MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
マルイカ&ムギイカ沸騰! 激アツテクニカルに釣ろう(たいぞう丸)

マルイカ&ムギイカ沸騰! 激アツテクニカルに釣ろう(たいぞう丸)

ついに来ましたよ、こ・の・と・き・が!! 相模湾東部、三浦半島三戸輪沖から城ヶ島沖にかけてのエリアにおいて、マルイカ&ムギイカの模様がようやく上向いて来た! 葉山あぶずり港「たいぞう丸」では、6月上旬にムギイカ主体でなんと束釣り2名! シーズン本番を思わせる釣果に沸いたのだ。

perm_media 《画像ギャラリー》マルイカ&ムギイカ沸騰! 激アツテクニカルに釣ろう(たいぞう丸)の画像をチェック! navigate_next

あれば電動リールも持参! 仕掛けは直ブラ&ブランコがオススメ!

定休日前に今期初の束釣りが記録されたとあって、船上は大賑わい! ついにこの時が来た!

「浅場で釣れるのはまだ当分難しいでしょう」と山本船長。70〜80mを攻めることも多いので、小型電動リールがあると快適だ

スッテを動かすことをしっかり意識してタタこう! そうしないとアタリが出ないよ!

ムギ主体なら積極的に高ダナも狙ってみたい。スルメの電動直結釣法のように誘ってもいい

例年で言う本格化という状態にはほど遠いが、十分に楽しめるレベルまで来た、という感じ。釣果的にはムラが多いが、アタリは多かったゾ!

ムギイカが多い状況では、プラヅノは必携! このようにマルもちゃんと乗ってくる

マルイカは良型が多かった。もちろんマイクロもいる!

竿先に出るアタリを見極めて掛けていくからおもしろい!

仕掛けは初心者は直ブラまたはブランコがオススメだ

このペンシルサイズが美味しいんです!

「初めて挑戦しました。最高におもしろいですね!」

ムギの高い反応が出ているときは、追い乗りを狙ってみよう!

身が柔らかくておいしいムギイカ。沖漬けや丸焼きが最高だ

今夜はコイツをアテに一杯!

膨大な数があるスッテ。今年の新製品にも乗ってますよ!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・葉山あぶずり港「たいぞう丸」。

取材当日は水深70〜80mという、まるでシーズン初期のような深場を攻めることもあった。ちなみに、浅いポイントは40m前後。
そこでタックルは、小型の電動リールがあると快適だ。浅い水深では電動リールでもいいが、小型両軸の手巻きリールがオススメ。このほうがタックルが軽く、感度も操作性もいい。後述するが、しっかりとタタキを行わないとアタリが出ない傾向にある。タックルが軽ければ軽いほどタタキは行いやすいからだ。したがって、できれば電動と手巻きの両方を持参し、水深に応じて使い分けられればベターだ。
ただ、そのためには陸地をよく見ておき「この沖だったら水深は何メートル前後だな」ということを当日釣りをするなかで覚えておく必要がり、次の投入までにタックルを持ち換えるといった対応が求められる。
仕掛けについては
「初心者は直ブラやブランコなど、枝スのある仕掛けがオススメです」と話す、「たいぞう丸」山本真一郎船長。ヤル気のあるムギイカの反応に当たると、そのような仕掛けでは落下途中で止められることもあったという。また、枝スがあれば取り込み時もバレが少ないというメリットもある。
アタリの感度という点ではブランコよりは直ブラの方がよいので、まずは直ブラ仕掛けでチャレンジしてみよう。

アタリの基本。自分の竿にどんなアタリの感触が出るのかを知ろう

ライトタックルマルイカの釣りは、一にも二にも「アタリ」が分かるかどうかだ。アタリが分かれば、釣果は格段に伸びる。この竿先に出るマルイカからの小さなシグナルを見極め、積極的にアワせて掛けていくのがこの釣りの醍醐味だ。
竿先に出るアタリは、基本的には〝非常に小さい〟と思っておこう。トップガイドの厚み程度や数ミリというのは普通。なんと波の上下動でフワフワと動いていた竿先が急に止まった、というのもアタリだ。数センチ動くこともあるが、それでアワせても遅い。掛からないことが多いのだ。その前に出ているであろう非常に小さい本アタリを見逃しているのである。
アタリの例をイラストで示したが、これは8対2や9対1調子といった、極先調子の竿に特徴的なアタリ。ただ、8対2や9対1の極先調子といっても、ゼロテンションの釣りで使うような竿先が超柔軟な竿ではない。ゼロテンの場合は、これとは異なるアタリが出るので注意しよう。
6対4調子など、少し胴に入るような竿では、極先調子竿よりもアタリは少し大きく出る傾向にあり、また竿先が下に動くようなアタリが多くなる。
いずれにせよ、自分が使っている竿ではどのようなアタリが出るのか、まずは理解することが大切。そのためには、「ん? 何か変だな」と思ったら、積極的にアワせるようにしよう。最初は空振りも多いかもしれないが、アワせているうちにきっとアワセが決まるようになってくるはず。そうなったときが、〝マルイカ地獄〟への入口だ!

マルイカ&ムギイカの釣り方。アピールして焦らしてゲットしろ!

「待っていてもアタリは出ません。しっかりとタタキを入れるようにしてください」
当日、山本船長からそうアナウンスがあった。実際、しっかりとタタいている人にアタリが多く出ていた。アタリは待つものではなく、“出す”ものなのだ。
タタキは、マルイカに「ほら、エサですよ!」という積極的なアピール。いわゆる“誘い”だ。自分をちゃんとアピールしなければ、相手は振り向いてはくれない。唐突だが、そう、恋愛と同じだ!!
ただ、タタき過ぎは厳禁。イカのスレを増大させ、逆に乗りが悪くなる可能性も。あら。これも恋愛と同じ。しつこい人は嫌われますよね。
また、周りは釣れているのに、タタキを入れても自分だけアタリが出ない、という人は、“タタいているつもり”になっていないだろうか? 竿をただ振っているだけでは、ダメ。相手にアピールが届いていないのだ。仕掛けの先にある「オモリ」を大きく動かすつもりで、しっかりとタタくことが重要だ。
そしてもうひとつ重要なのは、しっかりとタタいた後は、ピタリと竿先を止める、ということ。この止めた瞬間にアタリが出ることが多い。
アピールしてしかもスッテに乗せないようにしてマルイカを焦らし、止めて一気に乗せる。アピールして、焦らして、ゲット。やっぱり恋愛と一緒ですね!
そして忘れてならないのは、「巻き落とし」。タタキに専念するあまり、このマルイカ釣りで最もカンタンにして最強のテクニックを忘れてしまっている人が多い。
巻き落としは、10〜20mほど一気に仕掛けを巻き上げ、再び落とすだけ。たったこれだけだが、その効果は絶大。こうすることで、それまでとは違うイカにスッテを見せることができるのだ。つまり、次から次へと新しいイカを相手にできるということ。ヤル気(ソノ気)がないイカをずっと相手にしても、乗るはずがないと思いませんか? だったら、別のイカを攻略したほうが、ずっと手っ取り早い。振られたら、次。あ、やっぱりこれも恋愛と一緒ですね〜!
「タタキ」と「巻き落とし」を効果的に使い、気難しい今シーズンのマルイカを攻略しよう!

以上の記事は「つり丸」2016年7月1日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル