MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
キャスティングシーズン到来!初夏のシイラを釣ろう(庄三郎丸)

キャスティングシーズン到来!初夏のシイラを釣ろう(庄三郎丸)

「今年もよさそうですよ。魚は西から東まで、相模湾の広範囲にいます。数もかなり入って来ているようですよ」と話すのは、今期いち早くシイラ乗合船を開始した平塚港「庄三郎丸」の後藤久船長。いよいよ相模湾にエキサイティングなシーズンがやって来た。

perm_media 《画像ギャラリー》キャスティングシーズン到来!初夏のシイラを釣ろう(庄三郎丸)の画像をチェック! navigate_next

一足早く夏が来た! さぁ、トップを目指してシイラゲーム開幕だ!

シイラ釣りの醍醐味といえば、ヒットした後のド派手なジャンプ!

このジャンピング力を見てください!

ルアーメーカー「サプライズ」代表の椙尾和義さんはこの日最大の110㎝! 別船では120㎝もキャッチされていた。大型もヒット中だ

シーズン初期は90㎝クラスの中型がアベレージだ

テクニックを駆使してヒットさせたときは喜びも倍増!

キャスト方法やルアーアクションなど、シイラゲームにはキャスティングゲームの基礎が詰まっている

ヒットルアーは「スギペンシンキング」の11㎝。まだ水温が低く魚の浮きが悪い初期はシンキング系が有利だ

7フィート前後のキャスティング専用ロッドに中型スピニングリールの組み合わせが標準タックル

ルアーはシンキングペンシル、シンキングミノー、ジャークベイト、トップウォータープラグの4種が必須アイテム

フックはバーブレスを使用。これは必ず守らなければならないルールだ。もともとカエシのないものも市販されている。カエシがあるものは出船前に必ずペンチで潰しておこう

メインラインはPE2号、リーダーはナイロン40Lb。フィッシュグリップもあると便利

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・平塚港「庄三郎丸」。

開幕早々釣果は上々で、サイズは6月上旬現在90㎝前後がアベレージだが、110〜120㎝という大型も連日ヒットしている。取材では最大110㎝(別船では120㎝!)が登場! 今後ハイシーズンに向かうにしたがい、数、サイズともにさらに上向きになることは間違いない。
ただ、いまはまだシーズン初期。水温が低いので、ルアーはシンキング系に軍配が上がる。シンキングペンシルやシンキングミノー、ジャークベイトなど水面下で攻略しよう。そして、梅雨が開け本格的な夏が訪れ水温も22度を超えると、トップにも果敢にアタックしてくるようになる。
自ら魚を見つけ、狙いを定めてキャスト。テクニック総動員でヒットへと導いていく。シイラゲームはまさにハンティングだ。ヒットの瞬間が目視でき、掛けてからのド派手なジャンプも非常にエキサイティング! 初心者はもちろん、ベテランをも熱くさせる秘密がここにある。
相模湾のシイラゲームで使用するタックルは、ロッドは7フィート前後のキャスティング用。リールは中型スピニングで、それにPEライン2号を200m以上巻いておこう。リーダーはナイロンの40 Lbを1.5〜2mほど。FGノットやPRノットなど結びコブの小さな摩擦系ノットで結束する。
タックルは持っていないけどこれからシイラ釣りを始めてみたい…という人には、「庄三郎丸」にはレンタルタックルが用意されている。安心してチャレンジしよう。
ルアーは、水温の低いシーズン初期はシンキング系がメイン。ただ、もちろんポッパーやペンシルなどのトップも持参しておこう。相手は自然。状況がいつ一変するか分からない。やはりシイラはトップで釣るのが最高に楽しいですからね!
ルアーサイズはメインベイトのカタクチイワシのサイズに合わせた11㎝前後にヒット率が高い。ただ、〝ビッグ・フィッシュ=ビッグルアー(ベイト)〟という言葉もある。15㎝以上の大型ルアーもボックスに入れておこう(タックルの詳細は左ページイラスト参照)。
重要なのはフックだ。バーブレス(カエシのないもの)を使うか、カエシがついているものは必ず出船前にペンチで確実に潰しておこう。これは絶対に守らなければならないルールだ。カエシがなければ、万が一事故が起きてしまった場合でもすぐに抜くことができる。ただ、カエシの潰しが甘いとそこが皮膚に引っ掛かってしまい、抜けにくくなるので注意が必要。バラすのがイヤだから…などと下心は出さず、カエシは確実に潰しておこう。
さらに、目や頭部をルアーやフックなどから保護する偏光グラスとキャップも必需品。偏光グラスは海面を回遊するシイラを見つける際にも役に立つ。
楽しい釣りも、事故が起きてしまってはすべて台なし。ルールとマナーは必ず守りましょう!

以上の記事は「つり丸」2015年7月1日号の掲載記事です。

関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル