MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ヒラマサゲーム好調継続中! 気軽にチャレンジしてみよう(松鶴丸)

ヒラマサゲーム好調継続中! 気軽にチャレンジしてみよう(松鶴丸)

外房・大原沖のヒラマサジギングで最も多く釣られているのは小型が多いものの、僚船を含めた釣果ではジギングでも6〜8㎏クラス、キャスティングでは10㎏前後も姿を見せており、小型ばかりとなめていると手痛いしっぺ返しをくらう。そんな状況が続いている。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

松鶴丸では初心者でもアシストしてくれるのでビギナーでも安心 !

人気の外房ヒラマサゲーム。僚船が好ポイントに集結する

「松鶴丸」では船長見習い、民さんがアシストしてくれるので安心

いまはこのサイズのヒラマサの数釣りが例年のパターン。青物ファイトを思う存分楽しめるハズだ

ジギングではサンパクとヒラマサの両方が釣れる

サンパクとファイト中!

タモにしっかりと入るまで油断しないように

サンパクもうれいしいターゲット

トップゲームもオススメ。大型ヒラマサはもちろん、シイラやメジもまじる

表層には夏の潮を感じさせるシイラの数も多かった

近年の外房沖ではキャスティングタックルはマストアイテムともいえる。メジの気配もあるので、ぜひとも用意しておきたい

「松鶴丸」船長見習い、民さんのおすすめ定番ジグ。ツーウエイスパイキー、マサムネ、鉄ジグ各種、C-1などなど

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「松鶴丸」。

「ヒラマサは例年並み、いやそれ以上の釣果が出ていると思いますよ。4月は大型が多かったりもしましたが、5月の連休以降は、この時期ならではの2〜3㎏前後が中心ですね」
と話すのは、大原港「松鶴丸」の中村真也船長。
6月中旬、そんな大原沖の様子を伺いに実釣取材をお願いした。スタートフィッシングは大原沖の水深45mライン。前日はワラサの数がまとまったというポイントだったが、この日はサンパク(2㎏サイズのブリ)が、顔を出した程度。
大原沖の各所を転戦してから勝浦沖へと大移動。そこでようやく本命のヒラマサがロッドを絞り込んでくれた。ポツポツとアタリが続いたものの、バラシが多発! また、この日はレンタルタックルを使用した不慣れな方が多く、釣果は伸び悩んだ。
それでもレンタルタックル使用者のなかには、しっかり本命キャッチに成功した方もいた。近年ではタックルの性能向上もあり、不慣れな方でも釣果が望める。外房沖に敷居の高さを感じる方も多いようだが、出掛けてみればそんなことはない、ということに気付くはず。気軽に挑戦してみてはいかがだろう?

以上の記事は「つり丸」2014年7月15日号の掲載記事です。

関連記事
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
東京湾・冬期のシーバスゲームは、イワシを追いかけているシーバスの群れを釣るので、確実に数釣りが楽しめる。手軽だけどじつは奥が深い。この魅力をぜひ体験してほしい。
良型中心、だがテクニカルな攻略が必要とされる。そんな状況が続く東京湾のタチウオジギング。「静かなジギング」をキーワードに突破口を探ってみよう。
鹿島灘名物・青物祭り開催中!ワラサ級主体に釣果安定でジギング入門の大チャンス!サンパク~ワラサ級が大群をつくり、超連発劇を見せてくれる!
最新記事
オキメバルをもっと手軽に楽しむために開発された専用ロッド「スーパーディープクルーザー オキメバル」
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル