MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ワラサとマダイをリレー釣りだっ!【剣崎~城ヶ島沖】

ワラサとマダイをリレー釣りだっ!【剣崎~城ヶ島沖】

史上最速と言えるほどの早い釣れ出しを見せた今シーズンの剣崎沖。2カ月を経た今でも、小移動しながらも相変わらずの釣れっぷりを見せている。ときにイナダサイズ主体だったり、ワラサ主体だったりと、一概に「今年はこう!」と断言できない釣れ方をしているのがこれまでの特徴だ。

ワラサの場所でマダイを狙って釣る!

開始2流し目にヒットしたのはまぎれもないワラサだった。「松輪瀬は数は多くないけど、アタるとこのサイズだよ」(角田船長)。

ポイントは剣崎沖松輪瀬から城ヶ島沖にかけて。「城ヶ島沖もコマセをまけば釣れるよ」(船長)。剣崎沖は外から入ってくる魚を止める関所でもあり、湾に入った魚が外に出て行くときの関所にもなる。このため、長いときは初冬まで釣れ続く。

このしなり、美しい。

「ここはマダイを釣らせてくれるからいいんですよ」と常連たちは声をそろえる。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・三崎港「角田丸」。

三崎港の「角田丸」は、ワラサとマダイのリレー釣りで出船している。
「ワラサは2時間ぐらいねらいます。釣れても釣れなくても、その後はマダイをねらっています」と角田雅弘船長は言う。
ワラサ、マダイとも釣り方が変わるという。
●ワラサ
ハリス5、6号8m。
「コマセはコマセカゴに半分くらい。最近は魚が浮かない場所でやっているのでタナは下から取っています。だいたいハリス分プラス3、4mです。ワラサねらいのときはとにかく竿を動かしていてください。コマセがずっとパラパラ出ていくような感じです。手返しは2、3分。アタリがなければスグにやり直してください」
●マダイ
ハリス3号12m。1本バリまたは2本バリ。仕掛けは二段テーパーでもOK。
「今のマダイは、コマセにつられて入ってくるマダイです。つまりワラサと一緒なんです。これは突っ込んでくるマダイなので、置きっぱなしでは釣れません。マダイを狙うものの、意識をちょっと変えてやる必要があります」
コマセは6分目入れ、タナは上から取る。ハリスの半分沈め、コマセをまきながらタナにセット。
「基本は置き竿でいいですが、細かく誘いを多めに入れてください。インターバルはワラサよりも長めで6分程度に。マメにタナを指示しますので、それに合わせてやってください。コマセがワラサよりも多めに入れるのは、待ち時間が少し長いからです」
ワラサ狙いの時よりも、ドラグは緩めに調整しておく。この時期、5㎏オーバーのマダイも珍しくない。その多くは深い場所や外から入ってきたものだという。
城ヶ島沖も今後チャンスだと言うから、このエリアも熱いぞ。

以上の記事は「つり丸」2012年9月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00 公開: 2019-02-17 12:00:00
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。
更新: 2019-02-16 12:00:00 公開: 2019-02-16 12:00:00
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00 公開: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00 公開: 2019-02-15 12:00:00
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
更新: 2019-02-15 07:00:00 公開: 2019-02-15 07:00:00
最新記事
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00 公開: 2019-02-17 12:00:00
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。
更新: 2019-02-16 12:00:00 公開: 2019-02-16 12:00:00
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00 公開: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00 公開: 2019-02-15 12:00:00
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
更新: 2019-02-15 07:00:00 公開: 2019-02-15 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読