MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
マダイとイサキの両狙いがこの時期の人気メニューだ!(兵助屋)

マダイとイサキの両狙いがこの時期の人気メニューだ!(兵助屋)

今年の南伊豆海域におけるマダイの乗っ込みは、例年になく遅れて本格化。そのぶん長引いており、6月に入っても乗っ込みの個体が釣れている。そしてイサキもおもしろい時期。本格シーズンに突入しており、専門に狙う船は連日好釣果を記録している。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

コマセダイタックルで両魚種とも狙える! 南伊豆の定番メニュー

当日は石廊崎沖〜弓ヶ浜沖を狙ったが、ほかにもポイントは多数ある

コマセダイタックルがあれば、マダイもイサキも狙える

「5㎏に見えるように撮って」と常連さん。まだまだ大型のヒットもある!

カイワリとマダイが一荷で上がった

イサキの魚影が濃い南伊豆。短時間でお土産になることもしばしば

イサキは5月後半の時点で、すでに抱卵しているという

ジャンボイサキゲット!

揚がり間際に釣れたマダイ。「イサキ狙いでもマダイが掛かるので油断できません」と田村さん

マダイ竿頭の北原さんの釣果!

マダイもイサキも、付けエサはオキアミ

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・下田柿崎「兵助屋」。

南伊豆海域の夏のコマセ釣りは、マダイとイサキの両狙いが人気メニューとなっている。今回、取材した下田柿崎「兵助屋」では前半マダイを狙い、途中、または後半にイサキを釣るというメニューで出船している。
「今年はマダイの本格的な乗っ込みが遅れて、そのぶん長く続いています。6月に入っても、まだ乗っ込みの個体が釣れていますし、大型のヒットもあります。イサキは絶好のシーズンに入っています。すでに抱卵していますし、数釣りが期待できます。マダイ用のタックルがあれば、どちらも狙えますから、ぜひ挑戦してください」と話す、「兵助屋」の鈴木俊和船長。
マダイもイサキもどちらも期待できる南伊豆。大型マダイを釣って、旬のイサキもお土産にする。そんな贅沢な釣りを体験してみよう。

マダイ・イサキの釣り方。狙うターゲットによって仕掛けを替える

南伊豆のマダイとイサキは、どちらもコマセマダイ用のタックルがあれば楽しめる。
そのため、竿はコマセマダイ用の2.5〜3.6m。これに小型電動リール、または手巻きの中小型両軸リールを組み合わせる。道糸はPEラインの4〜5号を200m以上巻いておこう。
当エリアでは、マダイを狙うにも、イサキを狙うにも、コマセはオキアミが使われる。そのため、ビシはステン缶かプラビシを使用する。「兵助屋」の鈴木船長がすすめるビシはステン缶だ。
片テンビンにクッションゴムを介して仕掛けをつなぐが、狙うターゲットによって仕掛けを替える。
マダイ狙いでは、ハリスは3〜4号が標準。長さは10〜12m。ハリはマダイの8〜9号。ハリ数は1本でもいいが、鈴木船長は2本バリをすすめている。状況によっては、2本バリ仕掛けにヒットが集中することがあるそうだ。
イサキ仕掛けは、ハリス2.5〜4号。長さは6〜8m。そしてハリはマダイの8号前後が鈴木船長のおすすめ。
イサキを狙っていても、マダイが掛かることもあるので、ハリスをやたらと細くしたり、ハリを小さく細くするのは避けたほうがいいようだ。取材当日もイサキ狙いで、マダイヒットによるバラシがあった。
付けエサはマダイ、イサキともにオキアミ。イサキ狙いで、食いのいいときはイカタンを使うのもいいだろう。

タナ取りは海面から。マダイは反応が出たときに誘うのがベスト!

「兵助屋」では、マダイ狙いでもイサキ狙いでも、タナ取りは海面からおこなう。
仕掛けを投入したら、指示ダナよりもハリスの長さの3分の2ぐらい下までビシを落とす。そして、ハリスがなじむのを待ってから、コマセをまきながら指示ダナまで巻き上げる。タナ取りの方法は、マダイもイサキも共通だ。
そして、マダイ狙いでは指示ダナで置き竿でアタリを待つのもOK。
誘う場合は、反応が出たときに誘うとヒットにつながりやすい。「兵助屋」は探見丸親機搭載船。探見丸を持っている人は、それを見ながら誘うといいだろう。また、鈴木船長は「反応出ましたよ!」とマメにアナウンスしてくれるので、探見丸を持っていない人は、そのときに誘うようにしよう。
誘い方は落とし込みが実績が高い。キーパーから竿を静かに外して、竿先を海面に突っ込むもよし。キーパーにかけたまま、ドラグを緩めてソロリソロリと落とし込む方法もOKだ。
イサキ狙いの場合も前述したように海面からタナを取る。タナを取った後は、指示ダナでアタリを待つのが基本。
タナを探るなら、指示ダナの前後1〜2mぐらいにとどめておく。大きな幅で探っていると、タナボケしたり、エサを取られやすいので注意しよう。
周囲でアタっているのに自分にアタリがない場合は、タナでコマセをまいたり、タナを取り直すのも手だ。
アタリがきたら、追い食いを狙ってみよう。簡単な追い食い法は、アタリがあった位置で待つだけ。ほかにはゆっくりと巻き上げるのも代表的な方法だ。
アタリが力強くなり、重量感が増えれば、追い食いした証拠。ゆっくりと巻き上げて、慎重に取り込もう!

以上の記事は「つり丸」2013年7月1日号の掲載記事です。

関連記事
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
最新記事
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
究極の耐久性能を実現した小型スピニングリール「ITXカーボンスピニングリール」ITX-3000H
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル