MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
うまさ抜群! 走水沖のブランドアジを釣りに行こう(政信丸)

うまさ抜群! 走水沖のブランドアジを釣りに行こう(政信丸)

ブランド魚のひとつとして名高い走水沖のアジが堅調だ。走水港「政信丸」では、取材日は強風と高波で序盤は苦戦したが、トップ43匹。その前日は64匹。また、サイズは20〜40㎝、アベレージで25㎝と申し分なしだ。さらにうれしいことに、背が黄金色に輝くいわゆる「金アジ」が3割程度まじった。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

「関アジ」と並び賞されるほどのアジ。大アジを狙うなら置き竿

当日は、強風でかなり釣りづらい状況に

まずは一匹目ゲット!

金色に光り輝く「金アジ」も

この瞬間が一番たまらない

幅広で美味しそうだ

ベテランたちは待ちの釣りで大型を狙って釣った

良型で丸々していて最高だ!

ビシと付けエサはこの通り

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・走水港「政信丸」。

今の時期は、航程約10分と至近距離の沈船周りがメイン。大アジを狙うなら置き竿でじっくりと待つのが良いとはベテランアジ釣り師の談。そのベテラン釣り師はコマセをまいてから5分から10分も置き竿で待つことで、たしかに良型のアジをそろえていた。
また、反対に手返しを重視した釣り方を試したところ、中小型をまじえながら数釣りも充分に楽しめた。居つきのアジと湾内に入ってくる回遊アジとが入りまじる走水沖の魚影は折り紙つきだ。
「関アジ」と並び賞されるほどのブランドアジをさっそく釣りに行こう!

以上の記事は「つり丸」2013年7月1日号の掲載記事です。

関連記事
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
南房・白浜沖でヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入! 群れは濃厚、誰でも数釣り!サバが多い時は一工夫で乗り切れ!今なら誰でも激アツだ!
最新記事
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
オキメバルをもっと手軽に楽しむために開発された専用ロッド「スーパーディープクルーザー オキメバル」
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル