MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ジギング&キャスティングともに絶好調! 外房ヒラマサ(松鶴丸)

ジギング&キャスティングともに絶好調! 外房ヒラマサ(松鶴丸)

パワー全開のスピードランが、多くのファンを集める外房沖のヒラマサ。近年では周年のターゲットとして、各地のアングラーを惹きつけているが、やはり春から初夏にかけての、いわゆる「春マサ」シーズンはおおいに盛り上がる。黒潮の影響を受けた南からの潮、「真潮」が勢力を増し、多くのヒラマサを外房沖に送りこんでくる。

perm_media 《画像ギャラリー》ジギング&キャスティングともに絶好調! 外房ヒラマサ(松鶴丸)の画像をチェック! navigate_next

ヒラマサ&ワラサゲーム開始! アベレージは2〜3kgが主体だ!

ポイントの水深は意外に浅い

起伏に富んだ根周りでもボトム中心ではなく、中層から上も意識して探ることが大事だ

ミヨシはキャスティングの特等席だ

この日の最大魚、約6㎏はキャスティングに出た。釣り人は宮本和彦さん。「着水点から引いてきて、船から15mくらいのところでドンッ! と出ました。チョンチョンとオシアペンシルの150Fを泳がせました」

ネットまであと少しだ!

ワラサやサンパクももちろん常連ゲスト。今期はブリ族の群れも濃い

上手に魚を誘導してネットイン!

ジグでヒラマサを釣るならいまだ

小ぶりだけど釣れて嬉しいな

思わずにんまり笑顔

ヒラマサ&ワラサラッシュだ!

釣れるとやっぱ楽しいね

ヒラメがジグに反応した

使用したロッドたち

ジグのメインウエイトは130〜150g。100〜200gを用意しておくと万全

プラグは60〜100g程度のペンシルベイトが使いやすい

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「松鶴丸」。

「今年は少し春のシーズンインが遅かったような気がします。本格化したのは5月の連休からです。その後は好調に釣れてますよ」
言葉の主は大原港の人気ルアー船「松鶴丸」、中村真也船長。
以前は春と秋が二大シーズンと呼ばれていたが、近年では周年のターゲットとして楽しめるようになった外房沖のヒラマサ。それでも、やはり春は絶好期であることに変わりはない。
5月下旬、活況に沸く同船を訪れた。
「デカマサの確率は去年ほどは高くはないですが、10㎏オーバーはポツポツとあがっています。超小型も少なく、アベレージサイズは2〜3㎏といったところですね」
と中村船長。前日も12㎏がキャッチされたというので期待満々で沖へと繰り出した。ところが午前船はなんとノーヒット! 思いあたることと言えば前夜の強風で水温が下がったこと、くらい? これでは帰れぬと午後船で再トライ。するとひと流し目からヒット連発! その後も流し変えるごとに誰かしらがキャッチする展開に……。
途中で中だるみもあったが、キャスティングでも大型がヒット! 10㎏オーバーと思われた魚は惜しくもポロリだったが、別の釣り人がリベンジとばかりに6㎏クラスをネットに収めた。
ジギング、キャスティングともにヒットは多数あったが、バラシも多発。結果、船上に上がったのは12本だったが大いに盛り上がったのは間違いない。
「これがヒラマサなんですよね」
とは通しで乗船した常連さんの弁。
気まぐれだが、釣れるときは爆発! だからこそ挑戦しがいあり。これが外房沖のヒラマサゲームなのだ。

まず1本をキャッチするための基本&攻略法をおさらいしよう!

まず1本を釣りたい! という方へ向けての基本タックル、攻略法を紹介していこう。「松鶴丸」に限らず、外房沖ではジギングとキャスティングを織り交ぜて展開していくのが一般的だ。
通い込んでいる常連さんなどは、合わせて3セット以上を用意しているのが一般的。予備を含めて両方の釣法に対応できるタックルを用意するのが理想だが、一気にそろえるのは経済的負担も大きい。
順番として、まずそろえるべきはジギングタックルがおすすめだ。サイズや釣り座を問うことなく、まず1本を釣るためにはジギングが有利だからだ。
ロッドは6フィートクラス、ジグの最大ウエイト表示が130g前後の、近海ジギング用が使いやすい。
リールはシマノ製なら8000番、ダイワ製なら4500〜5000番がスタンダード。ハイギア、ノーマルギアの別は好みでよいが、近年はパワフルに使えるハイギアタイプが登場し人気も高い。いずれの場合でもリールへの負担が大きい釣りだけに、廉価なものは避けたほうが賢明だ。
ラインはメインラインとしてPE3号、リーダーはフロロカーボン製の60 Lbを1.5m程度結節しておく。リーダーを短くするのはキャスト時のトラブルを避けるためだ。
ジグはセミロング形状が定番。引き重りの少ない、スライド幅をコントロールがしやすいものを選ぶとよい。メインウエイトは130〜150gだが、100〜200gまで幅広くそろえておくと、さまざまな状況に対応可能だ。カラーはシルバー、ブルー&シルバー、ピンク&シルバーなど定番色からそろえるとよいだろう。
以上のジギングタックルを用意すれば、外房沖のヒラマサジギングは堪能できる。キャスティング用のタックルは、ジギングタックルをすべて揃えてからでもよいだろう。ただし、キャスティングでは大型が期待できる。一発大物派はぜひ用意したいところだ。

以上の記事は「つり丸」2015年7月1日号の掲載記事です。

関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル