MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
”照りゴチ”と呼ばれるマゴチの季節到来! ツ抜けもあるぞ(弁天屋)

”照りゴチ”と呼ばれるマゴチの季節到来! ツ抜けもあるぞ(弁天屋)

東京湾のマゴチ釣りが本格シーズンを迎えようとしている。夏場のマゴチは「照りゴチ」とも呼ばれ、浅場で活発にエサを追い、アタリが出やすく釣りやすい時期。ここ数年は春先から乗合がスタートし、好釣果を上げることも多いが、本番はこれれからの夏なのだ。

perm_media 《画像ギャラリー》”照りゴチ”と呼ばれるマゴチの季節到来! ツ抜けもあるぞ(弁天屋)の画像をチェック! navigate_next

東京湾はこれからが本番! 照り込んでくれば浅場でも大型ゲット!

ポイントは近場の八景沖から大貫沖など。水深は10m以浅の浅場中心

アタッた! 食い込め! 食い込め!

アワセが決まった瞬間この重量感がクセになる

型は40~50㎝前後主体に60㎝前後の大型もまじる。大型の引きは強烈!

春から好調な東京湾のマゴチだが、本番はこれから。夏の太陽の下、活発な照りゴチ釣りを楽しもう!

マゴチを連発させているのはクレハインストラクターの関 誠哉さん

潮が効いてくると、アタリが活発になり入れ食いタイムが訪れた

食いが立ってくると船長はタモ取りに忙しいほど

この日トップは9本。小型2本をリリースしたので、合計11本!

船宿仕掛けはハリス4~5号1.5m、スズキバリ17~18号。チモトにヒューズ

オモリは三日月オモリの15号を使用

エサはサイマキ。今後ハゼエサも入荷すれば使うようになる

エサ5匹は乗船料金に含まれ、このカゴに入れて配られる。追加は1匹100円

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「弁天屋」。

ここ数年数釣りに沸く東京湾のマゴチ。年々開幕が早くなり、今では春先に乗合船スタートというのが定着してきたが、やはり本番はこれからの夏。〝照りゴチ〟の季節だ。
春から好釣果が続いており、各船でトップ2桁釣果を記録することも少なくないが、それは朝から夕方まで釣りをする一日船での釣果がほとんど。しかし、この日取材で乗船した金沢八景「弁天屋」の午前船のトップはなんと11本!
正味4時間ほどの半日釣りでツ抜けしてしまったのだ。これは相当魚影が濃いようだ。これからの照りゴチシーズンはこれ以上に釣れちゃうのか!? もちろん、アタリがあっても食い込ませられるかどうかはウデ次第、前アタリから食い込むまでのプロセスが最高に楽しいのがマゴチ釣り。
魚はいる! 数あるアタリを楽しもう!!

エサは生きサイマキ。素早く丁寧にハリに刺し元気よく泳がせる!

現在「弁天屋」で使うエサはサイマキ。今後ハゼエサが入荷すればサイマキとハゼを平行して使うようになる。状況によってどちらかが食いがいい場合もあるので、両方用意してあるのはウレシイ限りだ。
サイマキもハゼも、素早くていねいにハリに刺し、元気よく海底を泳がせるのが好釣果への近道。
とくにサイマキは上手く扱わないとすぐに弱ってしまうので注意してハリに付けるよう心がけたい。
エサ付けは上のイラストの要領で。目の後方の頭の殻の下に黒っぽく見えるのは脳ミソなので、その部分にハリが当たらないように注意しよう。
エビエサの場合、ハリのチモトにヒューズオモリを巻いて、エサを安定させることも多いが、この日「弁天屋」に乗船したクレハインストラクターの関 誠哉さんはヒューズは使わないという。
「アカエビなど、遊泳力が強いエビを使うときはヒューズを巻いて、エサを沈め気味にしてもいいのですが、サイマキはそれほど泳ぎ回らないんです。だから、私はヒューズオモリは使いません」
とのこと。
潮の状況などによって、エサの安定度も変わるので、ヒューズ有り、無し、両方試してみて、アタリの出方を比べてみるのもいいだろう。

アタリからアワセまで。アタリは千差万別、食い込ませてアワせる

オモリは三日月型の15号、仕掛けはハリス1.5mが基本。この仕掛けで、オモリ着底後1m上げて待つのが基本形。エサが底付近を漂うイメージだ。
関さんは「エビが自分の足で海底を歩いているぐらいがベスト」と話す。
同じく1m底を切ったとしても、潮が速いときはエサは浮き気味に、潮が緩いときはハリスが弛み気味になる。どちらもアタリが出にくくなってしまうので、状況に応じてタナの上下、微調整をしてやろう。エサが元気なのに自分だけアタリが出ないときは、タナが合ってないかもしれない。
「前アタリから食い込むまでは、アタリの出方も時間もまちまちです」と話すのは、木村船長。
「最初のコツというアタリはエサをくわえただけ。断続的にグッ、グッというのは徐々に飲み込む途中。ここで道糸のテンションを緩めないように引き込むなりに送り込んでやる。グーッと強い引き込みがあったら、そこがアワセ時です」と話す、船長。アワセは大きくしっかりと。
アタリ活発な夏のマゴチ、数あるアタリを確実にアワせて、強い引き込みを楽しもう!

以上の記事は「つり丸」2015年7月15日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル