MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ヒラマサゲーム好調継続中! 気軽にチャレンジしてみよう(松鶴丸)

ヒラマサゲーム好調継続中! 気軽にチャレンジしてみよう(松鶴丸)

外房・大原沖のヒラマサジギングで最も多く釣られているのは小型が多いものの、僚船を含めた釣果ではジギングでも6〜8㎏クラス、キャスティングでは10㎏前後も姿を見せており、小型ばかりとなめていると手痛いしっぺ返しをくらう。そんな状況が続いている。

perm_media 《画像ギャラリー》ヒラマサゲーム好調継続中! 気軽にチャレンジしてみよう(松鶴丸)の画像をチェック! navigate_next

松鶴丸では初心者でもアシストしてくれるのでビギナーでも安心 !

人気の外房ヒラマサゲーム。僚船が好ポイントに集結する

「松鶴丸」では船長見習い、民さんがアシストしてくれるので安心

いまはこのサイズのヒラマサの数釣りが例年のパターン。青物ファイトを思う存分楽しめるハズだ

ジギングではサンパクとヒラマサの両方が釣れる

サンパクとファイト中!

タモにしっかりと入るまで油断しないように

サンパクもうれいしいターゲット

トップゲームもオススメ。大型ヒラマサはもちろん、シイラやメジもまじる

表層には夏の潮を感じさせるシイラの数も多かった

近年の外房沖ではキャスティングタックルはマストアイテムともいえる。メジの気配もあるので、ぜひとも用意しておきたい

「松鶴丸」船長見習い、民さんのおすすめ定番ジグ。ツーウエイスパイキー、マサムネ、鉄ジグ各種、C-1などなど

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「松鶴丸」。

「ヒラマサは例年並み、いやそれ以上の釣果が出ていると思いますよ。4月は大型が多かったりもしましたが、5月の連休以降は、この時期ならではの2〜3㎏前後が中心ですね」
と話すのは、大原港「松鶴丸」の中村真也船長。
6月中旬、そんな大原沖の様子を伺いに実釣取材をお願いした。スタートフィッシングは大原沖の水深45mライン。前日はワラサの数がまとまったというポイントだったが、この日はサンパク(2㎏サイズのブリ)が、顔を出した程度。
大原沖の各所を転戦してから勝浦沖へと大移動。そこでようやく本命のヒラマサがロッドを絞り込んでくれた。ポツポツとアタリが続いたものの、バラシが多発! また、この日はレンタルタックルを使用した不慣れな方が多く、釣果は伸び悩んだ。
それでもレンタルタックル使用者のなかには、しっかり本命キャッチに成功した方もいた。近年ではタックルの性能向上もあり、不慣れな方でも釣果が望める。外房沖に敷居の高さを感じる方も多いようだが、出掛けてみればそんなことはない、ということに気付くはず。気軽に挑戦してみてはいかがだろう?

以上の記事は「つり丸」2014年7月15日号の掲載記事です。

関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル