MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
チャンスを逃さず本命の走水沖のビジアジを狙って釣ろう! (政信丸)

チャンスを逃さず本命の走水沖のビジアジを狙って釣ろう! (政信丸)

「美味しいアジが釣りたい!」という思いで、永井さんが出かけたのは走水港「政信丸」。周年、アジをメインに狙っている船宿だ。「ちょっと前よりは良くなってきましたけど、厳しい時間帯もありますから頑張ってください」と出船前に話していたのは「政信丸」の廣川政信船長だ。

perm_media 《画像ギャラリー》チャンスを逃さず本命の走水沖のビジアジを狙って釣ろう! (政信丸)の画像をチェック! navigate_next

ビジアジのアタリが遠い時間帯はマメに仕掛けを入れ替えで誘おう

第一投目。おっ、アタリがきたか⁉︎

タモで確実に取り込む永井さん

当日、釣れるアジは良型が多かった

前半はまずまずの食い。タナを取るとすぐにアタることが多かった!

走水沖のアジは東京湾のなかでも、とびきりの美味しさ!

この日は、30㎝以上のサイズが多かった

ゲストにはサバが数匹まじった。このサバは、かなり脂が乗っていたという!

永井のタックルは、竿がシマノ「リアランサー アジビシ190」、リールがシマノ「フォースマスター 800」の組み合わせ

小型ながらパワーもある「フォースマスター 800」。ビシアジにはちょうどいい

船で配られる付けエサはアカタン。永井はアオイソメも用意した!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・走水「政信丸」。

この日、永井さんが持ち込んだタックルは、竿がシマノ「リアランサー アジビシ190」、リールがシマノ「フォースマスター 800」の組み合わせ。仕掛けはハリス2号の3本バリ。エサはアカタンとアオイソメの2種類を付けて試すことに。
最初のポイントは港前の水深70m前後。開始からしばらくすると右舷ミヨシで船中最初のアタリ。これを皮切りに船中でポツポツとアタりだした。
永井さんも、このチャンスを逃さず本命のアジを食わせていく。掛かるアジは30㎝を超える良型主体で、35㎝を超えるサイズもまじっている。そして途中、良型のサバもまじった。
しばらく、このポイントで粘ったが、次第にアタリが遠くなった。廣川船長もポイント移動をする。同船したお客さんの意向で「型狙い」で通した廣川船長。後半は反応は見られるものの、アタリは遠く、ポツポツとアタる展開になってしまった。
永井さんも一生懸命に手返しよく仕掛けを投入し続けたが、残念ながら盛り上がりなく終了の時間を迎えてしまった。それでも「後半はアタリが少なくなってしまったけど、型のいい美味しそうなアジが釣れた!」と満足気な永井さんだった。

以上の記事は「つり丸」2016年7月1日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル