良型狙い! 激うまアカムツ乱舞中【遠州灘・浜名湖沖】

良型狙い! 激うまアカムツ乱舞中【遠州灘・浜名湖沖】

真夏の遠州灘のイメージといえば、キハダやカツオ、シイラなどの青物ゲームだが、浜名湖沖では良型アカムツが好調に釣れている。浜名湖沖のアカムツは潮さえ流れていれば、周年釣れる。真夏はキハダやカツオ狙いになりがちだが、中深場は穴場的釣り物なのだ。


遠州灘はアカムツの宝庫。真夏は穴場シーズンだ

乗船日の最大は50cm。こんな大型が周年釣れる穴場なのだ。

3〜4人の少人数でチャーターする。船外機船とはいえ、走行性能抜群の高速艇だ。

高速ボートのカロライナスキフは、実釣時安定性抜群。このようにスタンディングで釣りが楽々可能。

食い渋りでこの通り。こんな良型がそろえば御の字。

最大はなんと50㎝。まだまだこんなサイズのアカムツが多く潜む浜名湖沖。

関連する投稿


ターゲットは水深200〜300mのアカムツだぁ!【駿河湾・清水沖】

ターゲットは水深200〜300mのアカムツだぁ!【駿河湾・清水沖】

こんな陸近くでアカムツが釣れるの? 目の前の船は何? コマセマダイ船団かあ」、こんな会話が世界遺産になっている三保の松原をすぐ目前にする海上で交わされる。駿河湾は急深のところが多く、水深200mまで一気に掛け下がっているところも珍しくない。陸近くであっても、そこはアカムツのポイントとなるという。


冨山湾で狙うはタチウオ&アマダイ・アカムツだ【富山湾・新湊沖】

冨山湾で狙うはタチウオ&アマダイ・アカムツだ【富山湾・新湊沖】

日本海は大荒れの季節だ。だが、富山湾内はちょっと様子が違う。季節風である西風を能登半島がさえぎり、なんと寒さはともかくとして、高出船率で冬絶品ターゲットが狙える。まさに、北陸の救世主的な釣り場なのだ。


狙いは激うま大型アカムツだっ!【東伊豆・伊東沖】

狙いは激うま大型アカムツだっ!【東伊豆・伊東沖】

この年末に激うま大型アカムツを釣るなら伊藤沖、ココしかないぞ! さまざな工夫を凝らして深海のルビーをキャッチせよ!!


使い慣れた中深場タックルでお手軽アカムツ釣り【南房・江見沖】

使い慣れた中深場タックルでお手軽アカムツ釣り【南房・江見沖】

波崎沖のシーズンは11月いっぱい。来年、6月までお休みだ。波崎沖で誕生した熱烈なアカムツフリークたちは、その矛先をほぼ周年狙えるこの南房へ向けたのだ。


稲取沖の大型アカムツ、好シーズン来たる!【東伊豆・稲取沖】

稲取沖の大型アカムツ、好シーズン来たる!【東伊豆・稲取沖】

言わずと知れた高級魚アカムツ。今回の取材の釣果により本格シーズン突入を実感。年末年始に向け、更なる期待が膨らむ。


最新の投稿


葉山沖の落ちマダイは意外性があって楽しいぞ!【葉山沖】

葉山沖の落ちマダイは意外性があって楽しいぞ!【葉山沖】

毎日「今年一番の寒さ」を連発する天気予報を聞きつつも、じっとしていられないのが釣りバカたるゆえん。車の外気温計がマイナス3℃を表示するなか、向かった先は葉山柴崎港の「福栄丸」。葉山沖の落ちマダイを狙っての釣行だ。


東京湾のタチウオ、良型主体のシーズン到来!【東京湾・観音崎沖】

東京湾のタチウオ、良型主体のシーズン到来!【東京湾・観音崎沖】

「観音崎沖の水深80mぐらいで釣れるタチウオは全体的にサイズがいいですね。この場所が好きなファンは多いですよ」と、新安浦港「長谷川丸」の岩瀬正紀船長。この時期は、この観音崎沖メインに狙う。昨シーズンの春は下浦沖の深場や、猿島周りから走水沖にかけて釣れていたが、しばらくはここが主戦場となりそう。


厳寒期の外房のオススメは勝浦沖の寒イサキ【勝浦沖】

厳寒期の外房のオススメは勝浦沖の寒イサキ【勝浦沖】

この時期、外房の沖釣りでオススメなのが勝浦沖のイサキ釣り。理由はポイントが近いこと、水深(=タナ)が浅いこと、手軽に数釣れることに加え、食べてもとても美味しいからだ。


オニカサゴ、マサバ、スルメイカ、3魚種リレー釣り【御宿沖】

オニカサゴ、マサバ、スルメイカ、3魚種リレー釣り【御宿沖】

二兎を追う者一兎を得ずのことわざがあるが、三魚を追って三魚とも得る、となるか!? 3魚種のリレー釣りにトライだ。


あなたはショウサイフグ狙い? それともマダコ狙い?【常磐鹿島沖】

あなたはショウサイフグ狙い? それともマダコ狙い?【常磐鹿島沖】

テクニカル、そして美味なことで人気のショウサイフグ釣り。鹿島沖のフグはとくに良型ばかり釣れることで知られる。そこに、今期から突如サイドメニューが加わった。それはマダコだ。フグポイントでフグを釣りたい人はカットウ仕掛けでそれを。マダコがほしい人はタコ餌木を使って釣る。どちらを釣るかは釣り人の好み。


ランキング


>>総合人気ランキング
フィッシングショー2018