MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
メインターゲットはサバ! 相模湾ライトルアー船開幕!(浅八丸)

メインターゲットはサバ! 相模湾ライトルアー船開幕!(浅八丸)

気軽に楽しめる釣りとして人気を集めているライトルアー船が、今年もスタート。サバをメインに、ライトタックルを駆使して釣れるものは何でも釣ってしまおう! という欲張りスタイル。なんといっても魅力は短時間&低料金。サクっと釣って帰る、しかもお土産付き、という密度の高さが現代のニーズにマッチしているのだろう。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

一時は入れ食い状態もあり。手応え十分のシーズンスタートだ!

ミヨシはやる気満々のアングラーで満席! 人気の高さがうかがえる

ファミリーフィッシング、初めての船釣りにもおすすめだ

メインのサバが釣れたよ! やった!

ターゲットはマサバ&ゴマサバ。ジギング&キャスティングで楽しめる

ジグサビキスタイルならダブル、トリプル、そしてフォースの可能性もあり

ダブルヒット!

フィッシュグリップがあると安全、スピーディに暴れるサバを扱える

レンタルタックルも充実。手ぶらで楽しめる

サビキ使用もよいが、おまつりも増える。ケースバイケースで使い分けたい

ジグセレクトに迷う! これも楽しみのひとつだ

ジグは40〜60gがメインウエイト。初期は80gなど、重めのものを用意してもよい

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・平塚港「浅八丸」。

GW初日からスタートした平塚「浅八丸」にて同船取材を敢行。
「今期初めてだからちょっと不安はあるけど、まあ、模様はあるし、大丈夫だと思うよ」と話す、石井信幸船長。
幕開けだけに群れをキャッチするのに手間取るかも、という懸念はあったが、そんな心配はあっという間に吹き飛んだ。
メインターゲットのサバは、開始早々に型が出た。その後も良型のウルメイワシをまじえて順調に釣れ続き、一時は入れ食い状態もあり。手応え十分のシーズンスタートとなった。
「これからがシーズン本番だからね。7月くらいまではほぼサバが中心だけど、それ以降はシイラやワカシなんかも入って賑やかになるよ」と船長。ジギングだけでなくキャスティングも楽しめるようにもなる。右肩上がりが期待できるライトルアー船、要注目だ!

以上の記事は「つり丸」2018年6月1日号の掲載記事です。

関連記事
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
東京湾・冬期のシーバスゲームは、イワシを追いかけているシーバスの群れを釣るので、確実に数釣りが楽しめる。手軽だけどじつは奥が深い。この魅力をぜひ体験してほしい。
最新記事
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
究極の耐久性能を実現した小型スピニングリール「ITXカーボンスピニングリール」ITX-3000H
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル