MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
10kgクラスも出現! 初夏のヒラマサジギング好機!(松鶴丸)

10kgクラスも出現! 初夏のヒラマサジギング好機!(松鶴丸)

4日くらい前から黒潮が入ってきたね。ちょっと潮が澄んで手強いけど、流れているから食うよ。昨日は7人で9本キャッチかな。アベレージは2〜3㎏と小振りだけど、まさに初夏のヒラマサって感じだよね」と話すのは、大原港「松鶴丸」のオキさんこと、中村洋行船長。船長の言葉通り、外房沖は初夏マサシーズンまっさかり、という状況だった。

perm_media 《画像ギャラリー》10kgクラスも出現! 初夏のヒラマサジギング好機!(松鶴丸)の画像をチェック! navigate_next

ジグを派手に飛ばさず、ボトムを意識した繊細なジャークで攻略!

職漁船も引き縄でヒラマサを狙っていた

キャスティグOK!

おっ! アタリがきたかな?

引きが強いのもヒラマサの特徴だ!

最後までしっかりと捕獲

1〜3㎏サイズのヒラマサがアベレージ

この日のトップは、前回釣行では8本をキャッチした加藤臣也さん。ボトム付近を集中して攻めるたこと、一発大物へのリスクは覚悟のうえ、アベレージサイズが小さいと判断し、フックをライトなものにチェンジしたという

誰でも気軽に狙えるヒラマサ回遊中!

サイズ問題なし!

黒潮が接岸中のため、シイラが回遊している

うれしいゲストにはヒラメ

余裕があればキャスティングタックルを用意

メタルジグのメインウエイトは80〜200g程度。セミロングタイプが定番だが、ショートタイプやロングシルエットのものも

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「松鶴丸」。

外房沖は初夏マサシーズンまっさかり、という状況だった。取材日の10日ほど前にはトリヤマ絡みのパターンで10㎏クラスがキャッチされたり、キャスティングゲームがにぎわう場面もあった。しかし、やはりこの時期はジギング主体で小型の数釣りを楽しめるのが一番の魅力だ。
当日は船長の言葉通り、黒潮の影響で潮が澄んでいた。表層にはシイラの姿が目立っていた。フォール中のジグを引ったくって行ってしまうケースも多発した。
こうなるとウデの差がはっきりと出る。苦戦を強いられるアングラーも多いなか、加藤臣也さんは、ジグをあまり派手に飛ばさず、ボトムを意識した繊細なジャークで攻略。4本をキャッチして船中トップを記録した。状況変化が激しいのは外房沖の常。乱高下を繰り返すものの、確実にヒラマサは群れ泳いでいる。期待は常に大、だ。とはいえシーズンは佳境。早めの釣行をおすすめする。

以上の記事は「つり丸」2013年7月1日号の掲載記事です。

関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル