釣る前に、食べる前に、マハタという魚を知ろう!

釣る前に、食べる前に、マハタという魚を知ろう!

マハタはスズキ目スズキ亜目ハタ科マハタ属。北海道から九州南岸日本海・東シナ海沿岸、仙台湾から屋久島までの太平洋沿岸、瀬戸内海、伊豆・小笠原諸島、石垣島、東シナ海大陸棚縁辺~斜面域に分布。


マハタ(スズキ目ハタ科マハタ属)の生態

北海道、本州、四国、九州沿岸、少ないが琉球列島にも生息している。比較的浅い岩礁域にいて小魚などを襲う肉食魚だ。
標準和名のマハタは東京での呼び名。日本魚類学の父とされる田中茂穂は「マハタと云うのはハタ類中最も美味、又は最も多いことを示したものである」と述べている。和歌山県、三重県では「ます」、島根県など山陰では「かな」、山口県下関、福岡県では「あら」と呼ばれている。また体側の白い地に黒の縞模様があるので「しまあら」とも。また鰭の縁が白いので「はたじろ」と呼ぶ地域もある。

マハタの値段は?

関東ではクエとともにハタの中でも突出して高価だ。基本的に3kg以上が高いが、以下のサイズでも超がつく高級魚。例えば先日買い求めた2kgサイズでキロあたり卸値が3500円だった。また、成長して縞模様が消えてしまっていた10㎏前後のものでキロあたり卸値が5000円もついていた。大形の10㎏サイズで1尾50000円、2㎏前後でも1尾7000円もする。これはあくまでも卸値だ。もしも料理店などで、薄造りで出てきたら、いくらにつくかは想像が及ばない。マダイ釣りなどでくると、主役を凌駕するほどうれしい魚ではないだろうか?

マハタの釣行レポート

「泳がせというと青物を連想するだろうけど、マハタがうちじゃメインターゲット。8月からけっこうな確率で釣れているよ」とは、「増福丸」船長、大ベテランの増田久雄さん。お客さんのニーズに合わせた釣り物で出船してくれるのもうれしい。

増福丸の釣行レポート

関東地方は久々の大雪と数十年ぶりの大寒波で釣行予定には悩むところ。この寒さを吹き飛ばしてくれるのが外房・勝浦松部漁港「信照丸」のマハタ五目だ。看板のマハタはもちろん、カサゴやヒラメなどの根魚のほか、ヒラマサ、ワラサなどの青物が釣れることもある。釣れる魚はどれも高級魚揃いだ。

信照丸の釣行レポート

「マハタ」の寿司…うま味が舌にまとわりついて離れない

ここではAさんとでもしておくが、近所に余暇は総て釣りという男がいる。やたらに釣った魚の添付ファイルをよこす。返信をしないと、ブツブツ文句を言われるので、面倒でも「すごい!」とか返信しておく。たまに出会ったら、釣り自慢最低一時間というやっかいな男でもある。

ある日の午後、たかさんと無駄話にふけっていたら。

「あのさ、この塊なにかわかる?」

「少し血合いが鈍くなっているけど、見事な白身だね。ハタかな」

「マハタだって。あんたにどうぞってA君が持って来たんだ」

「そうなんだ。でも小さな塊だね」

「まあね。五日目だからね」

「少し乾いてない」

「そりゃ、旅に出て帰ってこない人が悪いんじゃない」

最後の一塊は五かんの握りとなって、ボクの前に来た。見た目は悪いが味は最高だった。今年いちばんの白身だと言っても過言ではない。うま味が舌にまとわりついて離れない。すし飯とのバランスもいい。五かんがあっけないほどで、味の余韻で、席を立つ気になれなかった。

「うますぎだね!」

「ハタのいいところは丁寧に寝かせると、味が良くなるところだね」

さて、その直後に愛媛県への旅に出た。ボクの旅は魚貝類の食文化を発掘して、できるだけ画像に記録するというもの。今回は雨にたたられて、中三日で帰ってきた。

翌日、朝ご飯を食べに『市場寿司』ののれんをくぐると、また同じような白身の塊がある。

「これなーに?」

「マハタだよ」

「またまたマハタ」

「そう、マハタマハタマハタだよ」

卸売市場にある『市場寿司』のすしの値段は庶民的である。とてもマハタなどという超高級魚を仕入れられるわけがない。

「また、もらったのー」

「違うよ。たまにはヒラメ以外の白身もいいかなって思ってね」

「めずらしいね。打算的なたかさんが、こんな儲からないネタ仕入れるなんて。雨が降らなきゃいいけど」

この活けもいい味だった。一日目は食感と見た目のきれいさを楽しみ、三日目から味を楽しんだ。

「うまいだろ、やっぱり。でも前回A君が持って来た方が上だろ」

「大きさの問題じゃない?」

「両方とも二キロ前後だよ」

「産地の差かな?」

「違う。寝かせた時間の差なのさ」

数日後、『市場寿司』に行ったら、Aさん本人がお茶を飲んでいた。さすがにこれでは逃げられない。

「待ってたんだよー。早く座って」

「そういやー、久しぶりだね」

さて、話が長~いので、要約すると、ライトタックル、ひとつテンヤという釣り方で、千葉県外房から出船した。マダイは入れ食い状態で一キロ上は当たり前。いちばん大きいのは四キロもあったという。

「でもね、マハタは狙っても釣れないね。この前、持って来たのは五〇センチくらいだけど、船中一匹だけだったんだ。貴重なんだよ」

道糸0.6号、リーダー2号で、やりとりが繊細で面白いとか。それにしても話が長い。午後一時に来て、もう三時、一向に話は終わらない。話の中で四キロのマダイがいつの間にか五キロに成長している。本人だけがどんどん盛り上がってきた。
救いの神、Aさんの妻がやってきたのはあと数分で四時というとき。

「ウチのの守をさせちゃってすみませんねー。そら、父ちゃん帰ろ」

「はい!」

実にいい返事をして帰って行った。たかさんが大きなため息をつく。

「自慢話を聞くバイトでも雇うかい、たぶんいないと思うけど」

◆協力『市場寿司 たか』
八王子市北野八王子綜合卸売センター内の寿司店。店主の渡辺隆之さんは寿司職人歴40年近いベテラン。ネタの評価では毎日のようにぼうずコンニャクとこのようなやりとりをしている。本文の内容はほとんど実話です。

文責/ぼうずコンニャク
魚貝研究家、そして寿司ネタ研究家。へぼ釣り師でもある。どんな魚も寿司ネタにして食べてみて「寿司飯と合わせたときの魚の旨さ」を研究している。目標は1000種類の寿司を食べること。HP『ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑』も要チェック。

以上の記事は「つり丸」2016年6月15日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連するキーワード


マハタ 寿司 グルメ

関連する投稿


「チョウセンバカマ」の寿司…脂はのってないが上品で後味がいい

「チョウセンバカマ」の寿司…脂はのってないが上品で後味がいい

本当に暑い。暑いじゃなくて熱いって感じだ。この熱気にバテバテになった頃、故郷から届くものがある。スダチに山桃、青唐辛子に、でっかいきゅうりに、みょうが、そして手延べ素麺。きゅうりとみょうがを刻み塩もみ、スダチを落とす。冷たく冷やしたチョウセンバカマの潮汁にこれまたスダチを落として、スダチ入りの酎ハイ。


「コガネスズメダイ」の寿司…ねっとりとして脂からくる甘味が強い

「コガネスズメダイ」の寿司…ねっとりとして脂からくる甘味が強い

たかさんが「プールサイ…♪」なんて鼻歌を口ずさむ。「夏が来りゃ」か、いつの間にやら本格的な夏が来てしまった。取り残された気分で、若くてきれいな編集者に「ボク寂しい」って言ったら、「もうお歳なんですから寂しいのにもなれてください」と言われた。夕暮れ時に一人寂しく、コガネスズメの塩漬けを焼いて酒をあおる。


「メダイ」の寿司…口に放り込むとうま味豊かで何かんでもイケそう

「メダイ」の寿司…口に放り込むとうま味豊かで何かんでもイケそう

都心での打ち合わせがとても多い今日この頃だ。日本橋を歩いているとき、いつも携帯している温度計を見ると四十度超えだった。お昼ご飯を食べながらもついついビール、喫茶店に入ってもビールで、しまいには体調不良で苦しむことに。久しぶりの自宅酒は熱燗にした。肴はメダイのあらの潮汁。吹き出る汗が意外にも気持ちいい。


「カサゴ」の寿司…うま味のなかに、甘味が少しだけプラスされている

「カサゴ」の寿司…うま味のなかに、甘味が少しだけプラスされている

市場にぽつんと紫陽花が生えている。そこにでんでん虫が一匹いた。「きっと誰かが連れて来たんだ」と優しいたかさんがお隣の公園に逃がしてやった。「きっとお礼に来るよ」と言ったら、本当に寝ている部屋にでんでん虫が五万匹くらいやって来たらしい。「来て欲しくねー」。蒸し暑い夕方、カサゴのあら煮で、泡盛のロックをクイクイ。


「マコガレイ」の寿司…舌に触れた途端に甘味が味蕾を激しく刺激する

「マコガレイ」の寿司…舌に触れた途端に甘味が味蕾を激しく刺激する

たかさんは、最近ますます「つり丸」に登場する若い女性釣り師に夢中だ。「日焼けは大丈夫なのかな」とか、どことなくお父さん目線でもある。それなら一緒に釣りに行けば、というと、船がまるでダメなので「見送りに行きたい」と言い始めた。意外に一途なのかも。雨上がりの夕方、マコガレイの塩焼きを肴に泡盛のソーダ割り。


最新の投稿


爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

8月後半からマダイ、ワラサが好調に釣れている久里浜沖。10月前半の時点では、マダイがまずまずの好調でそれにワラサやイシダイ、イサキなどがまじっている。「これから年内いっぱいぐらいまでは、潮次第でマダイの数釣りが楽しめます。そのほかワラサ、イナダの青物やイシダイ、イサキがまじります」と話す金沢漁港「忠彦丸」の生駒剛船長。


ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

西川名港「竜一丸」は、8月から12月までマダイを狙う。得意としているポイントは、基地としている西川名港前。モロコも多く生息するポイントだけにさまざまな条件が整った海である。今期は、例年どおり8月にイサキ釣りからバトンタッチし、マダイ釣りを開始。開幕直後から順調にマダイがあがっている。


狙いは3kg級! 激うまトロキンメダイを釣る!(惠丸)

狙いは3kg級! 激うまトロキンメダイを釣る!(惠丸)

「潮が速くてね、上手いこと釣りになるか分からないよ」ちょっと自信なさげなコメントからスタートした新島沖のキンメゲーム。言葉の主は「惠丸」の良川福一船長だ。


仕立ならでは…豪華! ワラサ&キハダリレー釣り⁉︎(昇丸)

仕立ならでは…豪華! ワラサ&キハダリレー釣り⁉︎(昇丸)

かつてこんな夢のような釣りがあっただろうか。ワラサ・キハダリレーだ。朝一番で剣崎沖から城ヶ島沖のワラサを狙い、お土産を確保してからキハダを狙う。


半日船で釣る! 夏休みのファミリーFにもオススメ! LTアジ(黒川丸)

半日船で釣る! 夏休みのファミリーFにもオススメ! LTアジ(黒川丸)

早くも連日30度を超える気温が続き、今シーズンも暑い夏の予感。さ〜、いよいよ待ちに待った夏休み突入だ!! 夏休みの思い出の1ページに、ファミリーフィッシングはいかがだろうか? ファミリーフィッシングの代表的な釣り物が「アジ」だ。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読