MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
アベレージで1.5㎏!? 狙いは2㎏越え! 稲取沖アカムツ(安貞丸)

アベレージで1.5㎏!? 狙いは2㎏越え! 稲取沖アカムツ(安貞丸)

波を被らぬようにゆっくりと走る「第三安貞丸」のエンジンがスローになったのは出船後わずか15分。東伊豆沖の「ドン深」の海は、港から至近ポイントで深海ゲームを存分に楽しませてくれる。

perm_media 《画像ギャラリー》アベレージで1.5㎏!? 狙いは2㎏越え! 稲取沖アカムツ(安貞丸)の画像をチェック! navigate_next

本格シーズンを目前に稲取沖では良型連発! 爆釣りもあるぞ!!

海面下に大きく、そして鮮やかなルビー色の魚体が! 大型アカムツを釣り上げたときの感動は格別だ!

ネットインするまで気が抜けない

この日最大は1.4㎏。十分立派なサイズだが、稲取沖にはまだまだ大型がいる。狙いは2㎏オーバー

大型こそ手にできなかったものの4匹キャッチで大満足

小型ながらウレシイ本命。丸ごと塩焼きにいいサイズ。アカムツの塩焼きは絶品だ

1.4㎏級を2匹ゲット! 最高のお土産だ

この日は戦中6人で12匹という釣果。ボウズも覚悟、かつては「幻」とまで呼ばれた魚だけに、大満足の結果だ

こちらはゲストの「シロムツ」こと、オオメハタ。刺身などでも意外と? おいしい

こちらもおしい高級魚、クロムツも船中5匹まじった

竿は「アルファタックル HBアカムツ230」、リールは「アルファタックル デュアルマックス500MSP」

仕掛けは胴付き3本バリ。オモリ200号

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・稲取港「安貞丸」。

アカムツ釣りの名船頭として深海マニアに名を馳せた安藤正義船長のDNAを受け継ぐ安藤雅基船長。稲取沖の水深250m前後で狙うは、アベレージ1.3~1.5㎏、大は2㎏超のビッグなアカムツだ。
モノがモノだけに「ボウズ覚悟」の釣りとなるが、ここ稲取沖では、目や耳を疑う様な「爆釣」報告があるのもまた事実。
流れぬ底潮に苦戦を強いられたこの日。食い渋りの常套である「小型中心」を免れることはできなかったものの、船中6名で0.6~1.3㎏が12匹、1.4㎏を頭にクロムツも5匹と及第点。
本格シーズンを目前に、期待が膨らむ稲取沖のアカムツだ。

以上の記事は「つり丸」2016年7月1日号の掲載記事です。

最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル