MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
狙いはゴリゴリの根に潜む高級根魚! 仕掛け&釣り方(北山丸)

狙いはゴリゴリの根に潜む高級根魚! 仕掛け&釣り方(北山丸)

水温が上がるこれからの季節は、浅場の根魚がグーンと活発になってくる。根魚釣りのド定番カサゴはもちろん、ハタ類やメバルも高活性! さらにはヒラメ、マゴチなど高級魚まじりの根魚五目も楽しめる。房総半島は、そんな根魚たちの宝庫だ!

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

30cmオーバーの大カサゴ! ハタ類も多彩にまじる根魚天国だ!

ガツガツ、ギュンギュン! 大型根魚は引きも楽しい!

取材当日はやや潮の動きが悪く、超大型が少なかったが、それでも納得の型がそろった

洲崎沖のカサゴ五目。メインターゲットのカサゴは25cm級が連発、30cmオーバーも珍しくない

恐竜のような、鎧武者のような…、根魚の姿はカッコイイ!

すこし小振りだけど食べるにはちょうどいいサイズだ

こんなにいっぱい釣れました!

カサゴのほか、アカハタなどのハタ類も多い。マハタ、キジハタ、ホウキハタなどもまじる

このところアカハタが多くまじって釣れている。「小型も釣れちゃうので、それはできるだけリリースをお願いします」と北山茂長

良型主体に楽しめて、お土産いっぱいだ!

ロッドは60号を背負って先調子気味になるゲームロッドなどがオススメ。小型電動とのセットが楽

仕掛けはハリス3号胴付き2本バリ

エサはサバタンザクが配られる

こちらもエサのイワシ

オモリは60号を使用

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・洲崎港「北山丸」。

南房洲崎沖は大小多くの根が連なる根魚釣りのパラダイスだ。メインターゲットのカサゴは、25㎝オーバーは当たり前、30㎝オーバーの超大型が連発することもある!
そんなカサゴを中心としたカサゴ五目に出船しているのが、洲崎港「北山丸」。
「例年5月ごろからスタートして、カサゴの乗っ込みの時期にあたる梅雨時が最盛期です。食いがいい日は、大型ばかりひとり20匹、30匹と釣れますよ」と話す、北山茂樹船長。
30㎝オーバーも珍しくないカサゴに加えてアカハタ、マハタ、キジハタ、ホウキハタなどのハタ類、さらにアヤメカサゴ、オニカサゴなど、さまざまな根魚がまじる。
根掛かりを恐れず果敢に攻めつつも、直前で根掛かりを避ける繊細さも大切。それができれば、大型カサゴ連発だ!!

カサゴ仕掛けのご紹介。胴付き2本バリ仕掛け、エサはイワシとサバ

仕掛け、タックルは東京湾のカサゴ用をじゃっかんパワーアップしたようなものを用意する。
船宿仕掛けはハリス3号、幹糸5号の胴付き2本バリ。根魚なので、あまりハリスを細くしても食いは変わらない。ハリスは最低でも3号。むしろハリスのヨレが食いを落とす。ハリスは太めのほうがヨレは少ない。また、ハリスの接続に回転ビーズなどを使ったヨレにくい仕掛けがおすすめだ。
また、南房では大型の根魚(何かは上げないとわからないが)や青物など思わぬ大物ゲストが食ってくることもある。ハリス5~6号、幹糸8号くらいの仕掛けで「掛かった魚は全部獲る!」ぐらいの気持ちで挑んでもいい。ただし根掛かり時に仕掛けを切るのが困難になってしまうので要注意。
オモリは60号を使用するので、竿はそのオモリを背負って先調子気味になるものがオススメ。長さは2~2.4m前後。向こうアワセが基本のカサゴ釣りなので、食い込みのいい胴調子竿がハリ掛かりはいいが、柔らかい竿は操作性が悪く根掛かりが多くなる。逆に極先調子の竿は操作性はいいが、アタリをはじきやすく食い込みは悪い。
60号オモリを背負ったときに7対3から8対2調子になり、さらに重みがかかると胴に乗ってくるような竿がベストだ。ゲームロッドやLTロッドなどに適当なものが多い。
リールは小型両軸または、小型電動リール。ポイントの水深は20~40m前後(アヤメカサゴ狙いで60m前後を狙うこともたまにある)で、深目を狙うときは電動が断然ラクだ。
道糸はPE2~4号。根掛かりと、それにともなうオマツリも少なくないので細いPEは高切れの心配もある。道糸は最低でも2号以上、3号がベストとのこと。

エサは冷凍カタクチイワシとサバのタンザクが配られるので、上バリにイワシ、下バリにサバを付けるのが基本。イワシはアピール力があるので上バリで目立たせ、底を引きずる下バリにはエサ持ちがいいサバを付けるのだ。
サバは身が付いた状態で配られるが、そのままハリに刺してはダメ。ハサミやナイフで身を削ぎ落とし、できるだけ皮だけがヒラヒラするようにしてからハリに刺すようにする。このヒラヒラ感がアピールになる。

根掛かりを恐れずに! いかに根掛かりをさせないかコツをご紹介!

「いかに根掛かりをかわせるか。これが好釣果の決め手です。根掛かりを恐れていては根魚は釣れませんが、根掛かりばかりしているような釣り方でも釣れません」と話す、船長。
オモリが着底したらまず素早く糸フケを取り、10~50㎝ほど竿を上げてオモリが底を切るようにする。オモリの置きっぱなしは厳禁。
10~50㎝上げたら、そこでしばらく待ってエサを魚に見せてやる。ここでアタることもあるが、アタリがなければ今度はゆくっり落として込んでオモリを着底させてやる。着底してエサがフワッと落ちたときにアタリが出ることも多い。アタリがなければ再び10~50㎝上げて待つ。この繰り返しだ。
この一連の動作の間にも水深は変化するので、オモリがコツっと底に触ったら素早く上げて根掛かりしないようにしよう。
「竿先を海面に向けて構える人がけっこう多いんですが。竿は水平かやや立て気味に構えたほうがいいですよ」と話す、船長。海底の起伏は常に激しく上下する。竿先を海面まで下げてしまうと、上への竿の操作はできるが下への操作がしにくく、水深が深くなる変化に対応しずらい。上にも下にも素早く竿操作ができる位置に竿を構えておこう。
急に水深が変わって底にオモリが当たり、ゴリゴリっと根をこするような感触があるときは根掛かりのリスクも高いが、根魚が潜んでいがちな根の壁や穴が存在する場合が多い。ビックリして仕掛けを上げ過ぎず、しっかり海底をトレースする勇気も大切だ。
根魚は基本向こうアワセでOK。コツコツという小さなアタリはエサのはじっこを咥えているだけの場合が多く、アワせてもスッポ抜ける場合が多い。
ガツガツ、ググググッと、はっきりしたアタリはエサを食い込んでおり、すでにハリ掛かりしている可能性が高い。ここでひと呼吸おいて聞き上げるように竿を立ててリーリングすれば、確実にハリ掛かりする。
コツコツというアタリが続くが、なかなか強い食い込みにならない場合もある。そんなときは竿先を送り込みたくなるが、逆にエサを放してしまうことも多い。アタリがあったタナで待っているほうが食い込みやすい。
じっくり強いアタリを待ってからアワせたら根掛かりだった、ということもある。
根掛かりしたなと思ったら、無理に引っ張らずに、軽くテンションをかけたり緩めたりを繰り返すとポロッと外れることもあるので、ある程度は粘ってみること。
これからが本番の南房カサゴ五目。根掛かりさせずに果敢に海底を攻めて、大カサゴを手にしよう!

以上の記事は「つり丸」2018年6月15日号の掲載記事です。

関連記事
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
南房・白浜沖でヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入! 群れは濃厚、誰でも数釣り!サバが多い時は一工夫で乗り切れ!今なら誰でも激アツだ!
御前崎沖のマダイ五目に注目。海はまだ高水温秋の様子でいろんな魚たちが高活性!新たなメインターゲット!?のメイチダイにも注目だ!ハリス全長8m・2本バリで釣ろう!
城ケ島沖〜沖ノ瀬でクロムツ&アカムツが好調!この時期は高確率でダイヤをゲットできる。黒から赤の夢のダイヤリレー!今シーズンもダイヤはザクザクだ!!
最新記事
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
伝統のモデルが大進化!最上位機種の性能を継承したスピニングリール「アルテグラ」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル