MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
釣る前に、食べる前に、テンジクタイチという魚を知ろう!

釣る前に、食べる前に、テンジクタイチという魚を知ろう!

テンジクタチは、スズキ目タチウオ科タチウオ属の魚。大陸棚域に幅広く出現する。九州西岸、和歌山県南部、高知県西部、沖縄東シナ海海岸。~インド・西太平洋域、大西洋に分布。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

テンジクタチ(スズキ目タチウオ科タチウオ属)の生態

「Trichiurus sp2」で「.sp」がつくということは、標準和名はあるが、まだ学名(種名)がないということ。生息域からして不明な点が多い。今のところ九州西岸・南岸、屋久島、奄美大島、沖縄本島で確認されている。外見はタチウオそっくりである。違いは体高(幅広)があること。目と背鰭の色が青みがかった黄色であることと、下顎の先の底部分の色が淡い黄色であることだ。
鹿児島県では近年よく揚がる。また船釣りにもよくくるようだ。産地でもタチウオと区別しないことが多く呼び名も「タチウオの鰭が黄色いヤツ」なのだという。大型が多いので歓迎されているようだ。

テンジクタチの値段は?

東京の築地市場などではタチウオとテンジクタチは区別しないで同じ扱い。ともに大きければ大きいほど高い。テンジクタチは市場で見る限りほとんどが1㎏以上の大物ばかりで、まだ一度も小型を見ていない。小さくてもそれなりに高価ではあるが1㎏を超えるとグンと値が跳ね上がる。最低でも1㎏あたり2000円以上、2㎏を超えると3000円以上する。今回の鹿児島県から送られてきたもので、ほぼ2㎏あったので1匹卸値で約6000円もする。とにもかくにもタチウオって高いのだ。

「テンジクタチ」の寿司…いろんな味わいが混ざり合い喉の奥に消える

七月初旬に宮崎から「背鰭が黄色いタチウオいりませんか?」と連絡が入った。喉から手が出るほど欲しいが、残念なことに旅行中でお断りした。鹿児島から「お盆は魚がないでしょ」と言って、同じく「背鰭が黄色いタチウオ」をいただいた。それは発泡に三等分されて入っていて、重さが一匹二キロ以上あった。

「ものすごいタチウオがきたからおいで」と、これを友人達とおいしくいただいたが、『市場寿司』はあいにくのお盆休みで握りにして食べてみるわけにはいかなかった。

八月、たかさんは魚の仕入れに苦労のし通し。可哀想なので、鹿児島に電話して、「背鰭が黄色いタチウオ」があったらよろしくとお願いしたら、一週間ほどしてやって来た。

「できるだけ小さいのをお願いします」と言ったにもかかわらず、二キロもある。タチウオの二キロは大きい。たかさんに手渡すと、手尺で測って「一メートル以上あるね。きれいだし大きいし」、ウッシッシなんて薄笑いを浮かべる。

たかさんが包丁を入れながら、

「これ幅が広くないかな」

「よく気がついた。この魚の特徴」

「これタチウオだよね」

「そう思うでしょ」

たかさんに説明したとおりに書くと、鹿児島県南沖や沖縄県周辺に東京湾などにいる普通のタチウオと、背鰭などの色合いが違うものがいることが知られていた。本州などでとれるタチウオの背鰭は透明で瞳の周りも白いが、鹿児島県で揚がるものには、背鰭が黄色で目も黄を帯びたものが混ざる。体の幅も少し広い。調べてみるとタチウオとは別種とまではわかって、標準和名はテンジクタチとついたが学名(世界的に使われるラテン語名)は不明なのだ。今年はこの魚を調べている。

主に鹿児島県から入荷してくるが、大型が多く、味の点でタチウオと変わらない。平均するとタチウオ以上の値がついている気がする。

沖縄県の釣り師の方からは、釣れるタチウオの多くが本種らしく、ルアーなどで狙う大物ターゲットのひとつとなっているようで、話では一・五メートルクラスもいるらしい。

「ウチではタチウオでいいかな」

たかさん、さっそくボードに書いたので、上に「天竺」と入れた。

味見に皮つきの刺身が出て来た。

「たかさん、少し皮が硬いね。あぶった方がいいかもね。でもうまいね。脂がたっぷりのっていて甘い」

「こんなタチウオ食べたことないよね。塩焼きにしてもうまそうだ」

さて、この時点で午前十時過ぎ。

店の前のお客を見て、握りは昼だねと、塩焼き用の切り身を持って帰宅した。塩焼きも天下一品。ご飯がすすんで仕方がなかった。塩焼き一切れで、丼飯三杯だった。

昼下がり、のれんの下りた『市場寿司』に行ったら、たかさん、なにも言わないで、冷蔵庫からあぶったテンジクタチを取り出して、三かんの握りが目の前に来た。渋いお茶で喉を湿らせて、まずは一かん。

口に入れた途端にうま味が大放出する。これはあぶって一度溶け出した脂だろう。甘味、うま味だけではなく、いろんな味わいが混ざり合い口中に広がり、喉の奥に消えると、後味がいいためか、もの足りなくさえ思えて、また手が伸びる。連続三かん食いしても食べた気がしない。

「うまいだろ。うまいって言いな」

「言葉にならないね。あと十かん」

「おいおい昼飯食ったんだろ」

続けて五かん食べたら、余計に言葉をなくしてしまった。

「たかさん、これほどうまい握りは、久しぶりって感じがする」

「バカ言ってんじゃないよ。ウチのすしはいつ食ってもうまいの」

「すし屋の常套句だね」

◆協力『市場寿司 たか』
八王子市北野八王子綜合卸売センター内の寿司店。店主の渡辺隆之さんは寿司職人歴40年近いベテラン。ネタの評価では毎日のようにぼうずコンニャクとこのようなやりとりをしている。本文の内容はほとんど実話です。

文責/ぼうずコンニャク
魚貝研究家、そして寿司ネタ研究家。へぼ釣り師でもある。どんな魚も寿司ネタにして食べてみて「寿司飯と合わせたときの魚の旨さ」を研究している。目標は1000種類の寿司を食べること。HP『ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑』も要チェック。

以上の記事は「つり丸」2016年10月1日号の掲載情報です。

関連記事
オニヒラアジはスズキ目アジ科ギンガメアジ属。和歌山県から九州南岸の太平洋沿岸、鹿児島県南さつま市笠沙の東シナ海、屋久島、琉球列島。台湾、西太平洋、インド洋に広く生息域をもつ。全長1m前後の大型魚だ。
シマアジはスズキ目アジ科シマアジ属。本州以南に生息。意外に沖縄県ではあまり見られない。古くは南半球のシマアジは別種とされていたが、国内のシマアジと同種であることが判明する。
オオグチイシチビキはスズキ目フエダイ科イシフエダイ属。長崎県壱岐と五島・千葉県館山以南、インド洋、太平洋の熱帯域から温帯域に生息している。相模湾、駿河湾には幼魚が多い。
ヒラソウダはスズキ目サバ科ソウダガツオ属。北海道以南。世界中の熱帯・亜熱帯・温帯域のやや岸よりも表層域に群れを作る。群れは作るがマルソウダの群れと比べると個体数が少ない。
スズキはスズキ目スズキ科スズキ属。北海道から九州、朝鮮半島南岸・西岸。内湾、汽水域、淡水域にも侵入する。
最新記事
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。
新ブランドから8本編組PEライン登場「ROOTS PE×8」4月発売予定。
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル