沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

3kgオーバー浮上! 超大型を狙うなら今だ! キンメダイ(ほうえい丸)

3kgオーバー浮上! 超大型を狙うなら今だ! キンメダイ(ほうえい丸)

ミヨシ2番の平間さんがアブラボウズとの息詰まるバトルが繰り広げている最中、ミヨシの小野寺さんが連ねた見事な緋色に湧き上がる歓声と溜息。新島沖の夏キンメを釣る。


ダブルヒットも当たり前! 新島沖の夏キンメが今メチャ熱い!!

新島沖のキンメ。夏場は大型の期待大だ!

2〜3㎏クラスが連なって浮上!

ネットイン! この瞬間が最高にたまらない

良型キンメダイダブルゲットだ! う、嬉しい〜

3㎏オーバーのビッグワンも飛び出した

大型キンメ3匹とアコウ1匹の豪華4点掛け!

今日はお土産たくさんだー!

測ったら3kg越え! 身がパンパンだ

大型多点掛けもあるのでパワフルなタックルを。写真のリールは「コマンドZ9」

エサは「スーパーイカタン BIG」を使用した

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・下田須崎港「ほうえい丸」。

2.6㎏を頭に良型キンメ3匹と2.5㎏のアコウダイ。この時点で「本日最大」は確定と思われたが…直後の流し。
「キンメにしてはアタリが強すぎる」と表情を曇らせた秋山さんが手繰り寄せたのは、先の大型を上回る3㎏超のビッグワン。2㎏を優に超える「自己記録更新」の1匹に歓喜してからわずか3時間。再度の記録更新にテンションMAXの秋山さんを祝福する仲間達。
バッドコンディションに苦戦しつつも、新島キンメの真髄を「魅せた」土屋佑二郎船長。頼もしい三代目の姿が「ほうえい丸」との「新たな時代」を十二分に実感させた。新島沖で「最大級キンメ」がキャッチされる確立が最も高いとされるのは、今だ!

以上の記事は「つり丸」2014年7月15日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


1.5kgドラゴンも出た! ルアー&エサで楽しむ夜タチウオ(神栄丸)

1.5kgドラゴンも出た! ルアー&エサで楽しむ夜タチウオ(神栄丸)

いよいよ駿河湾に大型タチウオシーズンがやってきた! 11月下旬のアベレージサイズは指3本で、それに指4本以上がポツポツとまじる状況だった。それが、寒さが厳しくなるにつれ大型の割合がどんどん高まるのだ。


キンメがLTで手軽に…ワラサやイカ竿でOK!仕掛けご紹介(水弘丸)

キンメがLTで手軽に…ワラサやイカ竿でOK!仕掛けご紹介(水弘丸)

常連さんたちの道具を見ると、リールこそ大型だが、竿は本当に青物用。ある常連さんの竿は「バンディッド・アオモノM‐200」(シマノ)だ。本当にワラサ釣りで使う竿である。リールは、「道糸が300m巻いてあれば十分です。道糸は6号から太くても10号まで。6号がベストですね」と水野船長。道糸6号が300mって…。


遠州灘の魚影の濃さを体感!ボートアカムツ釣り(ボートクラブカナル)

遠州灘の魚影の濃さを体感!ボートアカムツ釣り(ボートクラブカナル)

浜名湖沖でアカムツ釣りを楽しめる遊漁船は意外と少ない。それがアカムツが多く居残っている理由のひとつとも考えられるが、この宝庫を目の前にしてどうしても深海のルビーを釣りたくなるのが釣り人の性。そこで、救世主的なのが浜名湖から出船している「ボートクラブ カナル」。チャーターではあるが、人数がまとまれば乗合も可能だ。


ドラグガチ締めてガンガン勝負! イカブリ仕掛け(秀正丸)

ドラグガチ締めてガンガン勝負! イカブリ仕掛け(秀正丸)

ヤリイカがいる場合、エサの確保はとても重要なので、しっかりとアタリを取れるヤリイカ専用タックルを持参するのが望ましい。1.7~1.9mほどの先調子ヤリイカ竿に、小型の電動リールを組み合わせる。オモリは80号なので、先調子気味のゲームロッドなどでもいいだろう。


スローピッチジャークで狙う! 半夜のキンメ・クロムツ(松栄丸)

スローピッチジャークで狙う! 半夜のキンメ・クロムツ(松栄丸)

「おすすめのタックルセッティングは、ラインはPE1.5号、リーダーはフロロの6号です。現在のところはエサ釣りと同船なので、メインラインは細いくても太すぎてもトラブルが多くなってしまいます。とくに太いと水切れと感度が悪くなってしまうので、一番バランスがいいのが1.5号です」


最新の投稿


ポイントは広範囲! ドラゴンまじりのタチウオジギング(渡辺釣船店)

ポイントは広範囲! ドラゴンまじりのタチウオジギング(渡辺釣船店)

「最近は浅場で釣れているんですよ。水深は20mから40mが多いかな。深場に行くこともありますけど、まずは浅場からやっていきます」と、「渡辺釣船店」の田中茂生船長。取材日は本牧沖の水深40mからスタートした。


空アワセを続けて確実に仕留める! アカメフグ仕掛け(忠彦丸)

空アワセを続けて確実に仕留める! アカメフグ仕掛け(忠彦丸)

竿は専用竿がベスト。長さは1.6〜1.8m。「湾フグ用」、「東京湾用」などという表示があるものがそれだ。「忠彦丸」の生駒船長がすすめているのはシマノ「ベイゲーム 湾フグ180」。外房や茨城海域のショウサイフグ用は、オモリ25〜30号に対応した調子なので、新しく竿を購入する際は間違わないように注意しよう。


「第10回ヤリイカ釣りバトル」 10月4日~2019年2月28日開催 参加者募集!

「第10回ヤリイカ釣りバトル」 10月4日~2019年2月28日開催 参加者募集!

10月4日~2019年2月28日に静岡県土肥港「とび島丸」で開催されている「第10回ヤリイカ釣りバトル」の参加者募集内容です。


水温が高く高活性! 外房・御宿沖は寒イサキシーズンへ(義丸)

水温が高く高活性! 外房・御宿沖は寒イサキシーズンへ(義丸)

「梅雨イサキ」や「寒イサキ」など、イサキの冠には旬の時期を付して呼ばれることが多い。夏の産卵を間近に荒食いする梅雨イサキ。厳寒期にたっぷりと脂肪を蓄えた寒イサキ。どちらも甲乙つけがたい。しかし意外と知られていないのがこの寒イサキシーズンを目前に控えた初冬のイサキだ。


アタリを見極め、アワせれば釣果UP!ショウサイフグ攻略(敷嶋丸)

アタリを見極め、アワせれば釣果UP!ショウサイフグ攻略(敷嶋丸)

ショウサイフグ釣りはアタリを取って積極的に掛けていくスタイル。竿は、専用竿の中でも長さが1.5m前後と短めのものがオススメ。短いほうがアタリが見やすいからだ。専用竿以外なら、カワハギ用の目感度重視タイプや、マルイカ用など少し軟らかめの先調子タイプがアタリが出やすい。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読