沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

激うまアコウ・キンメ・クロムツを狙って仕留めよう!(太郎丸)

激うまアコウ・キンメ・クロムツを狙って仕留めよう!(太郎丸)

うまい魚の代名詞、深場のアコウダイやキンメダイのシーズンが冬だと思っている方が多いと思いますが、実はこの時期、最も美味しいとツウ達が口を揃えて言うのをご存知でしたか?そんな魚をターゲットにアコウ五目で日々、相模湾の沖ノ瀬へ出船し、コンスタントな釣果を揚げているのが三浦半島小坪港の「太郎丸」だ。


乗船前にしっかり釣り方レクチャー! ベテランも入門者も楽しめる

まさに神技! 群れを直撃するように投入の合図を出す船長。取材日は順番にアタる光景を何度も見た

釣れる魚はどれもが価値ある1匹なので、確実に取り込むようタモで掬おう

どうですか? この釣れっぷり!

少し小振りだけど食べるにはちょうどいいサイズだ

深海魚は目が大きいのが特徴です!

「何が掛かるかわからないのも、この釣りの魅力ですよね」と常連サンは真剣な眼差しで竿先に出るアタリをチェック

煮付けでも美味しいキンメダイゲット

思わず笑みがこぼれる高級魚

この日は40㎝クラスのキンメに、1㎏級のクロムツ、良型のメダイが顔を出した。高級魚だけに、アタリがあったらすぐ回収したくなるが、「太郎丸」では回収の合図も船長が出す

ダブルで高級魚は嬉しいね!

脂が乗った極太サバがゲストで登場した

250号オモリが背負えるロッドに、PE6〜8号が600m巻けるリールのコンビで挑もう!

船宿ではビギナー用6本バリを用意している

エサは、サバの短冊が宿から配られる

サバの切り身は皮側から刺したチョン掛けして使おう

仕掛けの上から順序良くマグネット版にセットしてエサを付ける。合図があったらオモリを前方に軽くフィードして投入しよう

道具がなくてもレンタルタックル常備で安心の「太郎丸」。扱い方も丁寧に教えてくれるぞ

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・小坪港「太郎丸」。

「深場釣りは、敷居が高くてチャレンジしにくいと言われる方もいますが、うちではビギナーや入門者でも気軽にエントリーできるよう、レンタルタックルを用意してます。また、経験がない人には乗船前にしっかりレクチャーするので、安心して遊びに来て欲しいですよね」と高橋良至船長が話す。
ちなみに狙う水深は250〜500mと深場まで攻めるが、オモリは250号を使用。PE6〜8号が600m巻けるリールがあれば楽しめ、さらにハリ数も5〜6本と少ないのが特徴だから、本格的な深場釣りを目指す方にも練習の場として最適と言える。
釣り方は、至ってシンプル。エサを付けたハリを船べりに並べ、船長の相図でミヨシから順番に投入。底を取って5m巻き上げるだけで、激うまの魚がヒットしてくるのだ。
なお取材当日は、底潮が冷たく状況はイマイチだったが、ご覧の釣果を得た。魚はいる。まずは難しく考えずに、深場釣りにトライしてみよう!

以上の記事は「つり丸」2015年7月15日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


カツオ&キハダをコマセ釣りで釣る! サイズともに良(湘南 海成丸)

カツオ&キハダをコマセ釣りで釣る! サイズともに良(湘南 海成丸)

解禁から1ヶ月以上経った相模湾のコマセ釣りのキハダ、カツオ。最近は湾内に群れが入ってきているそうでポイントまで一時間もかからず到着。ナブラを追いかけても実釣時間充分だそうです。


活性が高ければダブルも! 東京湾のイシモチ釣り(新健丸)

活性が高ければダブルも! 東京湾のイシモチ釣り(新健丸)

秋の行楽シーズン、紅葉狩りや温泉もいいけれど、気持ちのいい洋上で「イシモチ釣り」はいかがだろう?


アベレージ20cm前後! 東京湾のシロギス釣り(荒川屋)

アベレージ20cm前後! 東京湾のシロギス釣り(荒川屋)

「落ち」のシーズンを前に、東京湾のシロギス釣りがおもしろくなっている。今回、金沢八景「荒川屋」の午前シロギス船を取材したが、その釣果はトップが51匹。同日の午後船のトップの釣果は61匹で、通しで乗った乗船客が101匹と束釣りを達成した。


一度来たらヤミツキ! 美味な走水沖の絶品アジを釣る!(関義丸)

一度来たらヤミツキ! 美味な走水沖の絶品アジを釣る!(関義丸)

周年楽しめる走水沖のブランドアジは、9月に入ると数型ともに好調で、連日トップ50匹も珍しくなかった。走水港「関義丸」の取材当日も、丸々太ったジャンボサイズであっと言う間にクーラーはズッシリ満タン。


今期は数もサイズも期待大! 東京湾タチウオ仕掛け(三喜丸)

今期は数もサイズも期待大! 東京湾タチウオ仕掛け(三喜丸)

「三喜丸」では、タックルはノーマル、ライトというシバリはないが、長時間誘い続けられるという点から、やはり軽量のライトタックルが主流。ただ、注意して欲しいことがある、と河野秀照船長は話す。


最新の投稿


茨城・平潟沖のマダラ開幕! 身肉が旨くて白子も魅力(第十五隆栄丸)

茨城・平潟沖のマダラ開幕! 身肉が旨くて白子も魅力(第十五隆栄丸)

関東最北端の港、茨城県平潟港に今年もやってきたマダラの季節。9月1日、今や多くの深場釣り師の間で常識となった「マダラは夏は身肉、晩秋以降は白子が魅力」を知らしめた「第十五隆栄丸」の鈴木和次船長.


東北のヒラメパラダイスへようこそ! 大型狙いで坊主なし(大海丸)

東北のヒラメパラダイスへようこそ! 大型狙いで坊主なし(大海丸)

仙台湾の秋を代表する釣り物といえばヒラメ。初夏のシーズンインから初冬まで続き、秋が最盛期となる。特に南部の亘理沖はヒラメのポイントが水深20〜50mのラインに広がり、ベイト豊富で魚影は抜群。塩釜や名取閖上の釣り船も、ヒラメ釣りには亘理まで走ってくることもある。


【カワハギ専用ロッド】ステファーノSSは高感度&軽量!(シマノ)

【カワハギ専用ロッド】ステファーノSSは高感度&軽量!(シマノ)

シマノからカワハギ専用ロッド「ステファーノSS」が発売されました。カワハギ釣りのマスト条件である「高感度」「軽量」はステファーノシリーズから踏襲。最新のカワハギ釣りに対応する3アイテムが登場。


1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

銚子沖のヒラメが絶好調だ! 6月に解禁した銚子沖のヒラメ釣り、今期は8月のお盆過ぎから数が出だし、外川港の「福田丸」ではトップ2桁当たり前、ひとり20枚を超す驚きの釣果も出ている。この時期の、いわゆる夏ビラメはアタリが多く数釣りできるのが魅力だ。


沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

タックルと仕掛け。竿は80号のオモリに対応したヒラメ専用竿、またはゲームロッドなどの5対5〜7対3調子。長さはヒラメ専用竿なら2.5〜3.6m、ゲームロッドなら2〜2.4mぐらい。リールは小型電動、または手巻きの中小型両軸。これに道糸はPEラインの2〜4号を巻いておく。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読