MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
カモシ釣りでマダイ好シーズン! 加えてヒラマサも好調(不動丸)

カモシ釣りでマダイ好シーズン! 加えてヒラマサも好調(不動丸)

外房勝浦沖のカモシ釣りが好スタートを切っている。カモシ乗合で出船している川津港「不動丸」では、マダイの1〜3㎏主体に4〜5㎏級もまじりトップ3枚前後、それにヒラマサの2〜5㎏前後が数まじるという、ウレシイ状況が続いている。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

水温が安定していて意外と食いが活発なマダイ&ヒラマサリレー!

ポイントは勝浦沖の「海中公園沖」など。マダイもヒラマサも同じ場所で食ってくる

大ダイ、大型ヒラマサが相手の釣り。タックルはワンピースロッドとレバードラグリールを使うひとが多い

大きく竿をシャクッてコマセをまく。付けエサを動かすことで誘いにもなる

勝浦沖のカモシ釣りが面白い。例年だと、今はマダイ狙い中心で大型も期待できる時期。5㎏オーバーも上がっている

サンマミンチにサンマのブツ切りに食ってくるだけあって、マダイは1㎏以下の小型は少なく、1〜3㎏の良型が多い

この日マダイはトップ3枚、船中ほとんどのひとが2、3枚上げていた

卵で腹パンパン。脂が乗っていて味もいい

マダイに加えて、今年はヒラマサも好調。2〜3㎏主体に4〜6㎏級まじりで、ひとり10本以上の日もある

ヒラマサは群れが回ってくると連続ヒットもある

秋には10㎏オーバーも釣れるが、今のところ2〜5㎏前後がメイン

このサイズでも脂が乗っていておいしいぞ

カモシテンビンにカモシ袋、独特の道具が特徴。これらは船で貸してもらえる

コマセはサンマのミンチ

付けエサはサンマのブツ切りやイカタンなど

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・川津港「不動丸」。

外房勝浦沖のカモシ釣りで、マダイが好機を迎えている。
「例年6月ごろからカモシ釣りで出船を始めます。いつも開始からしばらくはマダイ狙い中心で、1㎏から3㎏主体に5㎏、6㎏の大型もまじります。今年もコンスタントに食ってますよ」と話すのは、カモシ乗合で出船している川津港「不動丸」吉清晃朗船長。
しかし…、今年はそれだけではない。うれしいプラスアルファがあるのだ。
「今年は開幕からマダイといっしょにヒラマサもよく食っているんです」と話す、吉清船長。
例年だとカモシ釣りで本格的にヒラマサが釣れだすのは、秋口からということが多いのだが、今年はすでに活発な食いを見せている。マダイも5㎏クラスまじりで好調なのだが、それがかすむほど…。
いずれにせよ、マダイの食いはいい。ヒラマサもまじる、エキサイティングなマダイ釣りが楽しめるぞ!

大型マダイとヒラマサの引きを楽しもう! 釣り方をご紹介します

布でできたカモシ袋からコマセをまくためには、大きなアクションでメリハリのあるコマセワークが大切。頭上まで大きく竿を振り上げ、ストンと一気に下ろす。こうするとコマセ袋の口が下を向いて、袋からボワッとミンチが漂い出るのだ。
コマセをまきながら指示ダナに合わせ、しばらく待ってもアタリがなければ、再びハリス分落として、コマセをまきながらタナの取り直しをする。このタナの取り直しで付けエサが動くことが魚へのアピールにもなる。
「付けエサを動かさないとなかなか食ってきません。ヒラマサはルアーで釣れるような魚だから当然かもしれないけど、マダイも動かしたほうが食いがいいです。置き竿じゃ釣れませんよ」と吉清船長は話す。
魚が食ったら、マダイかヒラマサか、大きさは、ハリスは何号を使っているか、それらを考えてやり取りする。大型マダイはいきなり走り出すこともあるし、ヒラマサは3㎏級でも予想以上に引きが強い。事前にしっかりドラグ調整しておこう。
今の勝浦沖ならマダイ、ヒラマサの赤と青の両狙いが楽しめるはずだ。

以上の記事は「つり丸」2013年7月1日号の掲載記事です。

関連記事
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
南房・白浜沖でヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入! 群れは濃厚、誰でも数釣り!サバが多い時は一工夫で乗り切れ!今なら誰でも激アツだ!
最新記事
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
オキメバルをもっと手軽に楽しむために開発された専用ロッド「スーパーディープクルーザー オキメバル」
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル