MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
トップに炸裂高活性! 相模湾シイラ釣り&タックルご紹介(庄治郎丸)

トップに炸裂高活性! 相模湾シイラ釣り&タックルご紹介(庄治郎丸)

今年の梅雨は雨がドカッと降ったかと思うと数日晴天が続く、というのを繰り返している。取材はそんな晴天が続いた日だった。シイラの活性はこの時期にしては高く、トップウォータープラグに猛然と襲いかかる姿が多数!! こうなると、相模湾のシイラは本格シーズン到来! と言っていいだろう。

perm_media 《画像ギャラリー》トップに炸裂高活性! 相模湾シイラ釣り&タックルご紹介(庄治郎丸)の画像をチェック! navigate_next

オフショルルアーゲームの入門はぜひ、このシイラから始めよう!

この日は「引き波」と呼ばれるシイラが海面付近を泳ぐことで作られる三角波がよく見られた

シイラゲームは乗船者全員で魚の姿やシイラが付く浮遊物、潮目などを見つけることから始まる

ファイトはロッドで上手に魚をいなしながら寄せて来る

「GIG」のスキッピングは、まさに逃げ惑う小魚そのもの!

アングラーズリパブリックの石井修二さんは「GIG100S」のスキッピングメソッドで良型! GIGは潜らせてよし、沈ませてよし、トップでもよしと、一本で何通りにも使える万能プラグだ

梅雨真っ只中でも晴れの日が数日続くと表面水温が上がり、シイラは高活性!

こちらもグッドサイズ! コンディションのいい魚体だ

2本目も良型シイラゲット!

船縁まで寄せても油断はできない。ここからまだ走る! 潜る!

テクニックを総動員してヒットさせた魚は最高だ

ガツンとヒットしてギューンと走ってジャンプ! シイラは力強いファイトが最高だ

トッププラグにも炸裂! これからますますおもしろくなる!

7フィート前後のキャスティングロッドと中型スピニングリールが標準タックル

ルアーはシンキング系とトップ系の両方を用意しよう

トップウォータープラグ、ジャークベイト、シンキングペンシルの3タイプは必ず用意しよう

フックは必ずバーブレス

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・平塚港「庄治郎丸」。

「いよいよですね。これからはサイズのいいシイラが増えてきます。いっそうエキサイティングになりますよ!」と話す、「庄治郎丸」5号船担当の世古勇次郎船長。メーターオーバーはもちろん、メーター20オーバー、さらには150㎝クラスにも期待したい!
さて、早くもキハダで盛り上がる相模湾。今年こそぜひチャレンジしてみたい、という人も多いことだろう。
だが、オフショアルアーゲームの入門はぜひこのシイラから。シイラゲームは、ノットやキャスティング、そしてファイトと、すべての面においてキハダゲームの基礎なのだ。

今回、石井さんが行っていたのが、シンキングペンシルの〝スキッピング〟と呼ばれるテクニック。これはカツオやキメジ、ワラサ、シイラなど、多くのフィッシュイーターに大変有効なテクニックなので、ぜひ覚えておきたい。
カツオ狙いの場合はロッドを常に上向きで操作し、派手な水飛沫を上げ続けてアクションさせると有効な場合が多いが、今回石井さんが行ったのは、ロッドを下向きにして行う方法。こうすることで、ルアーは水面下にも潜るようになるので、水面では水飛沫を上げてアピールし、潜ったときに食わせるイメージだ。状況に応じて使い分けてみよう。
シイラゲームの醍醐味は、シイラがルアーに襲いかかる瞬間が丸見えというサイトフィッシングと、ヒットした後のド派手なファイトにある。ただ、派手なジャンプや急激な走りは、バレの大きな原因でもある。
ファイト中にロッドを立てたままで派手なジャンプを楽しむのも一興だが、やはり一本はその手に収めたいもの。
そこで、石井さんにファイトのコツを教えてもらうと

「ジャンプを回避するためにはロッドは寝かせるといいでしょう。少し潜ったら、ロッドのテンションを変えずにリフトします。深く潜ってしまったら、ロッドエンドを腹に当ててリフトすると楽です」

確実に一本獲るために、ぜひ参考にしていただきたい。

以上の記事は「つり丸」2014年7月15日号の掲載記事です。

関連記事
清水「大宝丸」のタイラバを軸にしたリレー船が面白い!「奥駿河湾」タイラバ&夜タチウオ!スーパーライトゲームがそれだ!
関東近郊におけるスーパーライトジギングのメッカとなっているのが大原沖だ。大原沖の魅力は、定番の青物に加えて、高級魚のマハタが高確率で狙えることも!
東京湾のブランドアジ、金アジが根岸湾内のアジングで釣れる!今年は絶好調!ここではとても重要なタックルセッティングを中心に紹介する。
師走の必釣ターゲット、マダコ。茨城県鹿島沖では昨年に引き続き当たり年。近場の根掛かり少ない水深30m前後のゴロタ&ジャリ場に沸くマダコは餌木で攻略だ!
今期コノシロパターンゲーム絶好調!ビッグシーバスはビッグなルアーで攻略する!活況を呈している東京湾のビッグシーバスゲーム。初挑戦を考えるアングラーを対象に基本を紹介していこう。
最新記事
手軽に高級魚を多点掛け可能!深場入門にぴったりだけど本格釣果!クーラー一つでの挑戦もOK!小坪港「太郎丸」のキンメ五目が沸騰中だ!
チーム岡本2020年締めくくり!一年のラストは一発逆転を狙う超深海でも大物でもなく、静岡県伊豆多賀「千とせ丸」から少なからぬ想い入れがあるアマダイ釣りへ。
沖釣り入門に最適!コストパフォーマンス追求したオールラウンドロッド登場「ホリデーマリン」6:4調子
相模湾の定番メニューになりうる、タチウオゲームのタックルとは!?ロングランで楽しめている相模湾のタチウオジギング。エキスパート2人のタックルセレクトを中心に紹介する。
シマアジはスズキ目アジ科シマアジ属。本州以南に生息。意外に沖縄県ではあまり見られない。古くは南半球のシマアジは別種とされていたが、国内のシマアジと同種であることが判明する。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル