MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
チャンスを逃さず本命の走水沖のビジアジを狙って釣ろう! (政信丸)

チャンスを逃さず本命の走水沖のビジアジを狙って釣ろう! (政信丸)

「美味しいアジが釣りたい!」という思いで、永井さんが出かけたのは走水港「政信丸」。周年、アジをメインに狙っている船宿だ。「ちょっと前よりは良くなってきましたけど、厳しい時間帯もありますから頑張ってください」と出船前に話していたのは「政信丸」の廣川政信船長だ。

ビジアジのアタリが遠い時間帯はマメに仕掛けを入れ替えで誘おう

第一投目。おっ、アタリがきたか⁉︎

タモで確実に取り込む永井さん

当日、釣れるアジは良型が多かった

前半はまずまずの食い。タナを取るとすぐにアタることが多かった!

走水沖のアジは東京湾のなかでも、とびきりの美味しさ!

この日は、30㎝以上のサイズが多かった

ゲストにはサバが数匹まじった。このサバは、かなり脂が乗っていたという!

永井のタックルは、竿がシマノ「リアランサー アジビシ190」、リールがシマノ「フォースマスター 800」の組み合わせ

小型ながらパワーもある「フォースマスター 800」。ビシアジにはちょうどいい

船で配られる付けエサはアカタン。永井はアオイソメも用意した!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・走水「政信丸」。

この日、永井さんが持ち込んだタックルは、竿がシマノ「リアランサー アジビシ190」、リールがシマノ「フォースマスター 800」の組み合わせ。仕掛けはハリス2号の3本バリ。エサはアカタンとアオイソメの2種類を付けて試すことに。
最初のポイントは港前の水深70m前後。開始からしばらくすると右舷ミヨシで船中最初のアタリ。これを皮切りに船中でポツポツとアタりだした。
永井さんも、このチャンスを逃さず本命のアジを食わせていく。掛かるアジは30㎝を超える良型主体で、35㎝を超えるサイズもまじっている。そして途中、良型のサバもまじった。
しばらく、このポイントで粘ったが、次第にアタリが遠くなった。廣川船長もポイント移動をする。同船したお客さんの意向で「型狙い」で通した廣川船長。後半は反応は見られるものの、アタリは遠く、ポツポツとアタる展開になってしまった。
永井さんも一生懸命に手返しよく仕掛けを投入し続けたが、残念ながら盛り上がりなく終了の時間を迎えてしまった。それでも「後半はアタリが少なくなってしまったけど、型のいい美味しそうなアジが釣れた!」と満足気な永井さんだった。

以上の記事は「つり丸」2016年7月1日号の掲載記事です。

関連記事
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。
石花海のヤリイカ釣りでは、昔から魚型11㎝ダブルカンナプラヅノが定番だ。なぜだろう。もちろん、棒状のプラヅノでも、シングルカンナヅノでもイカは乗る。しかし、定番になっていることには理由がある。
仕掛けは親孫式のヒラメ仕掛けを使用する。ハリスは6~8号80㎝~1m、捨て糸は50~80㎝ほど。孫バリはシングル、トリプルフックどちらでもいいが、慣れない人はトリプルフック使用がおすすめ。
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
11月18日(日)に開催された「東京湾タチウオバトル2018」の結果報告です。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読