MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
トラクフルなファイトを満喫! タチウオジギング(渡辺釣船店)

トラクフルなファイトを満喫! タチウオジギング(渡辺釣船店)

「まだ始めたばかりで、数のほうはちょっと不安定なんですよね。ただ型はいい感じでそろっていますよ」(渡辺釣船店・田中茂生船長)人気を集める東京湾のタチウオジギング。まだか! まだか! の声に応え、先陣を切って出船を開始したのが横浜新山下「渡辺釣船店」だ。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

メーターオーバーを含め、20本を超える釣果が記録された日もある

ポイントは久里浜沖。水深は100mちょっと。指示ダナは50m〜80m

ドラゴン級は別として、レギュラーサイズは船縁まで寄せたら一気に抜きあげる!これがバラさないコツだ

数的には苦戦した取材日だったが、繊細な釣りを展開してトップ釣果を出した宇津野清さん。幅広のナイスサイズだ

エサ釣りで楽しんでいた方がキャッチした良型

大物に思わずにんまり笑顔だ

CLUEスタッフの新谷和之さんも、今期初の東京湾タチウオを満喫。しっかり良型を仕留めていた

二人で仲良くヒット! これぞ釣りの醍醐味

邪魔者扱いされることも多いサバも、食べては美味しいゲストだ

珍客のスルメイカがヒットしました!

サイズは小型でもトルクがあってパワフルなベイトリールが使いやすい

人気を集めている「CLUE」製のジグ。左が基本タイプの「BASE」、右がスピードフォールパターンに強い「ASSAULT」

沼津沖でブレイクしているタチウオテンヤもおもしろそうだ

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・新山下「渡辺釣船店」。


取材日は久里浜沖からスタート。水深は100mちょっと。指示ダナは50mから80mだった。
「浮き沈みが激しいので、PEラインのマーキングをよく覚えておいてくださいね」
とアナウンスが出た。ただ落として巻いてくるだけでドンッというイージーな展開ではなさそうだ。
それでも初期から乗船する方は気合が違う。簡単すぎるよりは面白い、とポツポツ拾っていくテクニカルな展開を楽しむ面々が多かった。
全体的に数は伸びなかったが、評判通り、良型中心の結果が得られた。
「今日はちょっと苦戦しちゃいましたけど、本番はこれからですから。濁りが入ってくれば安定してきますよ」
メーターオーバーのトルクフルなファイト、ぜひとも早めに味わうことをおすすめする。

以上の記事は「つり丸」2016年7月1日号の掲載記事です。

関連記事
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
東京湾・冬期のシーバスゲームは、イワシを追いかけているシーバスの群れを釣るので、確実に数釣りが楽しめる。手軽だけどじつは奥が深い。この魅力をぜひ体験してほしい。
最新記事
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。
新ブランドから8本編組PEライン登場「ROOTS PE×8」4月発売予定。
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル