MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
上越の真夏の夜の風物詩、アカイカ釣り開幕!【上越沖】

上越の真夏の夜の風物詩、アカイカ釣り開幕!【上越沖】

上越沖は周年をとおして夜釣りが盛んだ。春から初夏は、乗っ込みヒラメ&アジ、初夏はアジ、沖のムギイカ、そして、7月、8月のアカイカ&アジ、お盆以降からは、ワラサ&ブリが年明けまで楽しめる夜釣りの一大フィールドといっても過言ではない。さて、8月のメインメニューは夏の風物詩となっているアカイカだ。

夜はアカイカのテクニカルな乗りを楽しむ! 昼はカレイの入れ食いを満喫!

子供でもお手軽に楽しめるのがメタルスッテ釣法のメリット。コツを掴めば、入れ乗り可能。

「第三いしなぎ」も岩佐健作船長もメタルスッテ釣法を推奨。実釣中。

とにかくおいしいケンサキイカ。1杯を大事に扱おう!!

このサイズが連発することもある。例年お盆前後はこのサイズが中心。

ムシガレイのポイントは名立沖水深120m。このあたりにカレイが群れている。

必ず追い食いを狙う。

カレイの船上干しもオススメ。

今回、取材にご協力いただいたのは、新潟・直江津港「第二八坂丸」。

今回、取材にご協力いただいたのは、新潟・直江津港「第三いしなぎ」。

今回、取材にご協力いただいたのは、新潟・直江津港、「里輝丸」。

新潟県上越沖の夏の風物詩、夜アカイカ釣りが開幕した。このイカはケンサキイカ。言わずもがな絶品の高級イカである。例年、シーズンは7月半ばから8月半ばの約1ヵ月と短いが、人気は非常に高い。
釣り方は、浮きスッテ3〜4号の5〜8本のサビキ仕掛け。オモリは80号。だが、今期から釣り人の様子がちょっと違う。メタルスッテタックルが必携になっているのだ。
「例年この時期は、アカイカとアジの両狙いのため、竿は2本出しオーケーです。1本はアカイカ、もう1本はアジ狙い。ですが、アカイカ狙いではメタルスッテタックルを持参するようにと奨めています」とは、直江津「第三いしなぎ」の岩佐健作船長。
「メタルスッテ釣法は上越沖でもすっかり浸透してますよ。メタル釣法専門乗船も大歓迎です」とは、直江津「第二八坂丸」の竹内敏幸船長。
日ムラがあるものの、50㎝クラスの大型まじりでトップ40〜60杯の日もある。例年、お盆前後は良型ばかりが釣れるようになるという。
一方、昼の釣り物が少ない季節だが、名立沖水深120mでは、地元で「菊カレイ」と呼ばれているムシガレイ釣りが人気だ。テンビン吹き流し5本バリ仕掛けにパーフェクトヒットも珍しくない。この魚は煮付け、干物、焼き物、唐揚げなどどんな料理にでもオーケー。
昼間にカレイの入れ食いを満喫、夜はアカイカのテクニカルな乗りを楽しむ! そんなよくばりリレーも可能な真夏の上越沖だ。

アカイカ五目仕掛け

メタルスッテ釣法の基本タックルとは!?

使用する仕掛けについて。オモリの代わりとなるのがメタルスッテ。これひとつのみでもよいが、枝スもしくは、直ブラ式で浮きスッテや2号前後の餌木を付けて、2つのスッテでアカイカを狙うのがこの釣法の特徴。リーダーは2〜3号。
このとおり大変シンプルな仕掛けであるので、タックルも超ライト系のものを使用できる。
ロッドはメタルスッテ専用。各メーカーより安価なものからハイレベルのものまで発売されている。比較的安価なものも多いのでそれを活用するとよい。
流用としては、まず挙げられるのがテンヤ用。ルアー系はティップラン用。これらスピニングタックルだが、ベイト用では、タイラバ用、マルイカ用。エサ釣りでは、シロギス用などが使える。
道糸が重要だ。PEは0.6号を基準としよう。マダイのように強烈な引きの魚とのやり取りはないので、潮の流れの抵抗などを考慮すれば、PE0.6号で十分。0.8号ではちょっと太い感がある。
ちなみにメタルスッテが盛んな北陸エリアでは、すでにPE0.4号が標準となっている。
リールは小型スピニングもしくは、竿に合わせた小型ベイトリール。とくにベイトはカウンター付きのものがおすすめ。中層がタナであるときにタナの把握に大変役にたつ。
道糸の先に接続するリーダーは2.5〜3号が1〜2mほどあればよい。

アカイカはこう釣る! 動かし過ぎないようにイカパンチでアワセろ

釣り方だが、まずは底付近を攻めてみよう。
夜釣りでは、潮の流れやイカの活性によるが、灯りの集魚効果により、イカが水面近くに群れることも多い。
時間が経過すると中層〜表層もタナになるということを頭に入れておこう。
基本動作は、シャクリ動作でスッテをイカにアピール。止めでイカに抱かせる。即アワセ! これが、この釣りの基本。
つまり、スッテを動かす=アピール、止め=抱かせ、アワセ=掛ける(乗せる)、これを頭に入れて誘い動作を組み立てればよい。
誘う釣りだからといって、動かしすぎはよくない。上の定義からいうと、仕掛けを動かしているときは、アピールをしているだけで、乗せまでには至らないことがわかる。
乗りが渋いときほど、止めの時間を長くとるのが最近の傾向でもある。
アタリは、止め、もしくはフォール中になんらかの変化が竿先に出る。小さなアタリの理由は、アカイカが2本の触腕でスッテをポンとパンチしているだけだから。
少しでも「なにか変だな?」と思ったら、アワセを入れよう。空アワセでもいい。アワセを入れることでカンナに掛かることになるからだ。

以上の記事は「つり丸」2017年8月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
例年、厳寒期から春に向けては、ジギングによるシーバスゲームの絶好期。「爆釣はそれほどないですが、年明けからずっと安定感がありますよ」と話す、横浜新山下「渡辺釣船店」でルアー船を担当する田中茂生船長。
更新: 2019-02-13 12:00:00 公開: 2019-02-13 12:00:00
ホウボウはこれからがベストシーズン。群れが固まって釣りやすくなるので、このようなスローピッチジャークジギングの基本をマスターするのに最適。したがって、入門にも最適というわけである。
更新: 2019-02-13 07:00:00 公開: 2019-02-13 07:00:00
「例年3月頃が最盛期ですね。数もサイズも期待できます。ただ、今年はちょっと遅れ気味ですので、4月頃まで楽しめると思いますよ!」と、川崎「つり幸」のルアー船を担当する村山克英船長が話してくれた。
更新: 2019-02-09 12:00:00 公開: 2019-02-09 12:00:00
「深場では良型、大型のマダイがそろいます!ぜひタイラバでチャレンジしてください」とは、今年からタイラバ専門で出航している、千葉・川津「とみ丸」の吉清船長。難しい印象だが、実は気軽に簡単な釣りなのだ。
更新: 2019-02-08 07:00:00 公開: 2019-02-08 07:00:00
東京湾口にサワラが回遊。このサワラの魅力は、なんといってもその食味。アングラーからは“バター”なんていう異名で呼ばれるほど脂たっぷりだ。エサ釣りでは狙って釣れないので、釣りたければルアーで攻める!
更新: 2019-02-06 09:08:20 公開: 2019-01-30 12:00:00
最新記事
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00 公開: 2019-02-17 12:00:00
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。
更新: 2019-02-16 12:00:00 公開: 2019-02-16 12:00:00
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00 公開: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00 公開: 2019-02-15 12:00:00
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
更新: 2019-02-15 07:00:00 公開: 2019-02-15 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読