駿河湾・由比沖のタチウオをエサ釣りで釣ってみよう!(神栄丸)

駿河湾・由比沖のタチウオをエサ釣りで釣ってみよう!(神栄丸)

例年よりもちょっと遅れ気味でスタートした由比沖のタチウオ。ここのタチウオは名産のサクラエビを捕食しているので、身が甘くて最高に美味しいのが特徴だ。


トップ30〜50本と絶好調! 7月に入れば涼しく快適な夜釣りも開幕

天気がよければ真正面に富士山が見える。ロケーションも最高だ

デカイ! と思ったら迷わずスタッフを呼ぼう。ギャフで取り込んでくれる。くれぐれも抜き上げないように!

当日の最大は1・45㎏! 必ずというわけではないが、出船すれば船中1~2本ぐらいの確率でこのサイズが出る。ぜひ釣ってみたい!

今後はこんな指3.5本の良型も多くなる

日中といえども水深やタナは浅いので、女性も手軽に楽しめる

6月の取材時のアベレージは指3本。小型は干物にすると最高だとか

駿河湾のタチウオは甘くてメチャクチャ美味しいと評判だ

ジグは100~120gがメイン

掛かりどころを確認し、一気に抜き上げよう。リーダーを掴んで抜きあげられればなおよい

DUOの野島麻衣さんも良型。サクラエビを捕食しているので、ピンクが入ったジグがよいという

こちらも良型! この日はフォールよりも巻き上げにヒットが多かった

トップ30~50本と好調! もちろんエサ釣りも楽しめる。7月に入ると夜も開幕する

ジギングタックルはベイトが有利。PEは0.8~1号だ

プロトのジグで良型連発!

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・由比港「神栄丸」。

例年よりもおよそ2ヵ月遅れで、ようやく由比沖のタチウオが開幕した。
由比沖のタチウオ釣りの魅力は、ひとつはその爆発力。トップ30本前後釣れていても「これじゃ、取材に来てもしょうがないよ…」と由比港「神栄丸」石原佑紀船長に言われてしまったほど。実際、トップ50本、70本なんて釣れることは珍しくなく、「神栄丸」に乗る釣り人たちもみな〝そのつもり〟なので、クーラーボックスは大型だ。
そしてもうひとつは、その味。由比沖のタチウオは名産の「サクラエビ」を食べている。身の甘みは強く、脂も乗ってメチャクチャうまいのだ。その味を求めて県外から訪れる釣り人も多く、この日はすべて神奈川と愛知からだった。その味を知ってしまうと、来ずにはいられないという。
そんな「神栄丸」では、例年7月頃からみなさんお待ちかねの「夜釣り」が始まる。
「これからの季節は日中は暑いですからね…。夜は最高に気持ちいいですよ! 7月に入れば型もよくなり、エサもバッチリ釣れるようになります」と、石原船長は話してくれた。

神栄丸流仕掛けは1本バリ。シンプルな仕掛けで駆け引きを楽しめ!

駿河湾のタチウオのエサ釣りで使用される竿は、ノーマルタックルはコマセマダイ竿のようなムーチングタイプが一般的。その理由は
「エサを動かしすぎると食いが悪くなることが多いんです」と話す、石原船長。
また最近では、PE1~2号のLTで楽しむ人も増えている。LTは2m前後の専用竿がベストで、前述の理由から6対4調子など軟らかめがおすすめだ。LTのオモリは40号前後で、潮の速さやオマツリの発生具合を見て増減させて対応したい。
ハリスはノーマルもLTも6~8号を1.5~2m。ハリ数は1本で、チモトに夜光チューブやケイムラパイプをかぶせるだけのシンプルなハリ周りが「神栄丸」流。タチウオの食いが悪いときは、夜光チューブやケイムラパイプも外してしまうほどである。さらに、駿河湾の夜釣りでよく使われる水中ライトなどの光物も必要なく、釣果にも差はないという。

タチウオのエサ釣りは基本置き竿。タナは船長が指示してくれる!

タナは船長が魚探反応を見て指示されるので、エサ釣りの場合はその指示ダナの範囲内の任意のタナに合わせ、基本は置き竿でアタリを待つ(最初はタナの下限からスタートし、アタリダナを見つけたらそこを集中的に攻めるとよい)。
アタリがなければ2~3m巻き上げ、また待つ。これを繰り返してアタリを探っていく。
竿先にアタリが出たら、タチウオに違和感を与えないようにそっと竿を手に持つ。
そしてここからが、みなさんもご存じのようにタチウオ釣りの最も難しく楽しいところ。コツコツ、ガツガツとアタリはあるものの、なかなか食い込まないのがタチウオ。食い込んだ! と思ってアワセても、なかなかフッキングしないのもタチウオ。この駆け引きが最高におもしろい。
食い込ませ方には、上へと誘い上げていくパターンと、竿の長さ分ぐらい少し送り込むパターンの大きくふたつ。どちらがいいかは状況次第。いろいろ試してみよう。
アワセのタイミングは、
「強い引きこみがあったら竿を軽く立てるだけで大丈夫です」と話す、石原船長。
おさらいすると、駿河湾のタチウオのエサ釣りの基本は、置き竿で待って、アタリがあったら竿を持ち、強い引き込みで軽く竿を立てるだけ。もの凄く単純だが、この石原船長のすすめる釣り方を行うだけで、きっと平均以上の釣果が出せるはずだ。

以上の記事は「つり丸」2014年7月15日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


魚影バツグン! 東京湾のタチウオ、今年もイケそう!(小川丸)

魚影バツグン! 東京湾のタチウオ、今年もイケそう!(小川丸)

すっかり夏の東京湾の釣り物として定着したタチウオ。昨シーズンが冬場までずっと釣れ盛っただけに、今季を危ぶむ声もあったがどうしてどうして。


高級根魚が好シーズン! アカハタ&カサゴの釣り方&仕掛け(達丸)

高級根魚が好シーズン! アカハタ&カサゴの釣り方&仕掛け(達丸)

東伊豆・伊東港「達丸」では、ゴールデンウイーク後からアカハタ・カサゴ狙いで本格的に出船している。「水温が上がって、ようやくアカハタが数釣れるようになってきました。カサゴはずっと好調です。アカハタもカサゴも、エサ釣りでも、ルアーでも狙えます」とは「達丸」の渡邉達也船長。


浅場〜深場まで広い反応!タチウオシーズンは第2ステージへ(鴨下丸)

浅場〜深場まで広い反応!タチウオシーズンは第2ステージへ(鴨下丸)

夏のまっ盛りに開幕した東京湾のタチウオ、今シーズンも魚影は濃いようで、良い日はトップ30本前後の釣果が聞こえていた。光り輝く銀色の魚体に会いに向かったのは、シーズンを通してタチウオ乗合を出船している金沢漁港の「鴨下丸」。


超当たり年だ! 銭州カンパチの仕掛け&釣り方までご紹介(龍正丸)

超当たり年だ! 銭州カンパチの仕掛け&釣り方までご紹介(龍正丸)

大物の聖地としていまもその名を全国に轟かせている銭洲。3年前にはIGFAのワールドレコードとなる74㎏の巨大カンパチもキャッチされており、まだまだそのポテンシャルの高さには定評があるフィールドだ。


超人気ルアーターゲット! 美味魚タチウオを釣る!(渡辺釣船店)

超人気ルアーターゲット! 美味魚タチウオを釣る!(渡辺釣船店)

東京湾が誇る人気ルアーターゲット、タチウオ。釣趣の良さと食味を兼ね備え、老若男女、初心者から上級者にいたるまで、幅広い層の釣り人たちから支持されている。


最新の投稿


猿島沖〜第二海堡沖のアジが絶好調! ファミリーにも(村上釣舟店)

猿島沖〜第二海堡沖のアジが絶好調! ファミリーにも(村上釣舟店)

残暑がまだまだ厳しい9月。新安浦港「村上釣船店・千代吉丸」の半日アジ船がオススメだ! 新安浦港の目の前の猿島周辺から第2海堡沖あたりがポイントとなるので、航程約10〜20分と至近距離なのがうれしい。


釣りたてカマスに金アジ! 内房・金谷沖のグルメリレー(さえむ丸)

釣りたてカマスに金アジ! 内房・金谷沖のグルメリレー(さえむ丸)

夏の金谷の風物詩、カマス・アジのリレー釣りが始まった。金谷港「さえむ丸」では、カマスはトップ30匹前後と好釣果が続いている。カマスのサイズは平均30㎝の良型、食べるにはちょうど良いサイズがそろっている。


魚影バツグン! 東京湾のタチウオ、今年もイケそう!(小川丸)

魚影バツグン! 東京湾のタチウオ、今年もイケそう!(小川丸)

すっかり夏の東京湾の釣り物として定着したタチウオ。昨シーズンが冬場までずっと釣れ盛っただけに、今季を危ぶむ声もあったがどうしてどうして。


上越沖のオキメバルは良型の数釣りが魅力だ!(第三いしなぎ)

上越沖のオキメバルは良型の数釣りが魅力だ!(第三いしなぎ)

新潟の夏は高温多湿。そんな厳しい状態であってもこの時期上越地域で非常に人気が高いのがオキメバル釣りである。


高級根魚が好シーズン! アカハタ&カサゴの釣り方&仕掛け(達丸)

高級根魚が好シーズン! アカハタ&カサゴの釣り方&仕掛け(達丸)

東伊豆・伊東港「達丸」では、ゴールデンウイーク後からアカハタ・カサゴ狙いで本格的に出船している。「水温が上がって、ようやくアカハタが数釣れるようになってきました。カサゴはずっと好調です。アカハタもカサゴも、エサ釣りでも、ルアーでも狙えます」とは「達丸」の渡邉達也船長。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読