MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
トラクフルなファイトを満喫! タチウオジギング(渡辺釣船店)

トラクフルなファイトを満喫! タチウオジギング(渡辺釣船店)

「まだ始めたばかりで、数のほうはちょっと不安定なんですよね。ただ型はいい感じでそろっていますよ」(渡辺釣船店・田中茂生船長)人気を集める東京湾のタチウオジギング。まだか! まだか! の声に応え、先陣を切って出船を開始したのが横浜新山下「渡辺釣船店」だ。

perm_media 《画像ギャラリー》トラクフルなファイトを満喫! タチウオジギング(渡辺釣船店)の画像をチェック! navigate_next

メーターオーバーを含め、20本を超える釣果が記録された日もある

ポイントは久里浜沖。水深は100mちょっと。指示ダナは50m〜80m

ドラゴン級は別として、レギュラーサイズは船縁まで寄せたら一気に抜きあげる!これがバラさないコツだ

数的には苦戦した取材日だったが、繊細な釣りを展開してトップ釣果を出した宇津野清さん。幅広のナイスサイズだ

エサ釣りで楽しんでいた方がキャッチした良型

大物に思わずにんまり笑顔だ

CLUEスタッフの新谷和之さんも、今期初の東京湾タチウオを満喫。しっかり良型を仕留めていた

二人で仲良くヒット! これぞ釣りの醍醐味

邪魔者扱いされることも多いサバも、食べては美味しいゲストだ

珍客のスルメイカがヒットしました!

サイズは小型でもトルクがあってパワフルなベイトリールが使いやすい

人気を集めている「CLUE」製のジグ。左が基本タイプの「BASE」、右がスピードフォールパターンに強い「ASSAULT」

沼津沖でブレイクしているタチウオテンヤもおもしろそうだ

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・新山下「渡辺釣船店」。


取材日は久里浜沖からスタート。水深は100mちょっと。指示ダナは50mから80mだった。
「浮き沈みが激しいので、PEラインのマーキングをよく覚えておいてくださいね」
とアナウンスが出た。ただ落として巻いてくるだけでドンッというイージーな展開ではなさそうだ。
それでも初期から乗船する方は気合が違う。簡単すぎるよりは面白い、とポツポツ拾っていくテクニカルな展開を楽しむ面々が多かった。
全体的に数は伸びなかったが、評判通り、良型中心の結果が得られた。
「今日はちょっと苦戦しちゃいましたけど、本番はこれからですから。濁りが入ってくれば安定してきますよ」
メーターオーバーのトルクフルなファイト、ぜひとも早めに味わうことをおすすめする。

以上の記事は「つり丸」2016年7月1日号の掲載記事です。

関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル