MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
これからがトップシーズン! 東京湾の良型シロギス(新健丸)

これからがトップシーズン! 東京湾の良型シロギス(新健丸)

東京湾のシロギスがトップシーズンを迎えようとしている。水温が上がるこれからの時期は、活発にエサを食うので数釣れやすい。狙う水深も浅くなるので、アタリは明確で引き味も抜群。一番釣りやすい季節がそこまで来ているのだ。

多少のムラはあるがサイズがよく数釣りも期待! 水温あがれば本番

当日のポイントは中ノ瀬。水深は18m前後だった

夏場は釣れる水深が浅くなるので、キャストして広範囲を探るのがベスト!

シロギスの引きは小気味よく、楽しい!

嬉しい良型のシロギス

幅広なシロギスが釣れました

一荷もある!

サイズのいいキスは、釣り味、食味とも最高だ!

今夜はコイツをアテに一杯!

丸々太った良型は、美味しそうだ!

これが東京湾のシロギスだよ

少し小振りだけど食べるにはちょうどいいサイズ

船長の了解を得て、ハモノ狙いをする人も!

思わずにんまり!

女性でも簡単に釣れるのがシロギスの魅力

釣れると楽しいね!

これはムシガレイ

30cmを超す良型のアジも掛かった

「新健丸」の仕掛けは胴付き2本バリ

エサのアオイソメは、ハリの軸に対してまっすぐ刺す

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「新健丸」。

「多少のムラはありますが、丸々と太った型のいいシロギスが釣れていますよ。もう少し水温が上がれば本番ですね」と話してくれたのは金沢八景「新健丸」の新明恵太・若船長。今年の4月から三代目船長としてデビューした売り出し中の若船長だ。
一人立ちと同時に、全長19メートル、幅4メートル、670馬力。最新鋭の装備を搭載した大型船の「第八新健丸」を就航。座席周りは広く、ゆったりと快適な釣りができる。
「今後は釣り物の幅を広げて、お客さんに楽しんで頂けるよう頑張っていきたいです」と恵太・若船長は意欲満々で話してくれた。
父親の秀幸船長と2隻態勢で、釣り人を心を満足させてくれることは間違いない。

以上の記事は「つり丸」2016年7月1日号の掲載記事です。

関連記事
茨城・波崎沖の「中深場五目」。この日は、メバル各種、小型メヌケやマダラなどでスタートも、中盤から急きょ食いが活発になり2㎏クラスのメヌケが連発。予想をはるかに上回る釣果となった。
春からの釣り物として定着した東京湾のマゴチ!金沢八景の「一之瀬丸」では2月中旬から乗合をスタート!トップ20本とか、最大は67㎝とか、いきなり最盛期並みの好釣果を連発している!
良型シマアジ&イサキをメインにマダイ、カンパチ、ウメイロなどの高級魚を狙っていく宇佐美南沖の遠征五目釣りが開幕!コマセ釣りで朝イチのシマアジ~イサキ場でお土産確保~高級五目~再度シマアジを狙う!
東京湾LTアジが絶好調だ!軽いタックル&近場のポイントで手軽に狙えるのが人気!今ならアタリが多いので、沖釣りの醍醐味を体感するには、まさに最適!さらに、アジは食べても美味しいのも魅力だ。
東京湾の湾フグの人気船宿、金沢八景「野毛屋」は高級魚トラフグ狙いの釣り人で賑わっている。そんな「野毛屋」でフグ乗合を担当し湾フグのカリスマ船長に船上のマナー“加熱式たばこ”について聞いた。
最新記事
携行に大変便利なコンパクトライト「ネック&キャップ&ヘッドライト(UVライト付き)」
東京湾ではタイラバゲームが絶好調!ずっと水深40〜50mで釣れ続けている。今後は乗っ込み大型も期待!タイラバ専門船、羽田「TAKEMARU」のタイラバゲームを紹介する。
茨城・波崎沖の「中深場五目」。この日は、メバル各種、小型メヌケやマダラなどでスタートも、中盤から急きょ食いが活発になり2㎏クラスのメヌケが連発。予想をはるかに上回る釣果となった。
春からの釣り物として定着した東京湾のマゴチ!金沢八景の「一之瀬丸」では2月中旬から乗合をスタート!トップ20本とか、最大は67㎝とか、いきなり最盛期並みの好釣果を連発している!
良型シマアジ&イサキをメインにマダイ、カンパチ、ウメイロなどの高級魚を狙っていく宇佐美南沖の遠征五目釣りが開幕!コマセ釣りで朝イチのシマアジ~イサキ場でお土産確保~高級五目~再度シマアジを狙う!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読