MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
駿河湾・由比沖のタチウオをエサ釣りで釣ってみよう!(神栄丸)

駿河湾・由比沖のタチウオをエサ釣りで釣ってみよう!(神栄丸)

例年よりもちょっと遅れ気味でスタートした由比沖のタチウオ。ここのタチウオは名産のサクラエビを捕食しているので、身が甘くて最高に美味しいのが特徴だ。

トップ30〜50本と絶好調! 7月に入れば涼しく快適な夜釣りも開幕

天気がよければ真正面に富士山が見える。ロケーションも最高だ

デカイ! と思ったら迷わずスタッフを呼ぼう。ギャフで取り込んでくれる。くれぐれも抜き上げないように!

当日の最大は1・45㎏! 必ずというわけではないが、出船すれば船中1~2本ぐらいの確率でこのサイズが出る。ぜひ釣ってみたい!

今後はこんな指3.5本の良型も多くなる

日中といえども水深やタナは浅いので、女性も手軽に楽しめる

6月の取材時のアベレージは指3本。小型は干物にすると最高だとか

駿河湾のタチウオは甘くてメチャクチャ美味しいと評判だ

ジグは100~120gがメイン

掛かりどころを確認し、一気に抜き上げよう。リーダーを掴んで抜きあげられればなおよい

DUOの野島麻衣さんも良型。サクラエビを捕食しているので、ピンクが入ったジグがよいという

こちらも良型! この日はフォールよりも巻き上げにヒットが多かった

トップ30~50本と好調! もちろんエサ釣りも楽しめる。7月に入ると夜も開幕する

ジギングタックルはベイトが有利。PEは0.8~1号だ

プロトのジグで良型連発!

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・由比港「神栄丸」。

例年よりもおよそ2ヵ月遅れで、ようやく由比沖のタチウオが開幕した。
由比沖のタチウオ釣りの魅力は、ひとつはその爆発力。トップ30本前後釣れていても「これじゃ、取材に来てもしょうがないよ…」と由比港「神栄丸」石原佑紀船長に言われてしまったほど。実際、トップ50本、70本なんて釣れることは珍しくなく、「神栄丸」に乗る釣り人たちもみな〝そのつもり〟なので、クーラーボックスは大型だ。
そしてもうひとつは、その味。由比沖のタチウオは名産の「サクラエビ」を食べている。身の甘みは強く、脂も乗ってメチャクチャうまいのだ。その味を求めて県外から訪れる釣り人も多く、この日はすべて神奈川と愛知からだった。その味を知ってしまうと、来ずにはいられないという。
そんな「神栄丸」では、例年7月頃からみなさんお待ちかねの「夜釣り」が始まる。
「これからの季節は日中は暑いですからね…。夜は最高に気持ちいいですよ! 7月に入れば型もよくなり、エサもバッチリ釣れるようになります」と、石原船長は話してくれた。

神栄丸流仕掛けは1本バリ。シンプルな仕掛けで駆け引きを楽しめ!

駿河湾のタチウオのエサ釣りで使用される竿は、ノーマルタックルはコマセマダイ竿のようなムーチングタイプが一般的。その理由は
「エサを動かしすぎると食いが悪くなることが多いんです」と話す、石原船長。
また最近では、PE1~2号のLTで楽しむ人も増えている。LTは2m前後の専用竿がベストで、前述の理由から6対4調子など軟らかめがおすすめだ。LTのオモリは40号前後で、潮の速さやオマツリの発生具合を見て増減させて対応したい。
ハリスはノーマルもLTも6~8号を1.5~2m。ハリ数は1本で、チモトに夜光チューブやケイムラパイプをかぶせるだけのシンプルなハリ周りが「神栄丸」流。タチウオの食いが悪いときは、夜光チューブやケイムラパイプも外してしまうほどである。さらに、駿河湾の夜釣りでよく使われる水中ライトなどの光物も必要なく、釣果にも差はないという。

タチウオのエサ釣りは基本置き竿。タナは船長が指示してくれる!

タナは船長が魚探反応を見て指示されるので、エサ釣りの場合はその指示ダナの範囲内の任意のタナに合わせ、基本は置き竿でアタリを待つ(最初はタナの下限からスタートし、アタリダナを見つけたらそこを集中的に攻めるとよい)。
アタリがなければ2~3m巻き上げ、また待つ。これを繰り返してアタリを探っていく。
竿先にアタリが出たら、タチウオに違和感を与えないようにそっと竿を手に持つ。
そしてここからが、みなさんもご存じのようにタチウオ釣りの最も難しく楽しいところ。コツコツ、ガツガツとアタリはあるものの、なかなか食い込まないのがタチウオ。食い込んだ! と思ってアワセても、なかなかフッキングしないのもタチウオ。この駆け引きが最高におもしろい。
食い込ませ方には、上へと誘い上げていくパターンと、竿の長さ分ぐらい少し送り込むパターンの大きくふたつ。どちらがいいかは状況次第。いろいろ試してみよう。
アワセのタイミングは、
「強い引きこみがあったら竿を軽く立てるだけで大丈夫です」と話す、石原船長。
おさらいすると、駿河湾のタチウオのエサ釣りの基本は、置き竿で待って、アタリがあったら竿を持ち、強い引き込みで軽く竿を立てるだけ。もの凄く単純だが、この石原船長のすすめる釣り方を行うだけで、きっと平均以上の釣果が出せるはずだ。

以上の記事は「つり丸」2014年7月15日号の掲載記事です。

関連記事
「浅場に移動します」250mラインの小メヌケが一段落し、鈴木船長の決断は「最後はオキメバル」高水温に開始直前付近で発生した地震が追い討ちを掛け、好機に渋ったオキメバル。仕切り直しで有終の美を飾れる!?
更新: 2019-03-25 07:00:00
駿河湾焼津沖のタチウオが終盤戦。サイズも数もとにかく絶好調! 指3〜3.5本あるので刺し身や炙りで食べるにはちょうどいいサイズ。大型となると1㎏を超えで日に何本かまじっていて、数についてはトップ80本を超えるような日もあるんだとか。
更新: 2019-03-15 07:00:00
駿河湾の最奥部、沼津沖千本浜前でタチウオが絶好調に釣れている。釣り方は、エサ釣りはテンビン使用の1本バリ仕掛け、またはテンヤ釣り。ルアーはジギングが主流。つまり、どんな釣り方でもOKなのだ。
更新: 2019-03-07 12:00:00
利島沖では、4㎏以上の大型ハタがアベレージ。釣り方はヒラメ釣りで使うイワシエサの泳がせ、またはジギング。2月半ば、南伊豆弓ヶ浜港「惠丸」からこの大型ハタを釣るために良川福一船長秘蔵のポイントを目指す。
更新: 2019-02-22 12:00:00
相模湾・平塚沖〜大磯沖で楽しむ、高級魚ホウボウ釣り!テクニカルで面白さも想像以上で、しかも美味しいときたら、ハマる人も多い。ジグは主に30〜40gを使用。フックはアシストのみで楽しめる。
更新: 2019-02-06 07:00:00
最新記事
「浅場に移動します」250mラインの小メヌケが一段落し、鈴木船長の決断は「最後はオキメバル」高水温に開始直前付近で発生した地震が追い討ちを掛け、好機に渋ったオキメバル。仕切り直しで有終の美を飾れる!?
更新: 2019-03-25 07:00:00
数釣りが楽しいターゲットといえば、イサキはハズせない。南房エリアのイサキの型は22~35㎝前後。25~30㎝級中心に、いわゆる「南房サイズ」の35㎝オーバーの大型もまじって釣れている。多点掛け連発を楽しもう!
更新: 2019-03-24 12:00:00
剣崎沖では、毎年4~6月頃は乗っ込みの大型マダイに沸き人気を集めている。仕掛けは片テンビン仕掛け。中型テンビンに2mm径のクッションゴムを1m、ハリスは3~5号10~12m。ビシはステン缶、プラビシ共にLの80号。
更新: 2019-03-24 07:00:00
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読