MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
カモシ釣りでマダイ好シーズン! 加えてヒラマサも好調(不動丸)

カモシ釣りでマダイ好シーズン! 加えてヒラマサも好調(不動丸)

外房勝浦沖のカモシ釣りが好スタートを切っている。カモシ乗合で出船している川津港「不動丸」では、マダイの1〜3㎏主体に4〜5㎏級もまじりトップ3枚前後、それにヒラマサの2〜5㎏前後が数まじるという、ウレシイ状況が続いている。

水温が安定していて意外と食いが活発なマダイ&ヒラマサリレー!

ポイントは勝浦沖の「海中公園沖」など。マダイもヒラマサも同じ場所で食ってくる

大ダイ、大型ヒラマサが相手の釣り。タックルはワンピースロッドとレバードラグリールを使うひとが多い

大きく竿をシャクッてコマセをまく。付けエサを動かすことで誘いにもなる

勝浦沖のカモシ釣りが面白い。例年だと、今はマダイ狙い中心で大型も期待できる時期。5㎏オーバーも上がっている

サンマミンチにサンマのブツ切りに食ってくるだけあって、マダイは1㎏以下の小型は少なく、1〜3㎏の良型が多い

この日マダイはトップ3枚、船中ほとんどのひとが2、3枚上げていた

卵で腹パンパン。脂が乗っていて味もいい

マダイに加えて、今年はヒラマサも好調。2〜3㎏主体に4〜6㎏級まじりで、ひとり10本以上の日もある

ヒラマサは群れが回ってくると連続ヒットもある

秋には10㎏オーバーも釣れるが、今のところ2〜5㎏前後がメイン

このサイズでも脂が乗っていておいしいぞ

カモシテンビンにカモシ袋、独特の道具が特徴。これらは船で貸してもらえる

コマセはサンマのミンチ

付けエサはサンマのブツ切りやイカタンなど

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・川津港「不動丸」。

外房勝浦沖のカモシ釣りで、マダイが好機を迎えている。
「例年6月ごろからカモシ釣りで出船を始めます。いつも開始からしばらくはマダイ狙い中心で、1㎏から3㎏主体に5㎏、6㎏の大型もまじります。今年もコンスタントに食ってますよ」と話すのは、カモシ乗合で出船している川津港「不動丸」吉清晃朗船長。
しかし…、今年はそれだけではない。うれしいプラスアルファがあるのだ。
「今年は開幕からマダイといっしょにヒラマサもよく食っているんです」と話す、吉清船長。
例年だとカモシ釣りで本格的にヒラマサが釣れだすのは、秋口からということが多いのだが、今年はすでに活発な食いを見せている。マダイも5㎏クラスまじりで好調なのだが、それがかすむほど…。
いずれにせよ、マダイの食いはいい。ヒラマサもまじる、エキサイティングなマダイ釣りが楽しめるぞ!

大型マダイとヒラマサの引きを楽しもう! 釣り方をご紹介します

布でできたカモシ袋からコマセをまくためには、大きなアクションでメリハリのあるコマセワークが大切。頭上まで大きく竿を振り上げ、ストンと一気に下ろす。こうするとコマセ袋の口が下を向いて、袋からボワッとミンチが漂い出るのだ。
コマセをまきながら指示ダナに合わせ、しばらく待ってもアタリがなければ、再びハリス分落として、コマセをまきながらタナの取り直しをする。このタナの取り直しで付けエサが動くことが魚へのアピールにもなる。
「付けエサを動かさないとなかなか食ってきません。ヒラマサはルアーで釣れるような魚だから当然かもしれないけど、マダイも動かしたほうが食いがいいです。置き竿じゃ釣れませんよ」と吉清船長は話す。
魚が食ったら、マダイかヒラマサか、大きさは、ハリスは何号を使っているか、それらを考えてやり取りする。大型マダイはいきなり走り出すこともあるし、ヒラマサは3㎏級でも予想以上に引きが強い。事前にしっかりドラグ調整しておこう。
今の勝浦沖ならマダイ、ヒラマサの赤と青の両狙いが楽しめるはずだ。

以上の記事は「つり丸」2013年7月1日号の掲載記事です。

関連記事
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
更新: 2019-04-24 07:00:00
網代港「ゆたか丸」の遠征シマアジ・イサキ五目釣りがスタートした。イサキを主体に多彩なゲストが釣れる楽しさいっぱい。イサキはもとより、開幕直後の狙い目はシマアジ。強烈な引きが魅力の高級魚だ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
最新記事
伊豆遠征ファンが心待ちしていた銭洲が解禁日を迎えた。日帰りでカンパチ狙いができる希少なフィールド。シーズン初期は小型が中心ながらもまさに入れ食いが期待できる。シマアジ、カンパチなど大物釣りを楽しもう。
更新: 2019-04-26 12:00:00
春告魚、メバルが活況だ。「うちでは2月からスタートしましたが、昨年より数が多いです。特大はなかなかお目にかかれませんが、25㎝位までならけっこうまじって楽しめますよ」とは、長浦港「こなや」の進藤船長。
更新: 2019-04-26 07:00:00
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読