MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
八丈島の大型カンパチが初心者からベテランまで狙える!(アサギク)

八丈島の大型カンパチが初心者からベテランまで狙える!(アサギク)

今年も八丈島周りでアカイカが釣れ出した。泳がせ大物釣りフリークにとっては、このアカイカは、食もさることながらカンパチの生きエサのイメージが強いだろう。それもそのはず、10㎏を超えるカンパチがこのエサを使えば高確率で釣れるからだ。

アカイカ泳がせで釣る! 30kgオーバー大型カンパチキャッチ!

これが小島。無人島だがさまざまな表情をみせてくれる。この島の周りにはカンパチ・ヒラマサだけでなく、キハダも回遊中だ

小島周りで大型があがっている

船長は基本的にベイトが多いポイントを攻めるので、水深100m台が多い

「来た! デカイ!」遠征専用ロッドが強引に絞り込まれる

水深200mからあがったカンパチはエアを持ち海面では降参した様子でおとなしい

水深200mより浮上したヒレナガカンパチ。丸々としたボディが特徴だ。これはアカイカを捕食している証拠

八丈島周りはスタンディングファイトで楽しむのがオススメ

このサイズは小さいほうだ

これがエサ。釣行前夜に島の漁師さんが釣ったものを購入する。だから、前夜がシケの場合、この生きエサはないときもある

今回、取材にご協力いただいたのは、東京・八丈島「アサギク」。

東京から南へ約300kmの太平洋上に位置する亜熱帯気候の八丈島。今年も大型カンパチが高確率で釣れるシーズンに突入中だ。
その理由は、生きエサであるアカイカが島周りで釣れるから。このイカはカンパチの大好物であり、このイカが島周りで沸けば、イカを捕食したカンパチは脂をたっぷりと身に蓄え、激うまになるという。2年前には水深30〜50mの浅場でアカイカエサで5〜30kgサイズが爆釣している。それがセンセーショナルだったのでその記憶はまだ新しい人も多いだろう。
今期は、GWにアカイカエサ泳がせ釣りが開幕。数は2年前ほどではないが、20kg30kg級も釣れていてまずまずといったところ。浅場ではなく例年どおりのポイント、水深100m〜200mの少し深場でヒット中だ。
なにせ、アカイカエサの場合、釣る手間がなく、カンパチの食い込みもすこぶるよいので誰にでも大型を釣り上げられることが魅力だ。
しかし、この特エサは必ずといって手に入るものではない。ないときもある。今後はサバやムロアジの泳がせも視野に入れて釣行することが望ましい。
いずれにしても泳がせカンパチシーズンが本格開幕したのは確かだ。タックルを万全にして、さぁ八丈島へGO!

重要なロッドは泳がせ専用。ステンディングタックルが主流だ!

竿とリールはイカの泳がせといえども、相模湾のキハダやイシナギ、ゼニスや伊豆七島周辺の泳がせタックルでオーケー。今期の特徴は、沖縄やトカラと同じく、水温が高めなのでポイントの水深が100〜200m前後と深いことが多い。そのため、道糸はPE8〜10号を少なくとも300m、400mあれば安心だ。リールは電動、手巻き両軸どちらでもよいが、体力に自身がない人は電動リールを用意するとよいだろう。ロッドは泳がせ専用。キハダ用の流用も可能だ。パワーを気にするなら、ターゲットは10㎏以上20㎏の魚とのやりとりを前提としたタックルを用意するのが正解だ。オモリは200〜300号使用。

釣り方だが、まずは、生きたアカイカを弱らせることなくハリに付けよう。
メインのハリをイカの足の付け根から刺し、3本分通したらハリ先を足の付け根から出す。通常親バリといわれているハリは、イカを安定して泳がせるためと、仕掛けの上げ下げ時にイカを弱らせないためのアシスト的なもので、イカのエンペラの先の皮に刺す。イカの中心に深くグサっと刺してはいけない。神経を刺すこととなるので、イカが弱るか死んでしまうからだ。
エサの準備ができたら、船長の合図で即投入。ここでモタモタしないように。船長は魚の反応に仕掛けを当てることをもくろんでいるので、合図と同時にできるだけ投入することが大事なのだ。

イカエサも置き竿にしっぱなしではなく、できるだけ誘い続ける!

釣り方は、意外と簡単。オモリが底に着いたらすばやく糸フケを回収。そして、リールを巻き上げる。この速さは好みでよいが、基準は潮の流れの速さ。潮の流れが速いときは、早め。遅いときはゆっくりを基準にしよう。もちろん、生きエサといえども、ルアーと想定し、ゆっくり巻き上げたり、速く巻き上げたりとスピードに変化をあたえてもよい。
巻き上げる高さは、底から20mが基本。底付近にしか反応がないときは、10mほど。魚の活性が高いとオモリの着底と同時にヒットすることが多いので覚えておこう。
アタリはさまざまだが竿先に変化を感じたら、リールの巻き上げを止めて次の食い込みを待つ、というのがオーソドックスなパターン。イカエサの場合、魚エサと比べて、一気に飲み込むことが多く、フッキング率も高い。ここが、高確率でカンパチを捕らえることができる理由のひとつだ。
逆に生き魚エサのときは、なかなか食い込まないことも多く、アワセのタイミングが難しくなる。
たいていの場合は、食い込みは真下方向。竿が海中に引き込まれそうになる。それがアワセのタイミング。アワセといっても、力いっぱい竿を振り上げるようなアワセではなく、竿を「よいしょっ!」と持ち上げるようなアワセで十分。その後、たっぷりとトルクフルなカンパチの引きを楽しみながら海面まであげてこよう。
まれに、食い上げることある。リールのテンションが軽くなったら、ほとんどの場合、オマツリが原因だが、そんなときは、どちらとも迷わずリールを巻き上げよう。食い上げアタリのときは、かなり上層で引き始めることがある。それからのやり取りとなるのだ。

以上の記事は「つり丸」2018年6月15日号の掲載記事です。

関連記事
東京湾口エリアのヤリイカがハイシーズンに突入。「一之瀬丸」が狙う剣崎~洲崎沖ではトップ20~30杯の好釣果が続いている。「パラソル級」ジャンボサイズも乗ってきた!丸々としているヤリイカは味も抜群だ!
11月1日南房のイワシ泳がせ釣りが解禁。主な狙いはヒラメとマハタ。カンパチ、ヒラマサなどの青物といった高級ゲストがイワシエサに食ってくるのも魅力。他とはひと味違う南房のヒラメ釣りを楽しもう。
今期も駿河湾の絶好調の夜タチウオ。静浦沖でもドラゴンまじりで釣れている!研究熱心な船長は、大型率が高いタチウオテンヤでの釣りを推奨。釣趣バツグンのテンヤ釣りを存分に楽しみに行きましょう!!
駿河湾・石花海のヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入する。釣れるヤリイカはみな肉厚で全体的に丸みを帯び、味も濃厚。連日、後半には乗り乗りタイムに突入するので、前半不調でも、後半に期待大だ。
相模湾のアマダイが絶好調!葉山あぶずり港「たいぞう丸」では当日、50cmがダブル&49cm&47・5cmが取り込まれた!シロアマダイ44・5cmもヒットし、3色揃い踏み!相模湾のアマダイ釣りは今がチャンスだ!
最新記事
「フィッシングショーOSAKA2020」(主催:大阪釣具協同組合)が2020年2月8日(土)、9日(日)の2日間、インテックス大阪6号館A・Bゾーン・3号館・4号館で開催される。
ツムブリとは、スズキ目ハタ科マハタ属で、全世界の温帯域から熱帯域の表層を回遊している。国内では青森県以南に生息している。ブリに似た形で、身に赤みがある。
東京湾口エリアのヤリイカがハイシーズンに突入。「一之瀬丸」が狙う剣崎~洲崎沖ではトップ20~30杯の好釣果が続いている。「パラソル級」ジャンボサイズも乗ってきた!丸々としているヤリイカは味も抜群だ!
太田屋(金沢八景)の釣果情報を掲載
11月1日南房のイワシ泳がせ釣りが解禁。主な狙いはヒラメとマハタ。カンパチ、ヒラマサなどの青物といった高級ゲストがイワシエサに食ってくるのも魅力。他とはひと味違う南房のヒラメ釣りを楽しもう。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読