MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
自己記録更新を狙うなら今だ! 寺泊沖乗っ込みマダイ(作十丸)

自己記録更新を狙うなら今だ! 寺泊沖乗っ込みマダイ(作十丸)

新潟県内のマダイの沖釣り事情は、乗っ込み期の中盤にさしかかり、「数釣りの上越エリア」と「型狙いの寺泊エリア」に二極化されている。今回は5月下旬から良型マダイをコンスタントにあげている寺泊港「作十丸」五十嵐利男船長を頼りに取材した。攻めるポイントは例年良型の実績がある山田沖から落水沖のエリアである。

perm_media 《画像ギャラリー》自己記録更新を狙うなら今だ! 寺泊沖乗っ込みマダイ(作十丸)の画像をチェック! navigate_next

エサ取り魚を意識して静かにアタリを待とう! それがキーポイント

ポイントは中越・寺泊沖

乗っ込み期は派手な誘いは厳禁。置き竿が原則となるが、時化気味の日は手持ちで船の揺れを吸収し、付けエサの安定をはかろう

おっ! アタリがきたか⁉︎

今回の本命、マダイが顔をだした

6㎏の大型をゲット。使用ハリスは4号。ピンク系の装飾を施した2本バリ仕様。朝イチや曇天にはピンク系が効くらしい

落水沖に移動して一投目。良型らしいアタリが来た

タモ入れまで元気一杯な良型マダイ。最後まで気を抜けない

山下実さんは4.5㎏キャッチ

ゲストはイナダ。ほかにキジハタやウマヅラも顔を出す

最後のひと流しで貸竿の彼にアタリ。小型でもタイはタイ。嬉しい一枚

朝いちや水色が暗い場合はピンク系の装飾具が有利。オキアミは大き目のものを2匹掛けし、シルエットを大きく見せるのもいい

今回、取材にご協力いただいたのは、新潟・寺泊港「作十丸」。

船長の指示ダナからビシを5m下げ、2回ほどコマセを出して指示ダナまで巻き戻す。
今の時期のマダイは極端な誘い動作を嫌うので、基本は置き竿で魚信を待つこととなる。
シケ気味の日は手持ちで船の上下動を吸収し、ビシをできるだけ暴れさせないようにするのが大事だ。
他の留意点として、人工魚礁が点在しているのでエサ取り魚はいるものと想定し、自分のペースでコマセをまき、付けエサのチェックをマメに行おう。
また、緩すぎるドラグ調整では一気に魚礁まで走られてハリス切れの憂き目にあうこととなるので、ドラグは締め気味にしておくとよい。
このためハリスは最低でも4号とし、太めのクッションゴムを使用することでバランスを取る。
今回の実釣では新潟市の小湊勝栄さんの6㎏は山田沖で、群馬県水上町の山下実さんの4.5㎏は落水沖で、それぞれポイント到着後のひと流し目でのヒットであった。
ポイント移動後は集中して臨むことが大物との遭遇のカギのようだ。

以上の記事は「つり丸」2014年7月15日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル