MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
グルメ釣り師にオススメ! 絶品アジの釣り方&仕掛け(政信丸)

グルメ釣り師にオススメ! 絶品アジの釣り方&仕掛け(政信丸)

美味しい魚を釣るなら、走水沖のビシアジがオススメだ。走水沖のアジは、東京湾のなかでも絶品との評判。そして、これから暑くなるにつれて、ゲストでまじるサバも脂が乗ってとても美味しくなるのだ。

perm_media 《画像ギャラリー》グルメ釣り師にオススメ! 絶品アジの釣り方&仕掛け(政信丸)の画像をチェック! navigate_next

ビジアジはコマセ釣りの基本。手返しよく仕掛けを打ち返えそう!

当日は走水沖の水深55〜80mを狙った

サイズのいいアジは引き味もいい!

「食べるのが楽しみです!」と常連さん

コマセに寄ると同時ヒットもある!

サイズがいいアジはタモを使って確実に取り込もう!!

当日は30㎝級を超すサイズが多かった

体高が高く、すばらしい体型をした走水沖のアジ

嬉しい良型アジ

ゲストのサバは、これからの時期、脂が乗って美味しくなる!

ダブルでサバヒット!

船で配られる付けエサはアカタン

アオイソメもあれば万全

ビシは潮の速さに合わせて130〜150号

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・走水「政信丸」。

「アジはちょっと前までは調子悪かったんですけど、復活してきましたね。いいサイズもまじるようになりましたし…。サバがまとまって釣れるようになれば、ちょっとの時間サバも狙っていきますよ」と話すのは、今回取材した「政信丸」の廣川政信船長。
ビシアジはコマセ釣りの基本といわれる。基本どおりに釣れば、結果が出やすく、お土産も堅い。
しかし、走水沖は潮が速いときは、とくに速い。速潮時にはタナ取り、コマセワークに気をつけながら、手返しのいい釣りを実行することが絶品のアジを釣るコツだ!

仕掛けはハリス2〜3号、ムツバリ10号。増しオモリがあると便利

「政信丸」のアジ船では、ビシのオモリは130〜150号を使用する。そのため、タックルは130〜150号のオモリに対応できるビシアジ用がベスト。
竿は8対2〜7対3の先調子が標準。コマセをまきやすく、誘いもおこないやすく、アタリもわかりやすい。しかし、置き竿メインで静かに釣る場合は、6対4の胴調子の竿を好む人もいる。
リールは小型電動。手巻きリールでもいいが、手返しの点で、電動リールがオススメだ。
ビシアジは、一日のうちで仕掛けを上げ下げする回数が多い釣りだ。そしてビシのオモリが130〜150号と重い。水深も100m前後を狙うことも珍しくない。そのため、パワーのある電動リールをセレクトしよう。
道糸はPEラインの3〜5号。高切れしたときのことを考えると、300mは巻いておきたい。
コマセはイワシのミンチを使うので、ビシはアンドンビシを使う。目の大きさはいろいろあるが、「中目」と呼ばれるものがいいだろう。ビシのオモリは前述もしているように、「政信丸」では130〜150号。130号でスタートして、潮が速ければ150号を使うといいだろう。
また、増しオモリも用意しておくと便利だ。ビシのなかにオモリを入れるだけで重さを変えられ、ビシを付け変える手間が省ける。
ビシを装着した片テンビンを介して、その先にクッションゴムと仕掛けをつなぐ。
クッションゴムは使用ハリスの太さに適合したもの。長さは30㎝前後。
仕掛けは、ハリス2号、ムツバリ10号、全長2m前後の2〜3本バリが標準。
サバやエサ取りの邪魔が多いときは、チモトに夜光玉を装着せず、またハリも銀色にするといい。
これからもう少し暑くなると、サバがまとまって釣れるようになる。そうなると、「政信丸」では、ちょっとの時間だけサバを狙うこともある。そのときの仕掛けは、ハリス4〜5号、ムツバリ(太地)15号、全長2m前後を使用する。
「政信丸」では、付けエサはアカタンが配られる。このほかアオイソメも用意できるなら持参するといいだろう。アオイソメは潮が濁ったときに有効だ。

釣り座のセッティングをご紹介。大事なのは正確にタナを取ること

船に乗って席が決まったら、道具のセッティングだ。まず、竿(ロッドキーパー)の位置を決める。このとき、コマセが入ったオケは、右舷でも左舷でも、竿よりもトモ側にセットする。
この配置だと、コマセオケが風下側にあるので、取り込み時に仕掛けが絡みにくいのだ。このセッティングをするだけで、仕掛けが絡みにくくなって快適に釣りができるので、ぜひ実行したい。

ビシにコマセを入れ、ハリにエサを付け、投入合図があったら仕掛けを投入する。ビシが着底したら、即座に糸フケを取る。そしてコマセをまきながら、ビシを指示ダナ(だいたい海底から2〜3m)まで巻き上げてアタリを待つ。
このとき大事なのが正確にタナを取ること。ビシが着底したときに、道糸が斜めになった状態で巻き上げては正確にタナが取れない。とくに潮が速いときは、着底したときに道糸がかなりの角度で斜めになるので、すばやく何度も底立ちを取り直すことだ。
タナで1分ぐらい待ってアタリがなければ、再度ビシを海底までおろして、コマセをまきながらタナを取り直す。そしてタナで1〜2分待ってアタらなければ、仕掛けを回収。コマセを詰めなおして、付けエサをチェックして再投入しよう。

アタリがあったら無理して抜き上げず、タモで確実にすくおう!

アタリがあったら、電動の中速で巻き上げる。掛かったアジのサイズがいいときは、無理して抜き上げず、タモで確実にすくおう。
食いがいいときは、アタリがあったら、少しそのまま待って追い食いを狙うのもアリだ。
周囲でアタっているのに、自分にはアタらない。そんな時にはタナ、コマセワーク、手返しを疑ってみよう。
まずは基本に忠実に正確にタナを取ること。そして、誘いを兼ねてタナを探ることもしてみよう。
入れ食い時に自分だけ蚊帳の外というときは、たいていコマセワーク、手返しの悪さが原因となっていることが多い。ビシから確実にコマセが出ているのか、仕掛けを投入したらそのまま放置していないのか確認しよう。

以上の記事は「つり丸」2016年7月1日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル