MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
色々釣れる茅ヶ崎沖のマダイ五目! 多彩なゲストも(沖右ヱ門丸)

色々釣れる茅ヶ崎沖のマダイ五目! 多彩なゲストも(沖右ヱ門丸)

湘南のシンボル烏帽子岩。そのホンのちょっと沖では多彩なゲストを従えてマダイを狙うことができる。5月下旬現在良型マダイはちょっと休憩モード? といった感じだが、600g~1㎏サイズが釣れている。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

鳥帽子周りの浅場で引きも強烈! お土産いっぱいゲットだー!!

ポイントは烏帽子岩周り。まさに湘南の釣りといった雰囲気だ

水深はポイントの浅場の20〜50m中心

何が釣れるかわからない! 五目釣りの楽しさだ

マダイは600g〜1㎏前後主体に釣れている。大型のバラシもあるぞ!

小型ながら大本命のマダイ。ウレシイ!

スズキまで食ってきた

クロダイも多く、力強い引きを楽しませてくれる

大きなカワハギもゲット

いろいろ釣れるのは楽しいね!

お土産多彩なのがウレシイ!

コマセはアミコマセを使用。さまざまな魚が集まってくる

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・茅ヶ崎港「沖右ヱ門丸」。

ゲストはクロダイ、メジナ、カワハギ…そして常連さんがひそかに楽しみにしている脂ノリノリの旬の大型イサキなどなど。取材日当日はスズキも釣れ上がった。
どうやらイサキは短期間の限定らしく、姿を消している可能性も大きいようだが、釣れていればいいお土産になる。たとえイサキが釣れなくても、マダイは上昇傾向。
「マダイがだんだん浅場で食うようになります。20mくらいでも食うようになりますよ」と話す、マダイ船担当の木村康弘船長。
ゲストが豊富ということはエサ取りも…ということで、好釣のコツは「マメな手返しと上からのタナ取り」だという。
エサ取りをかわしてマダイを掛ければ、20mそこそこでの引きの強烈さは想像に難くない。
個人的にもっともオシャレなマダイ釣り場!? と思う茅ヶ崎沖で、湘南マダイの引きに痺れたいものだ。

以上の記事は「つり丸」2016年7月1日号の掲載記事です。

関連記事
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
最新記事
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。
新ブランドから8本編組PEライン登場「ROOTS PE×8」4月発売予定。
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル