MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ワラサとマダイをリレー釣りだっ!【剣崎~城ヶ島沖】

ワラサとマダイをリレー釣りだっ!【剣崎~城ヶ島沖】

史上最速と言えるほどの早い釣れ出しを見せた今シーズンの剣崎沖。2カ月を経た今でも、小移動しながらも相変わらずの釣れっぷりを見せている。ときにイナダサイズ主体だったり、ワラサ主体だったりと、一概に「今年はこう!」と断言できない釣れ方をしているのがこれまでの特徴だ。

ワラサの場所でマダイを狙って釣る!

開始2流し目にヒットしたのはまぎれもないワラサだった。「松輪瀬は数は多くないけど、アタるとこのサイズだよ」(角田船長)。

ポイントは剣崎沖松輪瀬から城ヶ島沖にかけて。「城ヶ島沖もコマセをまけば釣れるよ」(船長)。剣崎沖は外から入ってくる魚を止める関所でもあり、湾に入った魚が外に出て行くときの関所にもなる。このため、長いときは初冬まで釣れ続く。

このしなり、美しい。

「ここはマダイを釣らせてくれるからいいんですよ」と常連たちは声をそろえる。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・三崎港「角田丸」。

三崎港の「角田丸」は、ワラサとマダイのリレー釣りで出船している。
「ワラサは2時間ぐらいねらいます。釣れても釣れなくても、その後はマダイをねらっています」と角田雅弘船長は言う。
ワラサ、マダイとも釣り方が変わるという。
●ワラサ
ハリス5、6号8m。
「コマセはコマセカゴに半分くらい。最近は魚が浮かない場所でやっているのでタナは下から取っています。だいたいハリス分プラス3、4mです。ワラサねらいのときはとにかく竿を動かしていてください。コマセがずっとパラパラ出ていくような感じです。手返しは2、3分。アタリがなければスグにやり直してください」
●マダイ
ハリス3号12m。1本バリまたは2本バリ。仕掛けは二段テーパーでもOK。
「今のマダイは、コマセにつられて入ってくるマダイです。つまりワラサと一緒なんです。これは突っ込んでくるマダイなので、置きっぱなしでは釣れません。マダイを狙うものの、意識をちょっと変えてやる必要があります」
コマセは6分目入れ、タナは上から取る。ハリスの半分沈め、コマセをまきながらタナにセット。
「基本は置き竿でいいですが、細かく誘いを多めに入れてください。インターバルはワラサよりも長めで6分程度に。マメにタナを指示しますので、それに合わせてやってください。コマセがワラサよりも多めに入れるのは、待ち時間が少し長いからです」
ワラサ狙いの時よりも、ドラグは緩めに調整しておく。この時期、5㎏オーバーのマダイも珍しくない。その多くは深い場所や外から入ってきたものだという。
城ヶ島沖も今後チャンスだと言うから、このエリアも熱いぞ。

以上の記事は「つり丸」2012年9月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
更新: 2019-04-24 07:00:00
網代港「ゆたか丸」の遠征シマアジ・イサキ五目釣りがスタートした。イサキを主体に多彩なゲストが釣れる楽しさいっぱい。イサキはもとより、開幕直後の狙い目はシマアジ。強烈な引きが魅力の高級魚だ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
東京湾の元気者、カサゴ!簡単に数釣りが楽しめ、食べても美味しい!子供やビギナーにもオススメだ。夏場に向けて活性が上昇してゆくので、GWあたりにはガツガツッと元気なアタリと引きで楽しませてくれるはず。
更新: 2019-04-22 07:00:00
最新記事
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
更新: 2019-04-24 07:00:00
網代港「ゆたか丸」の遠征シマアジ・イサキ五目釣りがスタートした。イサキを主体に多彩なゲストが釣れる楽しさいっぱい。イサキはもとより、開幕直後の狙い目はシマアジ。強烈な引きが魅力の高級魚だ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
静浦、多比、久料、古宇と小さな漁港が散在する沼津地区は、午前午後と二便制のマダイ船が特徴だ。港から釣り場までは近く、移動時間がかからないため、半日船でも十分な実釣時間が確保できるのは沼津沖ならではだ。
更新: 2019-04-23 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読