MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
キメ手は白いオモリのカットウ仕掛け! ショウサイフグ(幸栄丸)

キメ手は白いオモリのカットウ仕掛け! ショウサイフグ(幸栄丸)

いまや年間を通じて良型のショウサイフグが楽しめる鹿島沖に、絶好シーズンが到来。30㎝前後の大型がトップで50匹近く。ビギナーでも20〜30匹くらい釣れているのだ。

perm_media 《画像ギャラリー》キメ手は白いオモリのカットウ仕掛け! ショウサイフグ(幸栄丸)の画像をチェック! navigate_next

キョーレツな引きもこの釣りの醍醐味! 大型メインで数もまとまる

アワセのタイミングが合うと魚の頭部付近にハリが掛かり、遅いと尾付近に。この掛かり方を見てアワセを調節しよう

まるまるとした良型ゲット!

メインターゲットを釣れて一安心

アタリが遠い時は、キャストして広範囲を探るのがセオリーだ

ガマガエル級は、取り込むまで気を許せないスリリングなファイトが楽しめる。巻き上げは一定のスピードで行おう

本命ショウサイフグ釣れました

少し小振りだけど食べるにはちょうどいいサイズ

乗っ込みシーズン到来!

今夜はコイツをアテに一杯!

良型サイズゲット!

ゲストが多彩な鹿島沖

イシガレイがあがった

ロッドは7:3調子で、全長は1.8m前後。リールは、小型電動が最近多い。道糸はPE1号前後だ

「幸栄丸」のオリジナル仕掛けは、遊動式のエサバリだからエサを付けやすい

アオヤギは縫い刺すようにたっぷり付ける。8月までは白いオモリが有利

フグ取扱者の免許を持つ仲乗りの梅林将人さんが船上で棒身にさばいてくれるので安心

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島港「幸栄丸」。

「6〜8月にかけては、産卵期のためフグがそろいますからね。今期も例年通りの釣れっぷりで数もまとまるし、ガマガエル級の特大フグもいるので、ファイトも楽しいですよ」と、この釣りをいち早く鹿島に導入した「幸栄丸」の小野馨船長は話す。
現在、攻めているポイントは水深15〜20mの大竹沖。砂地をメインに岩礁帯の反応も見ながら移動を繰り返して仕掛けを落としている。
砂地での釣り方は、エサのアオヤギを付けたカットウを海底付近でアピール。仕掛けが海底に着いたら、10秒おきにカットウオモリを40〜50㎝ほど跳ね上げる感じで誘い上げ、その後、オモリを超スローで海底へ戻し、その間のアタリを捉えてアワせを入れ、ハリに引っ掛ける。一方の岩礁帯は、オモリが海底まで着く間にアタリが出るので、そこで同様にアワせるのがコツだ。
「ウチではこの時期、白いカットウオモリを推奨していますよ。フグは産卵の際、腹と腹をぶつけ合うので、その習性を利用。オモリを腹に見立てているワケです」と馨船長。
このオモリ、取材時にも威力を発揮。面白いようにアタリが出ていた。
おいしいフグを釣るなら、今がチャンスですよ!!

以上の記事は「つり丸」2014年7月15日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル