MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
テクニック盛り沢山! ひとつスッテムギイカ(ディープオーシャン)

テクニック盛り沢山! ひとつスッテムギイカ(ディープオーシャン)

ひとつスッテイカゲームの聖地、福井県越前沖がいまムギイカが釣れ盛っている。3年前より茱崎港「ディープオーシャン」の浜野秀夫船長が始めた、究極のライトゲーム、ひとつスッテ釣法による夜イカ釣り。

perm_media 《画像ギャラリー》テクニック盛り沢山! ひとつスッテムギイカ(ディープオーシャン)の画像をチェック! navigate_next

最先端究極のライトゲームをひとつスッテ釣法の聖地で満喫しよう

ポイントは港から約15分とかなり至近

海面には小宇宙が形成された。小魚やトビウオ、クラゲ、ダツなどさまざまな生き物たちが集まる

海面抜き上げ直後に勢いよく海水噴射するスルメとムギイカたち。この釣りなら海面でイカに海水を吐かせてから簡単に取り込むことが可能だ

スピードジグに来ました!

しっかり最後まで釣り上げ

ムギイカがこの時期の本命ですよ!

この瞬間がたまらない

一荷でヒットすることもザラ

一度やったらもう病みつき!

ダブルでヒット!

スルメもよく釣れます

仲良くにんまりえびす顔

マフグがヒット

ちょっと乗り渋りでも軽く40杯。十分な釣果だ

布巻スッテ、メタルスッテと形状を選ばず乗ってくる

ナマリスッテはグロー系が有利。サイズは8〜12号各種

今回、取材にご協力いただいたのは、福井・茱崎港「ディープオーシャン」。

当地ではマイカと呼ばれるケンサキイカには絶大な効果をあげ、いまや、遊漁船のマイカ釣りのメインの釣り方になる勢い。7月から始まるマイカシーズンには、福井県内の大型遊漁船も参入するというほど。
その前哨戦ともいえるムギイカ回遊は、6月の風物詩。茱崎港から約15分の水深100m前後でパラシュートアンカーを打ち、夜釣りで狙う。
使用するナマリスッテは形状はなんでもよく、10〜12号の重めのものとエダスに接続する浮きスッテの組み合わせで釣る。
ヒットカラーは活性が上がれば、どんな色にも乗る状況になるが、そのなかでもグローカラーがとくに好調という。一人100杯超えも珍しくない。ひとつスッテゲームを知りたい人、また、ケンサキイカシーズン前の腕ならし目的の人など、興味がある人は、ぜひ、6月のムギイカゲームを味わってもらいたい。
また、昼は午前、午後のひとつテンヤマダイが楽しめる。夜と同じタックルなのでぜひ気軽にチャレンジしよう。

以上の記事は「つり丸」2013年7月1日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル