MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
寺泊沖のマダイ、夜ムギイカ&スルメイカ開幕(第一・第五なかくに丸)

寺泊沖のマダイ、夜ムギイカ&スルメイカ開幕(第一・第五なかくに丸)

5月1日から解禁の寺泊地域のコマセマダイがやっと好調となってきた。 一方、5月の下旬から寺泊では夜のスルメ便が出ている。パラシュートアンカーを用いた大流しの釣りで非常に人気が高い釣りものである。

大型船で楽しめる「なかくに丸」。木曜日以外の平日がオススメだ

マダイは極力コマセカゴを振らずに揺れと潮流で自然にコマセをまく

今回の沖釣りポイントは寺泊沖

マダイのポイントの水深は44m前後。例年のポイントだ。22mの高ダナで攻める。乗っ込みマダイの浮きを待つ

マダイの強烈な引きを楽しもう

ターゲットのマダイが顔をだした

このサイズは小さいほうだ

今井利彦さんは2.8㎏の良型キャッチ

澤井栄一さんは仕掛けの工夫で5.2㎏をキャッチ

このサイズがアベレージ。2㎏オーバーが当たり前。数の上越に対して型の寺泊だ

中川貴秀船長の長男、裕貴君はお魚が大好き。船長が釣り上げた5kgオーバーのマダイにご満悦

「つり具のトミー」オリジナルのライトスルメタックル。ツノ数は3本で2セット入り。40号のホゴ型オモリを使用する。枝間を詰めて全長を短くした仕掛けはイカ釣りビギナーでも扱いやすさ抜群である

夜ムギイカ&スルメイカはまだ群れが固まっていないので今は拾い釣り

「第一なかくに丸」はライトスルメの乗合もOK。この日は右舷ノーマルタックル、左舷ライトスルメと乗り分けた

ライトスルメは仕掛けの扱いが楽なこともあってビギナーでもトラブルがない

ライトで楽々ゲット!

初チャレンジで本命を釣り上げました

今回、取材にご協力いただいたのは、新潟・寺泊港「第1・第5なかくに丸」。

「開幕当初はオキアミコマセに慣れていないため結構積極的にコマセをまきました。その甲斐あって、やっとコマセへのマダイのしつけができ上がって来たところです。乗っ込み時期と重なる今は極力コマセカゴを振らずに船の揺れと潮流で自然にコマセが出る状態にしてマダイの浮き待ちで釣っています」と話す、寺泊「第一なかくに丸」の中川貴秀船長。オキメバルの客でにぎわう寺泊にあって、5月1日からはマダイ一筋の出船を行う研究熱心な若き船長だ。
今期寺泊のマダイのレコードは7㎏オーバーである。乗っ込み期と秋の落ちの時期は超大型マダイとの遭遇確率がアップする。取材の翌週のプライベートでの乗船時にドラグをかなり絞め込んだ状態から6号ハリスを根ズレするまで出されて切られてしまった。
今まで体感した事のないトルクフルな引きであった。マダイであれば10㎏クラスであったと思う。一発の型狙いを希望される方にこそ寺泊をお勧めだ。
5月の下旬から寺泊では夜のスルメ便が出ている。
「まだ群れが固まっていないので今は拾い釣りの様相ですが、例年6月中旬からは群れが固まりますので釣れ始めれば入れ食い状態になります。また、『つり具のトミー』のオリジナル仕掛けである『ライトスルメ』も同乗可能。予約時に確認して下さい」と中川船長。
これから8月のお盆ころまで、寺泊地域は鏡の様な水面のベタ凪ぎの日が多くなる。沖釣りデビューにもってこいの時機到来である。

以上の記事は「つり丸」2016年7月1日号の掲載記事です。

関連記事
毎年、夏にもヒラメを狙える貴重な釣り場、銚子沖が秋を迎えても絶好調だ。銚子外川港の「福田丸」では連日トップ15枚を超え、20枚を超える日も!今後は、まだ計画段階だが超美味な深場の新ターゲットも開拓予定というからこちらも楽しみだ!
更新: 2019-10-23 07:00:00
いろいろな美味しい魚が狙える茅ヶ崎港「沖右ヱ門丸」のLT五目。季節によって、並ぶ顔ぶれが変わり、現在は秋の回遊魚イナダが絶好調!トップ30匹以上釣れる日が続いており、大型クーラーが満タンになることも珍しくない状況だ。
更新: 2019-10-21 07:00:00
東京湾の走水沖は速い潮に揉まれて美味な大アジが育つ海。そこで40㎝オーバーの瀬付きアジを狙って出船しているのが、走水港の「吉明丸」。10月から11月はベストシーズン。魚屋には出回らない特別な大アジを釣りに出かけよう。
更新: 2019-10-20 07:00:00
伊豆のコマセマダイ専門船として有名な下田柿崎「兵助屋」では秋ダイシーズンに突入中だ。ここ南伊豆沖はマダイポイントは広範囲にあり、風向きによって釣り分けることができる恵まれた海域なのだ。「秋のコマセマダイ基本講座」掲載!
更新: 2019-10-19 07:00:00
沼津沖、湾内のコマセ釣りマダイが高活性。湾内でも超一級ポイントで知られる平根を船宿の目前にする久料「魚磯丸」では、良型マダイをメインに数釣り中。今後はカンパチやワラサなど五目も楽しめる!「秋のコマセマダイ基本講座」掲載!
更新: 2019-10-18 07:00:00
最新記事
ポケットに入れられるPE対応ハサミ「セーフティーシザース」
更新: 2019-10-23 12:00:00
毎年、夏にもヒラメを狙える貴重な釣り場、銚子沖が秋を迎えても絶好調だ。銚子外川港の「福田丸」では連日トップ15枚を超え、20枚を超える日も!今後は、まだ計画段階だが超美味な深場の新ターゲットも開拓予定というからこちらも楽しみだ!
更新: 2019-10-23 07:00:00
東京湾のサワラゲームが絶好調で開幕した。今シーズンは数もサイズも良く、こんなチャンスはなかなかない!という状況。サワラゲームのタックルはシーバス用の延長でOK!手軽なタックル&テクニックで楽しめるので、ぜひチャレンジしていただきたい。
更新: 2019-10-22 07:00:00
手にしやすいアカムツ専用ロッド登場「アカムツX」S210/М210
更新: 2019-10-21 12:00:00
いろいろな美味しい魚が狙える茅ヶ崎港「沖右ヱ門丸」のLT五目。季節によって、並ぶ顔ぶれが変わり、現在は秋の回遊魚イナダが絶好調!トップ30匹以上釣れる日が続いており、大型クーラーが満タンになることも珍しくない状況だ。
更新: 2019-10-21 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読