MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
【銭洲のシマアジ釣り】釣り方、仕掛け、タックルを紹介!

【銭洲のシマアジ釣り】釣り方、仕掛け、タックルを紹介!

大物釣り場の代名詞になっていて、沖釣り師なら一度は行ってみたい銭洲。今期も4月1日に解禁し、年末まで遊漁船で楽しめる。遊漁船では限定近海許可(JG)という国の厳しい検査を通過してその許可を得た船のみ、釣りが楽しめる海域のため、現在では数隻のみが行くことが可能。そのひとつが沼津「舵丸」だ。

perm_media 《画像ギャラリー》【銭洲のシマアジ釣り】釣り方、仕掛け、タックルを紹介!の画像をチェック! navigate_next

超快速船で行く遠征釣行のススメ! 初夏のシマアジ釣りを楽しもう

有名岩礁“ネープルス”の前がシマアジのポイント。同場所でカンパチのヒット中だ

凪ぎの日が多くなるこれからの季節。銭洲は最高のフィールドだ

シマアジ用のロッドは普段使い慣れたものでOK! ショートロッドが扱いやすい

どうですか? このツヤ! キラキラしていて美しい

こちらは3.1kg。肉厚でおいしそう…

2㎏クラスとなると引きはかなりトルクフルだ。ドラグ調整しながら慎重にやり取りしよう

食べごろシマアジも見逃せない!

刺身で今夜は一杯やろうかな

食べごろサイズだ!

こんなにいっぱい釣れると楽しいな

こちらは3kgオーバー

これは5.1kg!

4月28日にキャッチされた5.7kgのオオカミ

なんとシマアジの仕掛けハリス8号で16kgのカンパチキャッチ

これはジギングでヒットしたカンパチ。今期はルアーも好調だ

メジナもうれしいゲスト

お土産の人気ナンバー1はこのウメイロ。食べてうまい

五目釣りをすればこの通り

たくさん釣れました! やったね

5月2日は、シマアジのトップ10枚。船中44枚と爆釣!まだまだチャンスあり!

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・沼津「舵丸」。

すっかり初夏になり薄着で釣りが楽しめる季節になった。気持ちいい海で釣りがしたい! ちょっと夢の魚でもチャレンジしてみようかな? と思っているそんな貴方にオススメなのが、銭洲釣行だ。
「銭洲っていうと敷居が高くてちょいっと…」なんて感じている人も大丈夫。いまの銭洲は、普段使い慣れているタックルをそのまま持ち込み想像以上の大物を釣り上げることができるフィールドなのである。
「銭洲のシマアジや五目釣りは、沼津沖や駿河湾などで使っているタックルで十分ですよ。強靭なものより、より繊細で操作性がよい竿やリールがベストですよ」と話す、沼津「舵丸」の片岡邦人船長。
現在、銭洲のメインターゲットがネープルス前のシマアジ。お土産狙いの五目釣りでは、ウメイロやメジナ、イサキなどの高級魚が数釣れるのでクーラーのなかはにぎやかだ。
シマアジの仕掛けは、ハリス6〜8号長さ2m以内、2〜3本バリ。ベタ底狙いが主流だ。サイズはまちまちだが連日3〜5㎏の良型もまじっている。
ルアーや泳がせではゴールデンウイークよりカンパチもヒットしており、今後は状況次第でこちらも狙うことになるという。「インフィニティー舵」は全国でも屈指の大型快速船であるため、現場まで往復は船内にベットはむろん、温水シャワーなどフル装備で大変快適に過ごせる。さあ、銭洲へチャレンジ!

本命はシマアジ、五目仕掛けも用意。シマアジの仕掛けとタックル

シマアジ釣りを経験したことがある人なら、この釣りの仕掛けとは? と問われたら、まずウイリー仕掛けと答えるだろう。
たしかに専用のウイリーで実績があるが、今期の現状としては、食い渋り時はオキアミエサを付ける空バリ仕掛けに実績があがっている。
それは、ハリス6〜8号、2〜3本バリでクッションゴムの長さを含み、全長が2m以内。つまり、50㎝のクッションゴム使用ならば仕掛けの全長は1.5mなのだ。
エサはオキアミだが、1匹掛けでも2匹抱き合わせでもどちらでもよい。
タックルだが、ロッドは、ビシ80〜100号を背負える7対3調子のものならなんでもオーケー。頑強なワンピースロッドを想像する人もいるだろうが、2m前後のLT用やゲームロッドで十分対応できる。近年では、細ブランクの高感度の穂先が流行りである。
リールは小中型電動リールにPE4〜5号を300m収納できるもの。ドラグ性能がよいものを選択することが大事。つまり、近海のコマセマダイやビシアジ、アマダイやイサキなどで使っているリールなどをそのまま使えてしまうのだ。

シマアジの釣り方。タナはベタ底がメイン、静かにアタリを待つ

シマアジの釣り方だが、近海の釣りのイメージとしてはビシアジ釣りとほぼ同じと思ってよいだろう。そのタナがベタ底だと想像してほしい。
タナが〝ベタ底〟といっても釣り人によってはさまざまなとらえ方がある。ビシが底スレスレだったり、ビシが着底した状態だったり、底上1〜2mほどあげてあったりと。
片岡船長によると、
「基本的にベタ底タナは底からハリス分以内としてます。タナを上げるとシマアジ以外の魚がヒットする確率が高くなってしまいます」とのこと。実際、船上の釣り人のタナもさまざまだったが、根掛かり防止を期待しての底上30〜50 ㎝の釣り人が多いようだ。
釣り方は意外とシンプルだ。ビシが底に着いたら糸フケをすばやく取り、ビシを底から30㎝〜2m、自分が決めたタナに上げたところで1〜2回、もしくはそのタナまで50㎝か1m刻みで竿をシャクって、ビシのなかのオキアミを出す。シャクリの強さは初めは シャープに強め。その後タナではじっと静かにアタリを待つのみ。
本命シマアジの場合、このシャクリ動作の直後にアタリが出る。アタらなかったときはしばらく待ち、再度、小さなシャクリでビシのなかの残りのオキアミをだしてみる。
それでもアタリがなければ、ビシのなかのオキアミがなくなったと判断し、回収して付けエサのチェック。その後再投入する。
このように銭洲のシマアジ釣りも近年は意外と静かな釣りが主流となっている。もちろん、朝イチやシマアジ入れ食いのときは、以前主流であったオキアミを一気にドバ出しするのも有効だが、基本は静かな釣りがほとんどだと思ってよい。
アタリは意外と小さく竿先に出る。小さなアタリの後、そのまま待つか、ゆっくりと竿を聞きあげると、一気にリールのラインを引きずりだす。このトルクフルな引きがあれば、シマアジである可能性が高い。
このとおりシマアジ狙いではかなりリールのドラグは緩めでよい。魚の走りが止まってからやり取りに入る。
なれない人はポンピングはダメ。バラシの原因となる。
テンヤマダイ釣りのように竿を水平より少し上へ向けたままを維持し、手巻きでリールを巻き続けよう。力がない人は手巻きでしばらくやり取りしたら、後半は電動で巻きあげてもよい。

五目釣りの仕方。船長の指示ダナの前後約5mは探ってみよう!

五目釣りでは、仕掛けの長さはシマアジと比べて長くなる。シマアジが2mなら五目は2ヒロ〜3ヒロ、3〜5mだ。
ハリスは6〜8号。さばきやすさを考慮してハリス8号が使いやすい。ハリ数は2〜3本。
釣り方は、船長の指示ダナよりハリスの長さ分、もしくは5mほどビシを沈めて、ウイリーシャクリの要領で1m刻みでシャクリながら指示ダナまであげていくというもの。シャクリ中にアタリを期待するなら指示ダナより5mくらい上までシャクリあげ続けてもよい。
基本的に五目釣りでは活性の高い魚たちを狙うのでこの釣り方が有効となる。
シャクリ上げ中にヒットしないときは、指示ダナで置き竿でアタリを待つのもよい。

以上の記事は「つり丸」2018年6月1日号の掲載記事です。

関連記事
周年夜釣りが楽しめる沼津湾。この時期のターゲットはタチウオ!テンヤやルアーもOK!ベタナギ率が高い沼津湾で夜タチウオ釣りを楽しもう!
カンパチ、ワラサなどの青物に加え、オオモンハタなどの根魚も狙える!西伊豆・戸田のアジ泳がせ釣り!釣行日もオオモンハタ、ワラサと連続ヒット!
相模湾のイナダが好シーズンに突入!イナダがトップ30本以上を記録する日も!青物の強い引きを手軽に楽しむならコレ!LTで楽しめるのでビギナーにもオススメだ!!
「つり丸・9月15日号(2021年)」の巻頭大特集に掲載された茨城県・鹿島港「幸栄丸」の夜釣りで大人気のムラサキイカ・スジイカ釣り取材の様子を動画で公開。
静浦沖の夜タチウオシーズンが開幕!連日ドラゴンキャッチ中!波静かな湾内でテンビン釣り、テンヤ釣法、ジギングなど好みの釣り方でチャレンジしよう!
最新記事
タイラバ激戦区加太や明石エリアで鍛えあげられたタイラバロッド「タイゲームSSD C610L/FSL 15thアニバーサリーリミテッド」
カマスサワラ(スズキ目サバ科カマスサワラ属)本州以南、世界中の熱帯域から温帯域表層域を回遊している。昔は駿河湾・山口県以南にいたものが北上傾向にある。
人気の深海ジギングの救世主的両軸リール登場「マーフィックス」C3-RH/C3-LH
秋の東京湾、ルアーゲームの主役は青物!イナダからワラササイズのブリサワラ、小型のカンパチまで!青物ゲームが面白い!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル