MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
LTイワシ五目の仕掛け&泳がせ釣りの釣り方をご紹介します(鯨丸)

LTイワシ五目の仕掛け&泳がせ釣りの釣り方をご紹介します(鯨丸)

内房・館山湾のイワシの泳がせ五目が開幕した。生きたカタクチイワシを使用してヒラメ、マゴチほか各種根魚が手軽に釣れるとあって人気を集める釣りだ。「今年はイワシが獲れるのも遅くてようやく開幕しました。魚は入ってきているようで、これから最盛期になります」とは、館山港「鯨丸」の唐沢進船長だ。

perm_media 《画像ギャラリー》LTイワシ五目の仕掛け&泳がせ釣りの釣り方をご紹介します(鯨丸)の画像をチェック! navigate_next

ライトタックルでドキドキ感倍増! 釣果は想像以上でスリル満点!

ポイントは航程10分程度の館山湾内の近場主体。水深も8~15mほどと浅い。カツオ漁船がエサを買い付けに来るイケスが湾内に点在する。この周辺も好ポイントだ

ベイトの反応を追って湾内にヒラメやマゴチが入ってくるという

「でかいぞ!」アタリが少なくなってきた正午前に突然ヒットした

船長の差し出すタモに入ってフィニッシュ

「魚の通り道を流していて大型が出る」という唐沢船長の言葉通り、4㎏クラスの大型がヒット!

朝方、強風だったが、風が収まると食いが上向き2㎏クラスをゲット

日中に食ってきた60cmクラスのマゴチ

最初、フッコかと思わせる引きと魚体だったが、上がってみれば45cmほどのニベだった。これがよくヒットした

高級魚マハタも

いろいろ釣れて楽しいね!

泳がせをしながらひとつテンヤをするのも船長のおすすめ

こちらはワームを使ったテンヤでマゴチゲット!

こちらは内房に多いワニゴチ

マゴチは多い日は一人5匹以上のことも

一瞬、何が釣れたのかわからないほどでかいニベ。館山湾では珍しくないという

エサはカタクチイワシ。弱りが早いので1匹ずつすくって使おう

仕掛けはシングルでも孫バリをつけてもOK。オモリは35号(40号でもOK)

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・館山港「鯨丸」。

内房・館山湾でおもしろい根魚釣りがある。それがこの「LTイワシ泳がせ五目」だ。穏やかな館山湾の浅場でイワシを泳がせると、「こんな近場で?」と思うような大型のヒラメやマゴチが食ってくる。
「この場所は魚の通り道があって、イワシを追って沖から大きな魚が入ってくるんです。さらに、イワシのイケスもあるので魚が集まりやすいんです」と話す、館山港「鯨丸」の唐沢進船長。
この日は強風予報で洲崎沖、剣崎沖など20m近い南西強風が吹くも、館山湾は風裏のポイントとなり、少し時間を遅らせれば出船可能に。こんなところもうれしい。
そして、水深10m前後の浅場にカタクチイワシを沈めると、良型のヒラメ&マゴチにくわえて特大級のニベも多数顔を出した。
「今年はだいぶ遅れていますね。6月、7月は一番チャンスです!」

タックルは2m前後のライトゲーム用を使用。テンヤ併用もOK!

タックルは、2m前後のライトゲーム用ロッドを使用する。このほか、メバルやマゴチ竿など軟調ロッドもいいだろう。リールは小型両軸で道糸はPE2号程度。
仕掛けは1本バリ、親孫仕掛けどちらでもいいだろう。泳ぎを重視するなら1本バリで、ハリス5号80㎝ほど、捨て糸を30㎝ほど取る。ハリはチヌ5~6号を使用する。
掛かりを重視する親孫仕掛けの場合は、フックはトレブルフックがいいと船長はいう。

「孫バリ仕掛けを使っても結構しっかりと泳ぎますよ。好みでいいですが、私は孫バリ仕掛けをすすめます」

オモリは35号が標準だが、ない場合は40号でもいいだろう。
釣りの自由度が比較的高い「鯨丸」。混雑具合にもよるが、泳がせをしながらひとつテンヤタックルを出すのもいいだろう。この日は、ワームをつけたテンヤでもマゴチをゲットしている。
また、エサがかじられてほとんどなくなって上がってくるよう場合、マルイカにやられていることも多い。そんなときは、マルイカを仕掛けを入れても面白いだろう。3本程度スッテをつけたブランコ仕掛けが扱いやすい。
竿先が微妙に動いたり魚と異なる違和感を感じたら、イカの可能性が高い。仕掛けを回収してエサのチェックをしよう。

イワシ泳がせの釣り方。アタっても慌てずに底を切って待とう!

エサのカタクチイワシはとても弱りが早い。さらにこれから気温、水温が上がるとなおさらだ。
「エサは1匹ずつイケスから出して使うようにしてください。キープするとすぐに死んじゃいますからね」
前後にあるイケスから使うときに1匹ずつすくってくるようにしよう。
エサ付けは、下アゴから上アゴに抜くようにする。孫バリを付けるときは背中にチョンと軽くかかるように。もし、孫を打って弱りが早いと思ったら、孫を打たずにぶらさげておくのもいいだろう。
ポイントの水深は10m前後と浅い。どんな場所でもタナは海底から50㎝~1mほどをキープする。
「エサを引きずっているとアタリが中々出ません。必ず少し上げて待ってください」
本命はヒラメ、マゴチだが、これから数が出るのはマゴチだ。マゴチを釣るのを念頭に置いておこう。マゴチの釣り方がわかれば、ヒラメのほうが簡単に食ってくるので対応できるだろう。
タナを切りアタリを待つ。そのまま待ってもアタリがない場合は、マメに底を取り直そう。こうすることで、周りにいる魚にアピールすることができる。誘いが効果的なこともあるので、状況に応じて竿を持ち上げてイワシをアピールしてみよう。

バラさないやり方。アワセが弱いとバレやすい!慌てずフッキング

アタリは水温が高く活性が高い時期なので比較的派手にハッキリと出ることが多い。しかし、くわえたままあまり動かないこともある。アタリを感じたら、まずは竿先を下げて送り込むような感じで、食い込みを促してやる。ここでさらに強い引きこみを感じたら強めにしっかりとアワせてやろう。

「アワセが弱いとバレますよ。結構、ハリが歯の上や口の硬いところに乗っているだけの場合も多いです。竿を持ち上げるように大きくアワせてフッキングすれば、バラシも減ります」

大型のヒラメなどはいきなりひったくるようなアタリが出ることも多い。こんなときも慌てずに、竿を持ち上げてフッキングさせる。
マゴチ、ヒラメのほかに大型のニベ、カサゴ、ハタ類なども多い。アタリが小さかったり、最初にアタってからなかなか食い込まないような場合、軽く竿を持ち上げていき、聞いてみるのもいいだろう。やり取りは水深10mほどのためあっという間だが、そのぶん引きは強烈だ。

「やり取りするとき引きが強いと竿を下げちゃう人が多いですが、竿は立ててやったほうがいいですよ」

竿を立て気味にやり取りすれば、急激な引き込みがあったときに、竿を下げることでいなすことができるからだ。
ハリスは5号程度なので、何かアタったあと、釣った後は必ずチェックしよう。傷がついていたら交換したほうが無難だ。
6月からはイワシの回遊も活発になり、もっとも食いが活発になる時期。浅場でスリリングな体験をしよう。

以上の記事は「つり丸」2018年6月15日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル