MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
外房”春マサ”シーズン! ラストスパートのヒラマサを狙う(山正丸)

外房”春マサ”シーズン! ラストスパートのヒラマサを狙う(山正丸)

外房の春マサがいよいよ終盤戦だ。例年春シーズンは2〜3㎏が主体で比較的数が出やすいことから、初心者がチャレンジしてキャッチすることも多く、それゆえ青物ルアー入門者にも最適な時期として人気が高い。

perm_media 《画像ギャラリー》外房”春マサ”シーズン! ラストスパートのヒラマサを狙う(山正丸)の画像をチェック! navigate_next

春のヒラマサは今がチャンスだ! 価値ある一尾を追い求めよう!

ジグもキャストして広範囲を探ろう

スプリンターの異名を持つヒラマサ。2〜3kgといえども引きは強く、ドラグを鳴らしてラインを引きずり出していく

山口船長の差し出すネットに無事収まった。数多くの外房ヒラマサを釣っている大澤さんも思わず笑みがこぼれる。外房のヒラマサには、それほど価値がある

テイルウォークテスターの大澤康広さんはジギングで春マサシーズンのアベレージサイズ! ロッドは「ゴーシャン」、リールは「クロシオ」シリーズ(いずれもテイルウォーク)だ

これが外房の春マサと呼ばれるヒラマサだ!

調布市深大寺のショップ「小平商店」の小平伯穂さんも良型キャッチ! タックル等の相談はぜひ

大物ラッシュは終了? しており、ワラサも姿を見せなかったが、魚はいる

潮次第ではヒラマサの期待値大だ

思わずにんまり笑顔になりました

外房の春マサシーズンはいよいよ終盤戦。憧れのヒラマサをルアーでキャッチするチャンスだ!

キャッチ&リリース

外房では、独自でバッグリミットを設けているので、必要以上の魚はリリースしよう。ただリリースは強制ではないので、もちろん持ち帰ることもOKだ。資源は有限。末永く外房のヒラマサゲームを楽しむために、ぜひご協力を!

タックルはジギングとキャスティングの最低2セット用意したい。リールは新発売のハイギア「クロシオHGX」シリーズだ

ジギングのラインはPE3〜4号が標準。リーダーは40〜80Lbを使用

ジグは100〜200gを持参しよう

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「山正丸」。

レンタルタックルのヒラマサ初挑戦者が見事に本命をキャッチすることが多いのもこの時期の特徴。
「今年は例年よりはちょっと魚が少なめのような気がしますが、今は初心者も釣りやすい時期ですので、ぜひチャレンジしてください!」と話す、大原港「山正丸」の山口徹船長。山口船長は船長であるのと同時に、バリバリのルアーアングラーでもあるので、分からないことがあればすぐに的確なアドバイスがもらえるのも嬉しい。
「山正丸」は通年ヒラマサを追い掛けているが、釣りやすい今こそぜひチャレンジしてみよう!

以上の記事は「つり丸」2016年7月1日号の掲載記事です。

関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル