MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ワラサ&イナダが釣れすぎてゴメン!【東伊豆・初島周り】

ワラサ&イナダが釣れすぎてゴメン!【東伊豆・初島周り】

東伊豆の一級ワラサポイント初島周りで、7月下旬ごろからイナワラサイズ中心の数釣りが続いている。2㎏前後主体にトップ20本近く釣れる日もあり、大型クーラー満タンということも少なくない。

例年より早めにイナワラで開幕!

今年は早い時期からイナワラサイズが釣れ続いている初島周り。4㎏前後のワラササイズも多くなってきた!

ポイントは初島周りの30〜50m前後が中心。

これからは徐々にサイズアップしてくるはず。ワラサフィーバーも間近!?

イナワラ数釣り継続中。今後はワラサの入れ食い!?

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・網代港「ゆたか丸」。

伊豆のワラサ釣りのメッカ初島周りでは、2㎏前後のイナワラサイズ中心に、3〜4㎏のワラサがポツポツまじって釣れている。
「魚の数はかなり多いですね。まだ表層に浮いていてコマセに反応しない群れがたくさんいます。少し水温が下がって、この群れが沈んでコマセを食うようになったら本番ですね」。こう話すのは初島周りに出船している網代港「ゆたか丸」森野孝船長。例年なら、8月のお盆過ぎから本格的になってくるのだが、今年はやや早め、7月下旬から食い続けているという。
まだ、イナワラサイズが主体でワラササイズが少ないため、船長は「本番前」と言うが、数的には「まさに本場」という釣果が続いている。このところ2〜3.8㎏前後を連日トップ10本前後、いい日はトップ20本を超えることもあるのだ。
今後はサイズアップも期待できるはず。浮いている群れが沈んだとき、いきなりワラサ級の入れ食い! なんてこともあるかもしれない。

これからが本番。サイズアップに期待。仕掛け、釣り方を学習して大物を釣り上げろ!

水温の高い今は、イナワラサイズも引きが強い。引きの強さは実際のサイズの1.5倍くらい!?

2㎏前後のサイズは入れ食いになることも珍しくない。船中あちこちで同時ヒット!

大型クーラー満タン!

伊豆、初島周りでのワラサタックルは、2〜3m前後でオモリ負荷30〜50号のワラサ竿、マダイ竿などに中、小型電動リールの組み合わせ。道糸PE5〜6号。ステン缶または、サニーカゴ80号。クッションゴム2〜3㎜1m。
「ゆたか丸」の仕掛けはハリス6号を規準に4〜8号、6〜8m。ハリはヒラマサ10〜12号など。
「ゆたか丸」が攻めているポイントは水深30〜50m前後、海底からのタナ取りだ。
一日通して「底から10m」という指示が多いので、ビギナーでも比較的簡単に釣りができるだろう。底から2、3回に分けてコマセをまきながら指示ダナに合わせる。
コマセはドバまきせず「パラパラ」が基本。船のステン缶を借りれば、それに半分くらいコマセをつめてやると、パラパラと適度にコマセが出るはず。
タナに合わせて、しばらくアタリがなければ、もう一度ビシを底に落としてタナの取り直し。
「指示ダナで誘うより、タナを取り直したほうが誘いになります」と森野船長。
いまのところエサ取りは少ないが、例年だと徐々に小型ソウダガツオが多くなってくるのがこの海域の特徴だ。イカタンや「特船オキアミ」など、エサ取りに強いエサがないと釣りにならないこともある。状況に応じて持参しよう。
今のところイナワラサイズから4㎏弱主体だが、大型らしきバラシもある。これからが本番、サイズアップの期待も十分だ。

以上の記事は「つり丸」2012年9月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00 公開: 2019-02-17 12:00:00
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。
更新: 2019-02-16 12:00:00 公開: 2019-02-16 12:00:00
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00 公開: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00 公開: 2019-02-15 12:00:00
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
更新: 2019-02-15 07:00:00 公開: 2019-02-15 07:00:00
最新記事
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00 公開: 2019-02-17 12:00:00
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。
更新: 2019-02-16 12:00:00 公開: 2019-02-16 12:00:00
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00 公開: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00 公開: 2019-02-15 12:00:00
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
更新: 2019-02-15 07:00:00 公開: 2019-02-15 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読