MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
夜スルメイカ&昼乗っ込みマダイ当たり年!(第一・第五なかくに丸)

夜スルメイカ&昼乗っ込みマダイ当たり年!(第一・第五なかくに丸)

新潟県中越の遊漁船の基地、寺泊。6月7月は、落水沖の魚礁周りで乗っ込みマダイが本格化する時期。同時に寺泊沖の夜釣りのスルメイカが開幕している。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

爆釣警報発令中! シーズンは長ければ8月半ばくらいまで続く!

5月に解禁、寺泊沖の乗っ込みマダイ! 5kgオーバー連発中!

ベタ凪ぎの日本海で釣る

落水沖のマダイポイントは魚礁の間。だから、糸を出しすぎるとラインブレイク必至。大型魚とのやり取りはテクニックが必要だ

常連でエキスパートの小林猛志さんは、宣言どおり6㎏の大ダイをキャッチ

落水沖の午前船でこの5.8㎏頭に計9枚キャッチ。今期はつ抜けもよくあるという

オスの大ダイの顔は迫力がある

大型マダイゲット!

連日絶好調! 今期の寺泊沖のマダイは当たり年!

高活性のマダイの反応がコレだ! エサ取り魚たちをも追い払うぞ!

このサイズが釣れると嬉しいね

大型マダイ爆釣り中!

午後船のラストにヒットした大ダイ

6月にスタート! 夜スルメイカ、連日束釣り釣果を記録中

ポイントは寺泊沖

この日のポイントの水深は220m。シーズンが進むにつれてポイントの水深は深くなる

活きががいいイカ釣れました!

嬉しいダブルゲットVサイン!

このスッテ仕掛けでゲットしました

やっぱり釣れると楽しいね

ルアーロッドと手巻きリールで十分です

100杯超えもザラ!

こちらもこの爆釣釣果みてください!

ブランコ仕掛けには、浮きスッテや14㎝プラヅノを使用する

今回、取材にご協力いただいたのは、新潟・寺泊港「第一・第五なかくに丸」。

さて、今期はというと、昼の乗っ込みマダイがこれまでにないほど好調だ。
「先日、半日でマダイが船中68枚、一人4〜15枚という爆釣がありました。長い間、マダイ船を担当してますが、こんなのは初めてですよ」と話す、コマセマダイにこだわる若船長、「第1なかくに丸」の中川貴秀船長。
5月に解禁した寺泊沖のコマセマダイ釣り。5月半ばから少しずつ上向き後半に一気に大型マダイが高活性化。連日2〜3㎏はもちろん5㎏オーバーの大ダイがキャッチされている。
当日も朝いちからマダイは高活性。魚探には乗っ込みマダイの反応で埋まるほどの魚影の濃さ。5.8㎏と6㎏の大ダイがみごとあがった。
一方、夜の部は、同じく6月にスルメイカ釣りがスタート。開幕当初は、今期はイカがいないのでは……、と危ぶまれたが、6月半ばにようやくムギイカとニセイカの群れが回遊。連日、束釣り釣果を記録中だ。
釣り方は5〜7本のブランコ仕掛け、もしくは、直結仕掛けでも直ブラ仕掛けでもよい。また、ひとつスッテ釣法やツノやスッテの数を少なくして軽いオモリで狙うLT釣法もオーケー。
シーズンは長ければ8月半ばくらいまで。昼マダイ&夜スルメのリレーも可能。今期の寺泊沖は激アツだぞ!!

以上の記事は「つり丸」2015年7月15日号の掲載記事です。

関連記事
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
南房・白浜沖でヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入! 群れは濃厚、誰でも数釣り!サバが多い時は一工夫で乗り切れ!今なら誰でも激アツだ!
最新記事
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
究極の耐久性能を実現した小型スピニングリール「ITXカーボンスピニングリール」ITX-3000H
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル