MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
金州に大型ムロアジ大発生中! 良型カンパチの釣り方(博栄丸)

金州に大型ムロアジ大発生中! 良型カンパチの釣り方(博栄丸)

銭洲は「銭になる洲」、金洲は「金になる洲」という意味で名づけられたのは、あまりにも有名な話。まだ、レーダーも魚探もない時代、とてつもなく魚が獲れたのだろう。近年、金洲は銭洲に比べ、陸から近いこともあり、遠征大物釣り場というより、近場の高級魚釣り場という釣り場と認識されている。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

価値ある金州の10kg越えカンパチ! 泳がせと五目でチャレンジ!

大型船で連日金洲へ出船中の「博栄丸」。基本的にはコマセ使用の五目釣りがメイン。泳がせ希望は予約時に事前に船宿に伝えておこう

これはジャンボイサキの反応。このイサキの群れの周りにカンパチがいる

高性能ソナーにはムロアジからカンパチまではっきりと映しだされていた

ガンガン巻け巻け!

きっと大物だ! 負けないぞ!

永田浩章さんは10kg前後を3本キャッチ

大船長の大澤克博さんが次々をギャフでカンパチを抜き上げてくれた

12・5㎏のカンパチ。脂がたっぷりとのっていて激うまの個体だ

待望のカンパチヒットだ! サメもいるのでガンガン巻き上げよう!

持田隆広さんは11kgの良型をキャッチ

朝いちの高活性時は二人同時ヒットもザラ。左の釣り人は清水さん、3本キャッチ!

カンパチ複数キャッチも可能

この釣れっぷりはたまりません!

カンパチのエサはムロアジ

泳がせをするならエサのムロアジ釣りが大事、専用のサビキを持参して釣ろう

コマセ五目も魚種多彩で楽しめる。こちらはイサキだ

ウメイロもおでまし

激うまデカムロアジ

最後は記念写真

いっぱい釣れたよ〜!

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・御前崎港「博栄丸」。

「金洲でこんなに良型カンパチが釣れるのは初めてだよ!」と、興奮した口調で語るのは御前崎港「博栄丸」の大船長、大澤克博さん。
聞くと、今期はゴールデンウイーク後から金洲へ通い始め、コマセ釣りでイサキやマダイを釣っていると、やり取り中頻繁にイサキが何者かにむしられるようになった。また、どこでもムロアジが釣れていた。
いつもならサメの仕業だろうとあきらめムードが漂うのだが、ハリスを太くして臨むと、なんとオキアミエサに良型カンパチがヒットしてきたという。それがきっかけで、ムロアジの泳がせ釣りをやってみると、コンスタントにカンパチをキャッチ。本格的な泳がせ釣りを試すと、10㎏オーバーはもちろん、20㎏クラス、さらには、モロコまでが釣り上げられた。
取材時の朝いちの食いっぷりは、まさに入れ食い。投入した生きエサをすべてひったくるように食ってくる。これらすべてがカンパチだった。
ちなみに、その食いっぷりはというと、朝の約2時間で4人で10本、カンパチの大きさは5〜11㎏。翌日は、20㎏クラスもキャッチされている。
この高活性時でもウインチタックルとスタンディングタックルとではバイト後のフッキング率に雲泥の差があった。手持ち竿のスタンディングに分があるのだ。
さあ、近年稀にみるカンパチ大回遊であるこのチャンスを逃すことなく、金洲へゴー! 金洲の夏はまだ始まったばかりだ!!

まずはムロアジ釣りに気合を入れて集中! 最低数を手早く確保する

泳がせ釣りは生きエサがないと成立しない。まずは、エサ釣りをしっかりと集中して行うことが大事だ。
ちなみにスキルの差がかなり出る泳がせ釣りの名人は、このエサ釣り名人でもある。
ムロアジは釣れる魚のサイズが水深に比例することを覚えておこう。つまり、浅場は小型、深場は大型ということだ。
チビムロと呼ばれるムロアジの幼魚は一般に表層付近を群れる。この魚をベイトにしているときは、LTなどを駆使して専門に狙うが、関東、東海、伊豆方面では、例年だとチビムロが回遊し始めるのは8月の声を聞くころからだ。
7月前半は、中〜大サイズのムロアジと理解しておこう。
中から大サイズのムロアジを専門に狙う場合、タックルは、五目釣り用でオーケー。
ただし、アミコマセを使用するので、カゴはコマセ調整がしやすいサニーカゴがベスト。オモリは五目釣りにあわせればよい。
カゴの穴調整は、下窓は全閉、上窓は3分の1開けで十分。
仕掛けはムロアジ専用のものを。チビムロではなく中ムロ専用がベター。ハリス4号以上のアジサビキでもよいが、必ずサビキの下には2号前後のナスオモリを付ける。これでサビキの手前マツリを少なくすることができる。
ムロアジは口周りが弱く、ハリはずれしやすいので必ず1.5㎜〜2.0㎜径30〜50㎝ほどクッションゴムを介してサビキを付けよう。
釣り方は、ウイリーシャクリと同じだ。タナ周辺をシャクっては止め、シャクっては止めながら探る。このときコマセのドバ巻きは厳禁。必ずカゴ調整の確認をすることを忘れずに。
ムロアジは基本的には、中層より上で釣れると考えてよい。広範囲にムロアジがいる場合は、水深10m前後でも釣れる。
取り込みは抜き上げだが、あまりにも数釣れないときなどは、貴重なので面倒でもタモ網ですくうことを心がけよう。エサ釣りが難しいときほど、エサ1匹に対して本命1本ということが多いからだ。
サビキから魚を外すときは直接手を触れずに必ずハリ外しで行う。この細かな気遣いが釣果を大きく左右することとなる。

ムロアジは1投入1匹が基本。時合いを見極めてできるだけ生きの良いものを使おう

さて、釣り方だが、肝心なことは、カンパチがエサをくわえてからアワセのタイミングだ。
その効果を発揮するのが手持ち竿の釣りを可能にするスタンディングタックル。
一連の釣りの流れを説明しよう。
ムロアジは1投入1匹が基本。時合いを見極めてできるだけ生きのよいものを使おう。
エサを投入。オモリが底に着いた瞬間からアタる可能性を頭にいれておこう。
オモリが着底したら、根掛かりを防ぐためすばやく1〜2m巻き上げる。そこからゆっくりとデッドスローで巻き上げよう。神経は竿先へ。ムロアジが激しく暴れるレンジを探し当てるのだ。
ムロアジが暴れた! と思ったらそこでいったん巻き上げストップ。竿先がフッと軽くなったり、ブルブルブルと激しいバイブレーションが伝わってきたりと、とにかくエサが異変を感じてあばれまくる。それが、アタリだ。なかなかそれ以上の変化なければ、ゆっくりと竿を持ち上げたり、送り込んだりする。
カンパチはムロをくわえるとグイグイと重みが伝わってくる。そこで、大きくアワせる!! と言いたいところだがヒラメなどと同じでアワセはまだ早いことが多い。
ゆっくりと聞きあげて下方向に十分強い引きこみを感じたところでスーっと竿を持ち上げる。そこでさらに強い引きこみがあった、この時点で強くアワセを入れよう。
魚の活性が高い場合、いきなり竿をひったくるように竿を曲げられるときがある。そんなときはかまわず、アワセをいれて巻き上げにはいろう。
まとめると、アタリを探るタナは底から10m以上、早アワセは禁物ということ。
決まったタナで待ちっぱなしは、バイト率は探る釣りより低い傾向にあることを覚えておこう。
ウインチタックルでも探る釣りをすれば、スタンディングと同じこと。
この釣り方は、アカイカエサでも同様だ。すべてのカンパチ泳がせフィールドに通用するので、ぜひ試してみてほしい。

以上の記事は「つり丸」2016年7月15日号の掲載記事です。

関連記事
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
最新記事
新ブランドから8本編組PEライン登場「ROOTS PE×8」4月発売予定。
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
究極の耐久性能を実現した小型スピニングリール「ITXカーボンスピニングリール」ITX-3000H

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル