MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
東京湾のアジが絶好調! 30cm超の良型連発だ!(前田丸)

東京湾のアジが絶好調! 30cm超の良型連発だ!(前田丸)

関東地方は梅雨に入っているが、東京湾のアジが順調に釣れている。取材に訪れた浦賀港「前田丸」は、周年「ビシアジ」を看板に掲げている船宿。港の真沖〜観音崎冲を状況によって攻めている。

perm_media 《画像ギャラリー》東京湾のアジが絶好調! 30cm超の良型連発だ!(前田丸)の画像をチェック! navigate_next

アタリ活発で食いが立っているときは、追い食いを狙ってみよう!

当日は浦賀沖の40〜80mを攻めた!

好調が続く東京湾のアジ。アタリが多く楽しめる!

切れしやすいアジ。確実に取り込むには、タモを使うのがオススメ

美味しいアジゲット!

良型アジ、ダブルヒット!

一荷ににっこり笑顔が出た!

35cm級の良型。当日はこのサイズが連発することもあった!

中小型のアジもとても美味しい!

刺身でもアジフライでも美味しいね

今夜はコイツをアテに一杯やろうかな

ゲストのサバも、これから脂がのって美味しくなる

ヒラメも取り込まれた。アジが掛かり、それにヒラメが食いついた!

ハリスは2号前後の2〜3本バリ。ビシは120〜130号

付けエサはアカタン。長い状態で配られるので、各自でカットする!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・浦賀「前田丸」。

取材当日、出船前に前田悦男船長から最近の状況を聞いたところ、20㎝級のやや小ぶりなサイズが多いとの話だった。
ところが、当日は深場を狙ったところ、30㎝超の良型が連発! お腹に真子、白子を抱えて、お腹がプックリとした個体が多かった。トップは60匹で、1人平均40匹前後と絶好調。これに、丸々と太ったゴマサバがまじって、乗船した皆さんがクーラーボックス満タンとなった。
さらに終了間際には掛かったアジにヒラメが食い付いて御用となるサプライズがあって、翌日には3㎏級のマダイも取り込まれた。ほかにもクロダイ、メバル、イシモチ等が釣れてくることもある。東京湾口のビシアジはゲストの期待もあるのだ。
また東京湾のアジは食べても美味。刺身、なめろう、唐揚げ、塩焼き、フライなどなど…。どのように調理しても、美味しいのは皆さんご存知のとおりだ。
ぜひ旬を迎えたアジを釣りに出掛けてみてはいかがだろうか!

以上の記事は「つり丸」2014年7月15日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル