MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
開幕から絶好調! LTで軽快にシャクって数釣りを狙え!(三喜丸)

開幕から絶好調! LTで軽快にシャクって数釣りを狙え!(三喜丸)

夏の東京湾の人気ターゲット、LTタチウオが好調なスタートを切っている。小柴港「三喜丸」では、6月1日からLTタチウオ乗合をスタート。観音崎沖、金谷沖、久里浜沖などで浅場の群れを探して出船している。

浅場に群れが集結。スピーディーなシャクリで誘って食わせて大漁

人気の夏タチ。エサ釣りで、ジギングで、多くの船がポイントに集まり船団ができる。ポイントの水深は40~100m前後

ライトタックルなので引きバツグン。重量感のあるタチウオの引きが満喫できる

しっかり釣ってしっかり抜き上げ

今年も東京湾の夏場のタチウオ釣りが開幕した。冬に比べて浅場が中心の夏タチは、ライトタックルで気軽に楽しむことができる。良型まじりで数釣れているぞ!

ゲーム性の高い浅場のタチウオ釣り。シャクリのスピードやテンポによって食いやハリ掛かりの良さが変わってくる。これがおもしろいのだ!

上品な脂が乗った白身が旨い! 刺身、塩焼き、天ぷらなどでおいしく食べよう

冬の深場の釣りに比べると型はややこぶりだが、1m前後のグッドサイズもけっこうまじってくる

取材当日は入れ食いになる時間帯もあり、多くの人が40本前後の好釣果。魚探反応も多く今後も期待十分だ

仕掛けは全長2mの1本バリ仕掛けがおすすめ

こちらもオススメの仕掛けバリ

オモリは主に40号と60号を使うと河野船長

「三喜丸」では、生のサバがあるときは、切りたての生サバタンザクが配られる

生のサバはクーラーにしまっておいて、少しずつ出して使おう

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・小柴港「三喜丸」。

夏の東京湾の超人気ターゲット、LTタチウオが開幕した。夏は浅ダナをライトタックルで狙い「誘って食わせて掛ける」、そのゲーム性の高さが人気の秘訣だ。
LTタチウオ乗合で出船している、小柴港「三喜丸」では、60~100㎝前後をトップ30~40本前後の日が多く、食いがよければトップ60本近い釣果も上がっている。
「群れの反応はバッチリあります。日によって食い渋ったり、やや日ムラはありますが、今年も楽しめると思いますよ」。こう話すのは「三喜丸」河野秀昭船長。なるべく浅場の反応を探し、オモリ40号または60号で狙えるポイントを攻めているとのことだ。
アタリがあってもなかなかハリ掛かりしないことも多いタチウオだが、そこがまたおもしろいところ。LTで軽快にシャクって、おいしいタチウオの数釣りを楽しもう!

タチウオタックル。竿は先調子気味を仕掛けは1本バリでシンプルに

「三喜丸」のHPにはオモリ「40~80号をご用意ください」と書かれているが、浅場中心に狙っている現在、使用するオモリは40号、または60号。
「ライトタックルの釣りですから、軽いオモリで攻めらられるよう、なるべく浅い場所の群れを探して狙っていくようにします。オモリは40号、それで攻めきれないときのために60号。2種類を持ってきてもらえば大丈夫です」と話す、河野船長。
竿は1.8~2m前後のLTロッドで、40号、60号オモリを背負って7対3から8対2調子になるものが船長のおすすめ。あまり軟らかい竿は水深が深めだとシャクっても誘いが効かず、アワセも効きにくくなってしまうので、使用するオモリを背負って先調子気味になるものがいい。
80mほどの深場を攻めることもあるのでリールは超小型電動があると楽だ。ただし、一日竿をシャクリ続ける釣りなので、タックルの軽さを優先させるなら手巻きの小型両軸リールという選択肢もあり。タックル全体の重さが軽いほどスピーディーなシャクリが可能だ。
道糸はPE2号以下で。あまり細くするとトラブルが多くなるので1~2号が標準。
テンビンは「形状記憶合金などの、線径がすごく細いテンビンはイマイチ。ある程度太さがあってしっかりしたテンビンの方がシャクれるしアタリも取れます」と話す、船長。
仕掛けは全長2mの1本バリ。アピールグッズやチモトのパイプなども付いていない、できるだけシンプルなもののほうがエサの踊りがよく、結果アピール力がアップするという。ハリスは4~5号、ハリはタチウオ用の1号、または1/0を。

「三喜丸」では、サバが手に入れば生のサバの切りたてのタンザクが付けエサ用に配られる。生エサは皮の輝きがよくてアピール力が高く、エサ持ちもいい。
これが配られたら、クーラーにしまっておいて鮮度を保ち、少しずつ小分けに出して使うようにしよう。
ご存知のように、タチウオはかなりのエサ取り名人。アタリがあってもハリ掛かりせず鋭い歯でエサをかじり取り、上げてみたらエサが無いということもしばしばだ。
そうならないようエサ付けにひと工夫が必要。まず、ハリに刺すときには次ページの連続写真の要領で縫い刺しにする。これで簡単には取られなくなるだろう。
さらに、「タラシの部分は3㎝ほどにカットしてください。タラシが長すぎるとアタリがあってもなかなかハリの部分まで食い込まないから、ハリ掛かりしにくくなってしまいます」と話す、船長。
また、このときサバのタンザクの黒い部分(背側)ではなく白い部分(腹側)からハリに刺すのがキモ。
「サバの皮は白いほうが輝きがよくアピール力があります。黒いほうからハリに刺すと、タラシをカットするとき白い部分を切ることになっちゃうのでアピール力が落ちるんです。だからハリに刺すのは白いほうから。黒いほうをカットしてタラシを調節するようにしてください」と話す、船長。

タナの指示は船長から。シャクリ方は色々試してアタリを見つける

タナの指示は「20~40m」とか「10~30m」といった形で出されるので、道糸のマーカーで水深を確認し、指示ダナの下限から上限までをシャクってくる。
「冬場の大型狙いではゆっくりシャクってエサをじっくり見せてやるのもいいでんすが、夏場は細かく速いシャクリでテンポよく誘ったほうが食いがいいですよ」と話す、船長。
小幅に竿をシャクリ上げ、すぐに竿先を下げながらシャクッた分リールを巻く、その繰り返しでタナの間を誘ってくる。シャクリ幅は小さく。ひとシャクリでリール1回転では大きすぎ。半回転とか3分の1回転、さらに小さく、といろいろなシャクリ幅、そしてスピードを試してアタリが出やすく食い込みやすいパターンを探ってみよう。
コツコツとアタリがあってもすぐに食い込むとは限らない。しかし、ここで仕掛けを止めて食い込みを待つとハリを飲まれてハリス切れになることが多い(チモトのパイプが無い仕掛けは特に)。
アタリがあっても仕掛けを止めずにそのままシャクリ続けるか、ゆっくり巻き上げてくると、ハリ掛かりすることが多い。
ただし、食いが渋いときや、アタリダナが海面近くでそれ以上誘い上げられない場合は、その場でフワフワと仕掛けを躍らせてやるのも効果的だ。
誘い方によってかなり釣果に差が付く釣りだ。アタリが出るシャクリ方、食い込みやすいスピードなど、いろいろ試してその日の当たりパターンをなるべく早く見つけるのが好釣果への近道だ。

以上の記事は「つり丸」2016年7月15日号の掲載記事です。

関連記事
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。
石花海のヤリイカ釣りでは、昔から魚型11㎝ダブルカンナプラヅノが定番だ。なぜだろう。もちろん、棒状のプラヅノでも、シングルカンナヅノでもイカは乗る。しかし、定番になっていることには理由がある。
仕掛けは親孫式のヒラメ仕掛けを使用する。ハリスは6~8号80㎝~1m、捨て糸は50~80㎝ほど。孫バリはシングル、トリプルフックどちらでもいいが、慣れない人はトリプルフック使用がおすすめ。
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
11月18日(日)に開催された「東京湾タチウオバトル2018」の結果報告です。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読