MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
寺泊沖のマダイ、夜ムギイカ&スルメイカ開幕(第一・第五なかくに丸)

寺泊沖のマダイ、夜ムギイカ&スルメイカ開幕(第一・第五なかくに丸)

5月1日から解禁の寺泊地域のコマセマダイがやっと好調となってきた。 一方、5月の下旬から寺泊では夜のスルメ便が出ている。パラシュートアンカーを用いた大流しの釣りで非常に人気が高い釣りものである。

大型船で楽しめる「なかくに丸」。木曜日以外の平日がオススメだ

マダイは極力コマセカゴを振らずに揺れと潮流で自然にコマセをまく

今回の沖釣りポイントは寺泊沖

マダイのポイントの水深は44m前後。例年のポイントだ。22mの高ダナで攻める。乗っ込みマダイの浮きを待つ

マダイの強烈な引きを楽しもう

ターゲットのマダイが顔をだした

このサイズは小さいほうだ

今井利彦さんは2.8㎏の良型キャッチ

澤井栄一さんは仕掛けの工夫で5.2㎏をキャッチ

このサイズがアベレージ。2㎏オーバーが当たり前。数の上越に対して型の寺泊だ

中川貴秀船長の長男、裕貴君はお魚が大好き。船長が釣り上げた5kgオーバーのマダイにご満悦

「つり具のトミー」オリジナルのライトスルメタックル。ツノ数は3本で2セット入り。40号のホゴ型オモリを使用する。枝間を詰めて全長を短くした仕掛けはイカ釣りビギナーでも扱いやすさ抜群である

夜ムギイカ&スルメイカはまだ群れが固まっていないので今は拾い釣り

「第一なかくに丸」はライトスルメの乗合もOK。この日は右舷ノーマルタックル、左舷ライトスルメと乗り分けた

ライトスルメは仕掛けの扱いが楽なこともあってビギナーでもトラブルがない

ライトで楽々ゲット!

初チャレンジで本命を釣り上げました

今回、取材にご協力いただいたのは、新潟・寺泊港「第1・第5なかくに丸」。

「開幕当初はオキアミコマセに慣れていないため結構積極的にコマセをまきました。その甲斐あって、やっとコマセへのマダイのしつけができ上がって来たところです。乗っ込み時期と重なる今は極力コマセカゴを振らずに船の揺れと潮流で自然にコマセが出る状態にしてマダイの浮き待ちで釣っています」と話す、寺泊「第一なかくに丸」の中川貴秀船長。オキメバルの客でにぎわう寺泊にあって、5月1日からはマダイ一筋の出船を行う研究熱心な若き船長だ。
今期寺泊のマダイのレコードは7㎏オーバーである。乗っ込み期と秋の落ちの時期は超大型マダイとの遭遇確率がアップする。取材の翌週のプライベートでの乗船時にドラグをかなり絞め込んだ状態から6号ハリスを根ズレするまで出されて切られてしまった。
今まで体感した事のないトルクフルな引きであった。マダイであれば10㎏クラスであったと思う。一発の型狙いを希望される方にこそ寺泊をお勧めだ。
5月の下旬から寺泊では夜のスルメ便が出ている。
「まだ群れが固まっていないので今は拾い釣りの様相ですが、例年6月中旬からは群れが固まりますので釣れ始めれば入れ食い状態になります。また、『つり具のトミー』のオリジナル仕掛けである『ライトスルメ』も同乗可能。予約時に確認して下さい」と中川船長。
これから8月のお盆ころまで、寺泊地域は鏡の様な水面のベタ凪ぎの日が多くなる。沖釣りデビューにもってこいの時機到来である。

以上の記事は「つり丸」2016年7月1日号の掲載記事です。

関連記事
飯岡沖のテンヤマダイが、まずまずの好調を継続。今回の取材は飯岡港「梅花丸」で12月に敢行。釣り方が合った釣り人は連発もあり、トップはキロ弱までのサイズを8枚釣り上げた。
富岡沖のカレイ釣りは、根周りカレイ釣り。つまり、カレイ五目釣りだ。富岡沖周辺は、1月2月はナメタガレイが本命。ポイントは近年手付かずのところばかり。思わぬゲスト、大釣り、大ナメタも期待!
駿河湾・沼津沖は、西から回遊してくるタチウオの大きな群れがたまり、一人100本釣りなんてことも過去に珍しくない。夜が苦手な人には、湾内の大アジ釣りがオススメ。沼津沖はこの冬にはかかせない釣り場だ。
寒さはいよいよ本格化して厳寒期に突入する。そんな状況ながらサイズがいいのが現在の特徴だ。上がってくるフグはいずれも30㎝オーバーばかり。鹿島沖のショウサイフグは水温10度切るぐらいまで釣れ続く。
鹿島沖のヒラメが絶好調!数はもちろん、大判の「座布団ヒラメ」も出現中!釣行日前半は、毎回の流しのたびに船中で連発ヒラメフィーバー。トップは7枚まで一気に数を伸ばし、平均5枚の爆釣ぶり。
最新記事
飯岡沖のテンヤマダイが、まずまずの好調を継続。今回の取材は飯岡港「梅花丸」で12月に敢行。釣り方が合った釣り人は連発もあり、トップはキロ弱までのサイズを8枚釣り上げた。
ファスナーの動きをよくするメンテナンススプレー「ファスナーするするスプレー」
全国的に人気のラバージグを使ったタイラバゲーム。ここでは希少な外房のタイラバ船、御宿岩和田港「長栄丸」でのタイラバゲームを紹介。エキサイティングな季節が到来する岩和田沖の釣り。ぜひ挑戦してほしい。
冬の相模湾、ホウボウゲームが面白い!エサ釣りと同船して楽しむのが相模湾スタイルだが、ここではテクニカルなライトジギングの基本タックル、ヒットジグ、テクニックなどを紹介する!
鹿島沖のワラサが好調だ。しかも今期のワラサは丸々と太っている個体が多く、腹周りの身は真っ白で、大変美味。巻きさえ合えば、ビギナーでも連続ヒットあり!鹿島沖のワラサは群れも多いので、今後も期待だ!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読