MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
エビでタイならぬカニでタコを釣る【東京湾・竹岡沖~大貫沖】

エビでタイならぬカニでタコを釣る【東京湾・竹岡沖~大貫沖】

夏の東京湾の代表的なターゲットであるマダコ。初心者でも竿頭になることが珍しくないのがマダコ釣り。今年も開幕からまずまずの好釣果が記録され、沸きが良さそうだ。伝統的な独特の釣趣と絶品の味を楽しもう!

perm_media 《画像ギャラリー》エビでタイならぬカニでタコを釣る【東京湾・竹岡沖~大貫沖】の画像をチェック! navigate_next

江戸前のマダコは、まさに旬のターゲット

東京湾のマダコは激ウマ! この1杯だけでも、お土産には十分だ。

今回、取材にご協力いただいた千葉・浦安「吉久」。大型マダコを大量捕獲するべく、いざ出陣!

目下のポイントは竹岡沖から大貫沖の水深15~20m。いい日にはトップ7~8杯という釣果もある。そして、2~3㎏の大型の釣果も目立っている。
東京湾のマダコの釣期は8月いっぱい頃まで。まだまだこれからが本番だ!

直接糸を持つ「手釣り」で仕掛ける

タコテンヤ、手釣り用の糸、釣れたタコを入れるネット。この三つがタコ釣り道具の3点セット。

今回使われたタコテンヤとエサのカニ。

東京湾での釣り方は、渋糸と呼ばれる道糸を直接手に持ってアタリを取る「手釣り」だ。糸の先にはマダコの好物のカニを括りつけたテンヤを結び、それを海底に送り込むのだ。

マダコはひたすら小突いて小突いて小突いて釣るべし!

小突きを制するものはマダコを制す。コレ本当!

マダコは一日飽きずに小突いて釣る。鋭いアワセや反射神経は釣果を左右しない。コツコツコツと小突いていると、リズミカルに動いていたテンヤが押さえ込まれ、そこからマダコとの駆け引きが始まる。さらに小突いてテンヤを押さえ込ませ、マダコが完全にテンヤに覆い被さったら安心だ。めったなことではテンヤを離さない。ここまできて、初めてグイッと大きく渋糸を手繰り、テンヤに被さってるマダコをズラしてハリに掛ける。
マダコ釣りは技術ではなく忍耐。とにかく、小突き続けること。それが出来るかで、勝負は決まる。

爆釣!大ダコ2杯が同時に暴れる様は、まるで宇宙人のようで圧巻!

やってやったぜ、2kg級がダブルヒット! 歓喜の瞬間だ。

向かったポイントは竹岡沖。朝一番の流しでは、上げ潮が速く釣りづらい。そこで、すぐにポイントを移動。少し浅いところで釣り始めると、船中のあちこちでマダコが上がりはじめた。クライマックスは胴の間で、2kgクラスの大型マダコのダブルヒットだ。大ダコが2杯同時に暴れる姿はまるで宇宙人のようで圧巻だった。

以上の記事は「つり丸」2012年7月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
勝浦沖のヤリイカが急上昇!ようやく本格化した!ヤリイカは全てジャンボ級でパラソル級オンリー!乗り味抜群速い潮と小サバを避けて爆乗りだ!
「つり丸・4月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・飯岡沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
最新記事
今回の取材先は内房富浦の「酒井丸」。少人数での仕立て&メニュー豊富な釣り物が人気の船宿だ。当日は「エビメバルとイサキのリレー釣り」で出船!特大アマダイも飛び出した!
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル