MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
夏ビラメは浅場でカンタン数釣り! ビギナー入門最適(清勝丸)

夏ビラメは浅場でカンタン数釣り! ビギナー入門最適(清勝丸)

飯岡沖のヒラメ釣りが6月から始まっている。この魚は秋から冬の魚のイメージがあるが、実は夏が一番活性が高い時期。浅場で活発にベイトを追うフィッシュイーターであるため、ヒットすれば、高確率で釣りあげることができるのだ。

perm_media 《画像ギャラリー》夏ビラメは浅場でカンタン数釣り! ビギナー入門最適(清勝丸)の画像をチェック! navigate_next

朝一のゴールデンタイムを逃すな! タナは底から50cm上キープ!

ポイントは飯岡港の真沖。誘いの動作は、生きエサなので常にゆっくりと行おう。アタリが少なくなったときに効果がある

ポイントの水深は10m前後。ベイトは小アジだった

朝いちはヒラメもゴールデンタイム。集中してスレ知らずの個体をキャッチしよう

1㎏前後の個体は、好奇心も旺盛で元気もいい。食べてもおいしい

手持ち竿でマメにタナをとるとさらにアタリが増える

ヒラメは、抜き上げはせずに必ず、タモですくってもらう

夏のヒラメはベイトが集まるところに群れていることが多い。誰かにヒットしたらチャンスだ

ポイントの水深は浅い。電動リールもよいが、手巻きリールでも十分だ

濁り潮には、ケミホタルなどの発光アピールグッズや反射版などの光物などの集魚アイテムも効果大

エサはマイワシ。数に限りがあるので大事に扱おう。孫バリは必須。慣れない人は孫バリはトレブルフックがオススメ

下船後には弁当とお茶がもらえる

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・飯岡港「フィッシング倶楽部 清勝丸」。

「夏は飯岡港真沖の浅場を中心に攻めています。水色が濁る時期でもありあますからね。浅場の根周りを中心に狙ってます。1㎏前後のヒラメの数釣りが期待できますが、ドカンっと大ビラメもまじりますので、油断しちゃだめですよ」と話す、飯岡港「フィッシング倶楽部 清勝丸」の熱田純一船長。
釣り方は基本的なイワシの泳がせ釣り。仕掛けもオモリもエサも冬とは変わらない。異なることは、水深が浅く、魚の活性が高いこと。だから、ヒラメ釣り入門には最適という。
タナは、底からオモリを50㎝上げるだけ。やる気あるヒラメはイワシを一気に食うが、早アワセは禁物。「ガツガツガツ」とアタリが出たら、道糸をあまり送り込まず、そのままじっとその状態で耐える。「グン、グンッ」と明確な強い引き込みが来たら、竿をスーっと上へ上げて聞きアワセしよう。大きなアワセはいらない。
夏のヒラメ釣りはまだ始まったばかり。数釣りを経験して、アタリからアワセの感覚をここで覚えてみてはいかが。

以上の記事は「つり丸」2014年7月15日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル