MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
エビでタイならぬカニでタコを釣る【東京湾・竹岡沖~大貫沖】

エビでタイならぬカニでタコを釣る【東京湾・竹岡沖~大貫沖】

夏の東京湾の代表的なターゲットであるマダコ。初心者でも竿頭になることが珍しくないのがマダコ釣り。今年も開幕からまずまずの好釣果が記録され、沸きが良さそうだ。伝統的な独特の釣趣と絶品の味を楽しもう!

江戸前のマダコは、まさに旬のターゲット

東京湾のマダコは激ウマ! この1杯だけでも、お土産には十分だ。

今回、取材にご協力いただいた千葉・浦安「吉久」。大型マダコを大量捕獲するべく、いざ出陣!

目下のポイントは竹岡沖から大貫沖の水深15~20m。いい日にはトップ7~8杯という釣果もある。そして、2~3㎏の大型の釣果も目立っている。
東京湾のマダコの釣期は8月いっぱい頃まで。まだまだこれからが本番だ!

直接糸を持つ「手釣り」で仕掛ける

タコテンヤ、手釣り用の糸、釣れたタコを入れるネット。この三つがタコ釣り道具の3点セット。

今回使われたタコテンヤとエサのカニ。

東京湾での釣り方は、渋糸と呼ばれる道糸を直接手に持ってアタリを取る「手釣り」だ。糸の先にはマダコの好物のカニを括りつけたテンヤを結び、それを海底に送り込むのだ。

マダコはひたすら小突いて小突いて小突いて釣るべし!

小突きを制するものはマダコを制す。コレ本当!

マダコは一日飽きずに小突いて釣る。鋭いアワセや反射神経は釣果を左右しない。コツコツコツと小突いていると、リズミカルに動いていたテンヤが押さえ込まれ、そこからマダコとの駆け引きが始まる。さらに小突いてテンヤを押さえ込ませ、マダコが完全にテンヤに覆い被さったら安心だ。めったなことではテンヤを離さない。ここまできて、初めてグイッと大きく渋糸を手繰り、テンヤに被さってるマダコをズラしてハリに掛ける。
マダコ釣りは技術ではなく忍耐。とにかく、小突き続けること。それが出来るかで、勝負は決まる。

爆釣!大ダコ2杯が同時に暴れる様は、まるで宇宙人のようで圧巻!

やってやったぜ、2kg級がダブルヒット! 歓喜の瞬間だ。

向かったポイントは竹岡沖。朝一番の流しでは、上げ潮が速く釣りづらい。そこで、すぐにポイントを移動。少し浅いところで釣り始めると、船中のあちこちでマダコが上がりはじめた。クライマックスは胴の間で、2kgクラスの大型マダコのダブルヒットだ。大ダコが2杯同時に暴れる姿はまるで宇宙人のようで圧巻だった。

以上の記事は「つり丸」2012年7月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
駿河湾・沼津沖は、西から回遊してくるタチウオの大きな群れがたまり、一人100本釣りなんてことも過去に珍しくない。夜が苦手な人には、湾内の大アジ釣りがオススメ。沼津沖はこの冬にはかかせない釣り場だ。
寒さはいよいよ本格化して厳寒期に突入する。そんな状況ながらサイズがいいのが現在の特徴だ。上がってくるフグはいずれも30㎝オーバーばかり。鹿島沖のショウサイフグは水温10度切るぐらいまで釣れ続く。
鹿島沖のヒラメが絶好調!数はもちろん、大判の「座布団ヒラメ」も出現中!釣行日前半は、毎回の流しのたびに船中で連発ヒラメフィーバー。トップは7枚まで一気に数を伸ばし、平均5枚の爆釣ぶり。
東京湾のアジは、昨年の秋から広範囲で好調。1月前半の時点でも数釣りが継続しており好調だ。走水港「吉明丸」では走水沖〜下浦沖の広範囲を狙って、トップ40匹台、50匹台をコンスタントに記録している。
気持ちいい新年を迎えた関東周年。富浦沖は、高水温が続き、すべての魚たちが高活性!ナイスボディの個体がそろう!冬の落ちのマダイシーズンはこれから!良型マダイを求めて富浦沖へ行こう!
最新記事
駿河湾・沼津沖は、西から回遊してくるタチウオの大きな群れがたまり、一人100本釣りなんてことも過去に珍しくない。夜が苦手な人には、湾内の大アジ釣りがオススメ。沼津沖はこの冬にはかかせない釣り場だ。
東京湾のマダイをタイラバ釣法で狙う羽田「TAKEMARU」の釣果が絶好調だ!タイラバでの攻め方は、細かい情報が取れ、戦略を組み立てやすいバーチカルスタイル!ばっちり防寒して出掛けよう!!
パールカラー&ケイムラ発光のビーズ登場「ケイムラパール玉」
重郎平丸(伊豆諸島・神津島)の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
ちがさき丸(相模湾・茅ヶ崎)の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読