MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
BIGサイズ根魚続出! カサゴ・メバル五目の仕掛けと釣り方(初栄丸)

BIGサイズ根魚続出! カサゴ・メバル五目の仕掛けと釣り方(初栄丸)

勝浦港「初栄丸」で楽しめる勝浦沖の根魚釣りは、カサゴとメバルをメインに、アカハタやマハタといったハタ類がターゲット。カサゴやメバルを対象とした根魚釣りは東京湾や相模湾でも盛んに行われているが、ここ勝浦沖はサイズが違う。アベレージサイズがひと回りもふた回りもデカいのだ。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

初心者も楽しめる。魚のサイズがいいからこそ釣り方にコツがある

ポイントの海底はザクザクの根。ときには10m以上もアップダウンする。根掛かりも多いが、それだけ根魚も多いということだ

朝イチにイワシの反応があればサビキで狙う。これが最高のエサなのだ。このサビキ釣りがパーフェクト続出また楽しい!思わず童心に返ってしまう

ゴツゴツとした明確なアタリと、根に入られるのではないかというスリル、ドキドキ感が最高に楽しい!

「何これ〜デカくない?」いきなり大型カサゴのお出迎えに、これまでいろんな釣りを経験して来たコジレイもビックリ!

一瞬根掛かり? と思うほどの重量感は、超特大のアカヤガラ! しかも超高級魚で超美味だ!

エサを小サバに変えたとたんヒットしたのは、こちらも大型の尺メバル

浅場の本命はこのカサゴとメバルだが、水深が深くなればアヤメカサゴなども。その他、マハタやキントキ、ヒラマサやワラサなどとゲストは多彩だ

刺身でも煮付けでも美味しいカサゴ

たくさん釣れると楽しいね!

ハタ系はこのアカハタの他に、マハタなど

このサイズなら申し分なし!

ヒラメもゲスト。根に着いていた

サビキで釣れたのはカタクチイワシと小サバ。反応がなければエサは冷凍カタクチイワシを使う

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・勝浦港「初栄丸」。

「こんな釣り物があるなんて、今まで知らなかったことが本当に悔しい。エサを釣るサビキ釣りも楽しいし、何より本命のカサゴやメバルのアタリが多くて、アベレージサイズもデカイ! しかも水深20m前後の浅場でこのサイズの根魚がヒットするんだから、引きも強いし、もっと早くこの釣りと出会いたかった~」
釣りという仕事に関わって20年以上が経つコジレイこと児島玲子さんにそこまで言わしめたのが、勝浦港「初栄丸」のカサゴ・メバル五目だ。
出船してイワシの反応があれば、まずは本命カサゴやメバルのエサを釣る。コジレイの言葉にあるように、このサビキ釣りが、仕掛けを入れる度にほぼパーフェクト! これがマジおもしろくて、つい夢中に!
エサが確保できたところで本命狙い。その楽しさは、写真を見れば一目瞭然ですね~!
そのうえ、ここは自然豊かな外房の海。本命以外にも、マハタやアカハタ、ヒラメ、マダイ、ワラサやヒラマサといった青物など、多種多様な魚たちがヒットしてくるのだ。
「梅雨時がピークで、爆発することも多いです。7月頃まで楽しめますよ!」と話す、「初栄丸」渡辺和明船長。
「この釣り、絶対行ったほうがいいですよ~!」(byコジレイ)

勝浦沖で根魚を釣るならロッドは重要! オススメはゲームロッド

勝浦沖の根魚五目で使用する竿だが、この釣りは終始手持ち竿で誘うので、手に持っていてラクな2m前後のライトゲームロッドがベストマッチ。調子は7対3または6対4がオススメだという。具体的には「ダイワのリーディングの73または64が非常に扱いやすく、オススメです」と渡辺船長は話す。実際、コジレイが使用していたのがリーディング73だ。
よく、根魚釣りではカワハギ竿が代用されることが多いが、このような硬く極端な先調子竿はここ勝浦沖では不向き。オモリを下げた状態で竿がほとんど曲がらないので確かに根歩きは行いやすいが、初心者は波の上下動に対応しにくく(外房は外洋であるため、常にウネリや波があると考えたい)、食い込みが悪く、アタリを弾いてしまうことも多いという。さらに、ここ勝浦沖は大型の根魚が多いため、とくにハタなどがヒットした場合はタメが効かないのでノサれてしまい、根に持って行かれやすいのだという。
それが7対3または6対4調子のゲームロッドはティップに適度なしなやかさがあり、バットはしっかりとしているけどタメが効く。つまり、食い込みがよく、魚が掛かってからは根魚の引きをガッチリと受け止めつつ根に入るのも防いでくれるというわけだ。
リールは「ポイントの水深は浅いので手巻きでも十分対応可能ですが、上げ下げの多い釣りなので、小型電動リールがあると快適です」ということで、渡辺船長は電動の使用をすすめている。
ラインは細くても太くてもダメ。最低で2号、太くても3号だ。細ければ根掛かりしたときに高切れしてしまい、またゲストとして青物やマハタ、マダイ、そしてヒラメなど大型魚もヒットする可能性もあるので、2号より細いラインは避けるようにしたい。
逆に太いラインは水切れが悪い。水切れが悪いということは糸フケが出やすいということで、それはつまり感度が悪くなり、根掛かりもしやすくるということである。

仕掛けは、胴突きの1本バリまたは2本バリ。初心者は1本バリをオススメしている。ハリスの太さは4〜5号、長さは50㎝前後。捨て糸の太さはハリスより細く3号で、長さはハリスの1.5倍が基準。ハリスが50㎝であれば、捨て糸は75㎝だ。

「捨て糸よりもハリスのほうが長いと、初心者はどうしても根掛かりしやすくなってしまいます。それでこの長さにしてもらっています」

ハリスや捨て糸は小型の親子サルカンで幹糸と接続する。ハリスや捨て糸が切れてしまった場合は、予備のハリスや捨て糸さえ用意しておけばすぐに仕掛けを作ることができる。
ハリは丸セイゴの16〜17号、オモリは50〜60号(どちらでも可)を使用する。
根掛かりの多い釣りなので、ハリスや捨て糸、ハリ、そしてオモリは多めに用意しておこう。

根掛かりを恐れていては本命は釣れない。だが釣り方は難しくない

ある程度エサが確保できたら、いよいよ本命の根魚狙い。ここでよ〜く肝に銘じておきたいことは、この釣りは「根掛かりを恐れていては魚は釣れない」ということ。根魚というだけあって、彼らは根が複雑な場所を主な棲み家としているからだ。
とはいえ、釣り方は難しくない。オモリが海底に着いたら素早く糸フケを取り、竿を上下させながらオモリで海底をトントンと叩きながら釣っていく。
このとき、渡辺船長は「これからかけ上がっていきます」といったように随時海底の様子をアナウンスしてくれる。かけ上がっていくということは、どんどん水深が浅くなるということ。船が流れるスピードが速ければそのスピードはさらに速まるので、それに負けないようにオモリも上げていく。逆にかけ下がって行く場合は、ラインを出してオモリが海底に着くように調整する。
このようにして、常に海底をオモリで感じながら釣っていくのである。
また、勝浦沖は根が複雑なポイントも多く、ときには根の高低差が10m以上あることもある。かけ上がり、かけ下がりというよりは、〝壁〟と表現したほうがいいような場所も多い。
そんな場所では、無理にその地形をトレースしようとはせず、10m以上巻き上げて、再び落とすということを行ってもよい。カサゴやメバル、ハタといった根魚たちは、上から落ちて来るものをよく見ていて、そういったモノに強い興味を示す。つまり、大きなアピール=誘いになるのだ。
また、エサをチェックする目的で、いったん仕掛けを回収してしまってもよいだろう。というのも、カタクチイワシはいろんな魚の大好物であるため、フグなど根魚以外のアタリも頻繁にあり、案外エサが取られてしまうことも多いのだ。さらに、エサを取るのは何も魚だけではない。海藻やサンゴ類などにハリスが引っ掛かってしまってもエサは取られてしまう。
アタリは、最初は「ゴツゴツ」とか「モゾモゾ」といったうよな感じで出る。

「このときアワせてはダメです。グググッと強く引き込んでからアワセてください。また、アワセはビシッと強く行ってもダメ。竿で持ち上げるように、聞きアワセを行います。竿のタメによってハリ掛かりさせるイメージです。竿に重みが乗ったら、それと同時にリールを巻きます」

最初の「ゴツゴツ」とか「モゾモゾ」は、魚がエサをくわえた合図。まだしっかりと口の中までエサは入っていない。口の中に入っていないということは、アワせてもハリが掛からないということだ。グググッという強い引き込みのアタリが、エサが口の中まで入った合図である。

「もうひとつ、アワセる際に重要なのが、竿先は下に向けていてはダメということ。タメが効かないので、そのまま根に持っていかれてしまいます」

竿は水平程度に構えておくようにしよう。

「この釣りは、梅雨時がベストシーズンです」と渡辺船長。いろんな釣りを経験してきたコジレイに「この釣りは本当に面白い!」と言わしめた勝浦沖のカサゴ・メバル五目。ぜひチャレンジを!

以上の記事は「つり丸」2018年6月15日号の掲載記事です。

関連記事
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
最新記事
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。
新ブランドから8本編組PEライン登場「ROOTS PE×8」4月発売予定。
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル