本の釣り方になると言う。
「横流しで船を操船しますが、キャストしてより広範囲を探る方が、釣果が伸びる傾向にありますね。根掛かりすることもないので、積極的に攻めて重量感ある引きを堪能して下さい」。
この日の釣果は、良型主体で、なんと全員複数安打。60㎝クラスの大型も登場するなどマゴチの活性は高く、今後も期待大と判断できた。
「これからは、さらに浅い場所を攻めます。ビギナーや女性でもオマツリすることなく楽しめますので、ぜひ旬を迎える美味しい照りゴチを釣って食べて下さい!」と船長。

以上の記事は「つり丸」2015年7月1日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

昨年の夏場に大ブレイクした鹿島沖のマゴチ。今年は昨年よりも、約1ヶ月早い5月のゴールデンウイークすぎから開幕した。ゴールデンウイークが終わった直後、試し釣りに出た船宿が何軒かあり、トップ9匹という好釣果を記録する船もあった。5月中旬すぎから次第にマゴチをスタートする船が増えた。


水深300mのお手軽深海魚メヌケ、今年は記録更新なるか⁉︎(桜井丸)

水深300mのお手軽深海魚メヌケ、今年は記録更新なるか⁉︎(桜井丸)

一投目の着底直後、竿先を叩いた明確なアタリに本命を確信。送り込んだ仕掛けに追い食いは叶わずも「本日イチ抜け」だと口元が緩んだが…ラスト50mでいきなり突っ込む竿先、逆転するスプール。「あーっ、やられたっ!!」4月28日は鹿島新港「桜井丸」。同宿今季初の「北沖メヌケ」に出船する。


大貫沖の高級魚マゴチがメインターゲット! アタリ活発!(長崎屋)

大貫沖の高級魚マゴチがメインターゲット! アタリ活発!(長崎屋)

この時期避けては通れないターゲット、マゴチ! この時期は実は一番難しい時期なのだ。春先からスタートしたマゴチ釣りだが、産卵前のこの時期は、特に難しい。産卵を終えるとアタリも頻繁に増えてくるのだが…。


釣り船にも負けない釣果もあり!ボート釣りシーズン(内房・富浦)

釣り船にも負けない釣果もあり!ボート釣りシーズン(内房・富浦)

関東地方も入梅してしまったが、穏やかな海況が続くいまはボート釣りのベストシーズン。手軽にファミリーで楽しめるだけでなく、釣り船に負けないほどの釣果だって可能なのがボート釣り。さあ、ボート釣りに出かけよう!


テンヤマダイ&タイラバを攻略! 基本の釣り方教えます(安重丸)

テンヤマダイ&タイラバを攻略! 基本の釣り方教えます(安重丸)

冬場から好調が続いている鹿島沖のテンヤマダイ。4月に入ると大型、良型マダイの釣果が目立つようになってきた。


最新の投稿


ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

駿河湾の中央部に位置する石花海。ひょうたん型をした瀬だが、すぐ近くの世界でも稀少な海溝、駿河トラフの影響を色濃く受ける。そして、いまは黒潮や湾内に流入する大型河川も海の環境に大きくかかわっている。そんな特殊といっても過言ではない石花海では、釣れる魚も特別おいしい。ここのイサキも産卵期を迎え、群れ固まっている。


外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房のカモシ釣りが大きな盛り上がりを見せている。「カモシ釣り」とは、外房御宿から勝浦エリア独特の釣りで、コマセにサンマのミンチを用いた、ヒラマサや大型マダイを狙うのに適した釣法だ。海水でドロドロにしたコマセを海中でまいて煙幕を作り、警戒心の強い大型魚を誘惑する釣りである。


アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

久里浜沖のカサゴが開幕した。久里浜沖のカサゴと言えば数多く釣れるので非常に人気が高い。シーズン最盛期の梅雨から夏にかけては、釣れる水深も10m前後と激浅。当然手返しも大幅に向上し、コンスタントに数上がり、カサゴの引きに癒されるアングラーも少なくないだろう。


パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

昨年の夏場に大ブレイクした鹿島沖のマゴチ。今年は昨年よりも、約1ヶ月早い5月のゴールデンウイークすぎから開幕した。ゴールデンウイークが終わった直後、試し釣りに出た船宿が何軒かあり、トップ9匹という好釣果を記録する船もあった。5月中旬すぎから次第にマゴチをスタートする船が増えた。


「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

都内の電車に乗ると袴姿の若い女性が目立ち車内に花が咲いたようだった。卒業シーズンなんだ、と思っていたら、あっと言う間に入学シーズンが間近に迫る。春野菜がうまいし、浅場の魚もうまくなる。が、忘れてはいけないのがキンメダイやアコウダイの深場の魚も最盛期を迎えること。今宵はフウセンキンメのあら煮でいっぱい。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読