MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
激うまアコウ・キンメ・クロムツを狙って仕留めよう!(太郎丸)

激うまアコウ・キンメ・クロムツを狙って仕留めよう!(太郎丸)

うまい魚の代名詞、深場のアコウダイやキンメダイのシーズンが冬だと思っている方が多いと思いますが、実はこの時期、最も美味しいとツウ達が口を揃えて言うのをご存知でしたか?そんな魚をターゲットにアコウ五目で日々、相模湾の沖ノ瀬へ出船し、コンスタントな釣果を揚げているのが三浦半島小坪港の「太郎丸」だ。

乗船前にしっかり釣り方レクチャー! ベテランも入門者も楽しめる

まさに神技! 群れを直撃するように投入の合図を出す船長。取材日は順番にアタる光景を何度も見た

釣れる魚はどれもが価値ある1匹なので、確実に取り込むようタモで掬おう

どうですか? この釣れっぷり!

少し小振りだけど食べるにはちょうどいいサイズだ

深海魚は目が大きいのが特徴です!

「何が掛かるかわからないのも、この釣りの魅力ですよね」と常連サンは真剣な眼差しで竿先に出るアタリをチェック

煮付けでも美味しいキンメダイゲット

思わず笑みがこぼれる高級魚

この日は40㎝クラスのキンメに、1㎏級のクロムツ、良型のメダイが顔を出した。高級魚だけに、アタリがあったらすぐ回収したくなるが、「太郎丸」では回収の合図も船長が出す

ダブルで高級魚は嬉しいね!

脂が乗った極太サバがゲストで登場した

250号オモリが背負えるロッドに、PE6〜8号が600m巻けるリールのコンビで挑もう!

船宿ではビギナー用6本バリを用意している

エサは、サバの短冊が宿から配られる

サバの切り身は皮側から刺したチョン掛けして使おう

仕掛けの上から順序良くマグネット版にセットしてエサを付ける。合図があったらオモリを前方に軽くフィードして投入しよう

道具がなくてもレンタルタックル常備で安心の「太郎丸」。扱い方も丁寧に教えてくれるぞ

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・小坪港「太郎丸」。

「深場釣りは、敷居が高くてチャレンジしにくいと言われる方もいますが、うちではビギナーや入門者でも気軽にエントリーできるよう、レンタルタックルを用意してます。また、経験がない人には乗船前にしっかりレクチャーするので、安心して遊びに来て欲しいですよね」と高橋良至船長が話す。
ちなみに狙う水深は250〜500mと深場まで攻めるが、オモリは250号を使用。PE6〜8号が600m巻けるリールがあれば楽しめ、さらにハリ数も5〜6本と少ないのが特徴だから、本格的な深場釣りを目指す方にも練習の場として最適と言える。
釣り方は、至ってシンプル。エサを付けたハリを船べりに並べ、船長の相図でミヨシから順番に投入。底を取って5m巻き上げるだけで、激うまの魚がヒットしてくるのだ。
なお取材当日は、底潮が冷たく状況はイマイチだったが、ご覧の釣果を得た。魚はいる。まずは難しく考えずに、深場釣りにトライしてみよう!

以上の記事は「つり丸」2015年7月15日号の掲載記事です。

関連記事
数釣りが楽しいターゲットといえば、イサキはハズせない。南房エリアのイサキの型は22~35㎝前後。25~30㎝級中心に、いわゆる「南房サイズ」の35㎝オーバーの大型もまじって釣れている。多点掛け連発を楽しもう!
更新: 2019-03-24 12:00:00
剣崎沖では、毎年4~6月頃は乗っ込みの大型マダイに沸き人気を集めている。仕掛けは片テンビン仕掛け。中型テンビンに2mm径のクッションゴムを1m、ハリスは3~5号10~12m。ビシはステン缶、プラビシ共にLの80号。
更新: 2019-03-24 07:00:00
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
最新記事
「浅場に移動します」250mラインの小メヌケが一段落し、鈴木船長の決断は「最後はオキメバル」高水温に開始直前付近で発生した地震が追い討ちを掛け、好機に渋ったオキメバル。仕切り直しで有終の美を飾れる!?
更新: 2019-03-25 07:00:00
数釣りが楽しいターゲットといえば、イサキはハズせない。南房エリアのイサキの型は22~35㎝前後。25~30㎝級中心に、いわゆる「南房サイズ」の35㎝オーバーの大型もまじって釣れている。多点掛け連発を楽しもう!
更新: 2019-03-24 12:00:00
剣崎沖では、毎年4~6月頃は乗っ込みの大型マダイに沸き人気を集めている。仕掛けは片テンビン仕掛け。中型テンビンに2mm径のクッションゴムを1m、ハリスは3~5号10~12m。ビシはステン缶、プラビシ共にLの80号。
更新: 2019-03-24 07:00:00
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読