MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
釣る前に、食べる前に、カラスザメという魚を知ろう!

釣る前に、食べる前に、カラスザメという魚を知ろう!

カラスザメはカラスザメ科に属するサメの一種。太平洋・大西洋に広く分布。体は細長く暗褐色、体側に黒い模様がある。50cmに達する。

カラスザメ(ツノザメ目カラスザメ科カラスザメ属)の生態

北海道から高知県の太平洋沿岸、東シナ海、沖縄諸島。南半球のオーストラリア、ハワイ諸島、大西洋にまで広く生息。水深200m前後に多い。
相模湾や駿河湾で見られるカラスザメ科はヒレカタフジクジラ、ホソフジクジラ、カラスザメの3種だ。これ以外はまだ見ていない。カラスザメは神奈川県三崎での呼び名で全身が真っ黒だから。ただこんなに真っ黒で不気味な姿のサメを神奈川県藤沢では、なぜか「藤鯨」呼んでいたらしい。
このカラスザメ科の魚の棘に刺されると痛む、というのは日本海でも駿河湾でも聞いている。特に沼津市の底曳き網漁師さんからは刺されると強く痛むと聞いた。ただ実際に刺されてみると、死んでいたためかも知れないがズキズキする弱い痛みが2時間前後続いただけだった。

カラスザメの値段は?

残念ながら流通しないだけではなく、日本海などでは近縁種が大量に廃棄されている。駿河湾の底曳き網でも選別で出た本種を拾っていると、感謝されるくらいだ。ただ外道という呼び名の魚はいない。実際に食べてみると煮つけにして捨てがたい味だし、刺身も悪くない。一度お試しあれ。

「カラスザメ」の寿司…身にこくがあり、すし飯に負けない個性がある

それをたかさんに渡すと、

「オレはオタマジャクシなんか下ろさない。絶対にイヤだ」

イヤだ、イヤだと暴れて、下ろすのを拒否したのだ。

「カエルの子どもじゃないっての」

「カエルの子どもじゃなくても、イヤなものはイヤだっての」

仕方なく持ち帰り、自分で下ろした。ザラザラする皮を剥くのに手間取って、出直すとお昼になっていた。
たかさんの引きつったような顔を思い出して、念のために三枚に下ろして、生で食べてみたら、実にいい味だったのだ。最近、この深海性の真っ黒な魚の煮つけのうまさを知ったばかりだったが、まさか刺身までもがうまいとは思わなかった。
今回のそれは近所に住む、釣り名人・蛸さんが伊豆半島で釣ってきたもの。「ありがとう蛸さん」と言って、クーラーのなかから黒くて怪しい魚だけを選び、わけてもらった。

「こっちはいらないんすか?」

蛸さんが不思議そうに、本命のキンメダイを指さしたが断った。後で気がついたことだが「本命いりません」というのは、かなり失礼だったかも。それにそれに、この日、蛸さんはキンメダイを大釣りしていたのだ。

「すごい!」とか「見事です」とかも言い忘れた。

「ごめんね、蛸さん」。心の中でちゃんと謝ったのであった。

さてそれはまるでショッカー(古いかな)のごときものだった。魚体が真っ黒で棒状、目はエメラルドブルーをしている。全長は二十五センチ前後あるのだけど頭を切り落とし、皮を剥き、三枚に下ろすと、身は大人の小指くらいしかない。
ペーパータオルにくるんだのを、たかさんに渡して、刺身の味をみてもらう。血合い部分が赤く、刺身は決してまずそうには見えない。

「最初から下ろしてから持って来なよ。味見する気がおきねーよー」

イヤイヤ一切れ口に入れた。

「どう、悪くないでしょ」

「悪かーないけど、うまくもないって感じかな。やっぱり下ろす前の姿が浮かんでくる。ヤーな感じ」

ボクも右手人差し指にヤーな感じが。ずきずき痛むのだ。大慌てで皮剥きをして、最初尾の方からと思って皮を引っ張ったら、棘にチクリと触ってしまったのだ。このカラスザメ科の魚は漁師さんたちにとても嫌われている。その要因のひとつが背鰭の棘。刺されると痛むと聞いていたが、確かにずきずき痛い。
たかさんが、棒状の身を3つ合わせてつける。五尾で四かんにしかならなかったが、血合いが赤くて見た目は決して悪くない。
口に放り込むと、シコっとした食感があり、すし飯との馴染みこそよくないがいい味である。

「たかさんすごくうまいとは思えないけど、悪くないじゃない」

「悪かーねーけど、オレ魚は見た目で判断するからね」

「身にこくがあるというか、すし飯に負けない個性がある」

「あのさ、この魚の名前はなに?」

「カラスザメだよ」

「サメなの?こんなにちっこいのに、あのジョーズの仲間?」

「ジョーズとは遠い親戚って感じだね。でもサメには違いないし、真っ黒なのは深海にいるせいだよ」

絆創膏を貼った右手人差し指の痛みが強まったような気がする。

「たかさん、今日はこれで帰る」

手を振って店を出ようとしたら、

「蛸さんにカラスザメだけは釣らないでねって言ってね」

蛸さんにカラスザメの仲間が釣れたら、必ず持って来てきてくれるようにお願いしたばかり。危険だ。

「たかさん、こんど下ろしてくれたら百万円あげる」

「一億円くれてもヤだね」

◆協力『市場寿司 たか』
八王子市北野八王子綜合卸売センター内の寿司店。店主の渡辺隆之さんは寿司職人歴40年近いベテラン。ネタの評価では毎日のようにぼうずコンニャクとこのようなやりとりをしている。本文の内容はほとんど実話です。

文責/ぼうずコンニャク
魚貝研究家、そして寿司ネタ研究家。へぼ釣り師でもある。どんな魚も寿司ネタにして食べてみて「寿司飯と合わせたときの魚の旨さ」を研究している。目標は1000種類の寿司を食べること。HP『ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑』も要チェック。

以上の記事は「つり丸」2018年4月1日号の掲載記事です。

関連記事
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ナンヨウカイワリは、スズキ目アジ科ヨロイアジ属の魚。サンゴ礁などの沿岸の浅場に生息。
更新: 2019-03-05 12:00:00
スミイカは、コウイカ目コウイカ科コウイカ属。関東以南。南はインドネシアやベトナムなどの東南アジアまで生息している。
更新: 2019-01-29 07:00:00
ヒガンフグは、フグ目フグ亜目フグ科トラフグ属の魚。日本各地の岩礁または藻場に分布していて、浅海にすむ。甲殻類や軟体動物、海底生物をおもに食べる。市場ではトラフグに次いで値段が高い。
更新: 2019-01-18 11:20:47
ホシテンスは、スズキ目ベラ科テンス属の魚。サンゴ礁域や岩礁域周辺の砂地に生息。浅い場所にもみられる。
更新: 2019-01-07 00:57:19
最新記事
飯岡沖の春のターゲットとしてすっかり定着してきたホウボウ。今年もホウボウの群れがやってきて、2月に入ると良型主体に数釣れ始めた。ホウボウは脂が乗った白身なので刺身は抜群。簡単に釣れるから、釣れているうちに早めに釣行しよう!
更新: 2019-03-26 12:00:00
東京湾のお手軽釣り物No.1のLTアジ!この春もまずまずの好調が続いている。子供たちの春休みにファミリーで楽しむにもLTアジはオススメだ。タックルが軽く、釣り場の水深も浅いので、初挑戦者も手軽に楽しめる。
更新: 2019-03-26 07:00:00
東京湾のシーバスが春のベストシーズンに突入! 例年3月頃はトップ100本以上という釣果も記録されるほど。70㎝オーバーはもちろん、80㎝オーバーや90cmも。釣り方はジギング。初心者や女性や子供も手軽に楽しめるので、ルアーの入門にも最適!!
更新: 2019-03-25 12:00:00
「浅場に移動します」250mラインの小メヌケが一段落し、鈴木船長の決断は「最後はオキメバル」高水温に開始直前付近で発生した地震が追い討ちを掛け、好機に渋ったオキメバル。仕切り直しで有終の美を飾れる!?
更新: 2019-03-25 07:00:00
数釣りが楽しいターゲットといえば、イサキはハズせない。南房エリアのイサキの型は22~35㎝前後。25~30㎝級中心に、いわゆる「南房サイズ」の35㎝オーバーの大型もまじって釣れている。多点掛け連発を楽しもう!
更新: 2019-03-24 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読