MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
3kgオーバー浮上! 超大型を狙うなら今だ! キンメダイ(ほうえい丸)

3kgオーバー浮上! 超大型を狙うなら今だ! キンメダイ(ほうえい丸)

ミヨシ2番の平間さんがアブラボウズとの息詰まるバトルが繰り広げている最中、ミヨシの小野寺さんが連ねた見事な緋色に湧き上がる歓声と溜息。新島沖の夏キンメを釣る。

ダブルヒットも当たり前! 新島沖の夏キンメが今メチャ熱い!!

新島沖のキンメ。夏場は大型の期待大だ!

2〜3㎏クラスが連なって浮上!

ネットイン! この瞬間が最高にたまらない

良型キンメダイダブルゲットだ! う、嬉しい〜

3㎏オーバーのビッグワンも飛び出した

大型キンメ3匹とアコウ1匹の豪華4点掛け!

今日はお土産たくさんだー!

測ったら3kg越え! 身がパンパンだ

大型多点掛けもあるのでパワフルなタックルを。写真のリールは「コマンドZ9」

エサは「スーパーイカタン BIG」を使用した

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・下田須崎港「ほうえい丸」。

2.6㎏を頭に良型キンメ3匹と2.5㎏のアコウダイ。この時点で「本日最大」は確定と思われたが…直後の流し。
「キンメにしてはアタリが強すぎる」と表情を曇らせた秋山さんが手繰り寄せたのは、先の大型を上回る3㎏超のビッグワン。2㎏を優に超える「自己記録更新」の1匹に歓喜してからわずか3時間。再度の記録更新にテンションMAXの秋山さんを祝福する仲間達。
バッドコンディションに苦戦しつつも、新島キンメの真髄を「魅せた」土屋佑二郎船長。頼もしい三代目の姿が「ほうえい丸」との「新たな時代」を十二分に実感させた。新島沖で「最大級キンメ」がキャッチされる確立が最も高いとされるのは、今だ!

以上の記事は「つり丸」2014年7月15日号の掲載記事です。

関連記事
数釣りが楽しいターゲットといえば、イサキはハズせない。南房エリアのイサキの型は22~35㎝前後。25~30㎝級中心に、いわゆる「南房サイズ」の35㎝オーバーの大型もまじって釣れている。多点掛け連発を楽しもう!
更新: 2019-03-24 12:00:00
剣崎沖では、毎年4~6月頃は乗っ込みの大型マダイに沸き人気を集めている。仕掛けは片テンビン仕掛け。中型テンビンに2mm径のクッションゴムを1m、ハリスは3~5号10~12m。ビシはステン缶、プラビシ共にLの80号。
更新: 2019-03-24 07:00:00
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
最新記事
「浅場に移動します」250mラインの小メヌケが一段落し、鈴木船長の決断は「最後はオキメバル」高水温に開始直前付近で発生した地震が追い討ちを掛け、好機に渋ったオキメバル。仕切り直しで有終の美を飾れる!?
更新: 2019-03-25 07:00:00
数釣りが楽しいターゲットといえば、イサキはハズせない。南房エリアのイサキの型は22~35㎝前後。25~30㎝級中心に、いわゆる「南房サイズ」の35㎝オーバーの大型もまじって釣れている。多点掛け連発を楽しもう!
更新: 2019-03-24 12:00:00
剣崎沖では、毎年4~6月頃は乗っ込みの大型マダイに沸き人気を集めている。仕掛けは片テンビン仕掛け。中型テンビンに2mm径のクッションゴムを1m、ハリスは3~5号10~12m。ビシはステン缶、プラビシ共にLの80号。
更新: 2019-03-24 07:00:00
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読