MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
良型狙い! 激うまアカムツ乱舞中【遠州灘・浜名湖沖】

良型狙い! 激うまアカムツ乱舞中【遠州灘・浜名湖沖】

真夏の遠州灘のイメージといえば、キハダやカツオ、シイラなどの青物ゲームだが、浜名湖沖では良型アカムツが好調に釣れている。浜名湖沖のアカムツは潮さえ流れていれば、周年釣れる。真夏はキハダやカツオ狙いになりがちだが、中深場は穴場的釣り物なのだ。

遠州灘はアカムツの宝庫。真夏は穴場シーズンだ

乗船日の最大は50cm。こんな大型が周年釣れる穴場なのだ。

3〜4人の少人数でチャーターする。船外機船とはいえ、走行性能抜群の高速艇だ。

高速ボートのカロライナスキフは、実釣時安定性抜群。このようにスタンディングで釣りが楽々可能。

食い渋りでこの通り。こんな良型がそろえば御の字。

最大はなんと50㎝。まだまだこんなサイズのアカムツが多く潜む浜名湖沖。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・浜名湖「ボートクラブ カナル」。

静岡県の御前崎から愛知県の伊良湖岬までの約110㎞に及ぶ海域が遠州灘。
海図をみると、誰にでも見てすぐ分かる海溝がいくつもある。その溝がアカムツの普段の生息域だ。
「私は浜名湖でチャーターによるガイド船をやっているのですが、夏の定番は外洋に出てキハダやカツオのキャスティングゲームが定番でした。希望があればもちろん出船しますけど、今期はアカムツ釣りがイチ押しですよ」と話すのは、浜名湖「ボートクラブ カナル」のオーナー、柴田昌宏さん。
聞くと、アカムツという魚は、ボートアングラーの仲間内では、とても釣りやすい魚で、出船すれば確実に釣れる魚だったという。いわば、お土産魚の位置付け。それほど、魚影が濃いというのだ。
ではなぜ、真夏がアカムツの穴シーズンかというと、柴田さんが話すとおり、ほとんどの船が夏ならではのエキサイティングゲームを求めて、キハダやカツオを追いかけており、アカムツはあまり狙わないというのだ。ライバルが少なく大型アカムツが高確率で釣れるということだ。
実際、アカムツの産卵は初夏から秋。群れ固まりやすく釣りやすくなる。遠州灘でも例外ではなく、まさに、8月もハイシーズンなのである。

この夏の傾向は高ダナ。ステ糸の長さで調整する

ベテランは、PE2号でアカムツを攻略。ボートならではのライトタックル釣法だ。

タックルだが、ボートならではで、比較的ライトなものでオーケー。
標準となるのは、2m前後の8対2、もしくは7対3調子の根魚用、もしくはゲームロッド。オモリは150号なので、リールはシマノ社製なら3000番、ダイワ社製なら500番の中型電動がベター。
道糸はPE3〜4号400m以上収納しておけばよい。
少人数乗船の「カナル」限定ということであれば、PE2号と小型リールの組み合わせも十分に使える。
仕掛けは、胴付き2〜3本バリ。茨城の波崎沖や南房総で使っているものをそのまま流用可能だ。
ハリスは細ハリスにこだわることはなく、8〜10号50㎝。ハリはムツ18〜19号、ホタ16〜17号あたりが使いやすい。
アピールアイテムである、マシュマロボールやタコベイトは好みで。水中ライトは不要だ。
そして、一番大事なのが捨て糸の長さ。
「私が釣るときは、捨て糸は最初から3m以上とりますよ。常連さんは4mです」と柴田さんが話すように、一般的に長くても2mなのでかなり長いイメージだ。
「これだけ長い捨て糸を使っても上バリにアカムツがヒットします。大型はとくにですよ」
実際、乗船日ヒットした50㎝のアカムツは4mのステ糸に3本バリの一番上にヒット。これだけでどれだけ上ダナであるかが理解できるだろう。
長い捨て糸に抵抗がある人は、まずは3mの捨て糸から始めるとよいだろう。
ここのアカムツすべてが高ダナにいるわけではない。もちろん、底付近にも回遊している。高ダナだけにこだわるのはリスクもあるので、周りの釣り人の釣れたアカムツのタナを参考にしていろいろと探ることが大事だ。

エサはやはりホタルイカとサバの抱き合わせが定番

やはりここでもエサの定番はコレ。ホタルイカとサバの切り身の抱き合わせが実績が高い。

大型は念のためタモいれをしよう。

遠州灘沖でも付けエサは、ホタルイカとサバの切り身の抱き合わせが定番だ。
柴田さんは、タコベイトをハリスに付けているので、ホタルイカ1匹付けが主流であったが、エサ持ちのよさと常連さんの実績からサバの切り身を抱き合わせで付けるようになったという。
「うちではあくまで大型狙いなので、エサ持ち重視でサバも付けるようになりました」
ホタルイカはツボ抜きせず、1匹そのままエンペラ付近を縫い刺しして付けるとよい。

置き竿が基本。誘いはスローにする

遠州灘でも誘いが有効。仕掛けの動きをイメージしながら誘う。

ボート上での釣り方は、大型乗合船での釣り方とほぼ変わりない。
メリットは、潮や風にのせて、船を流しやすいので、どんな状況下でもポイントを効率よく流せること。
潮が流れていればベストだが、風の力にまかせてのドテラ流しも実績がある。
釣り方は置き竿で十分だが、アカムツ釣りフリークほど、誘いたくなるのは釣り人の性。もちろん誘いもオーケーだ。その際、動作はゆっくり行うこと。早すぎる動きは、警戒心が強いアカムツを仕掛けから遠ざけてしまうからだ。
長いステ糸を使っているときは、オマツリしない程度にタルマセの誘いを行ってもよいだろう。
ヒットしてからは、電動リールは中速度以下で巻き上げる。水深があるので、速すぎる巻き上げはバラシの一番の原因となる。とくに残り水深100mを切ってからは、手持ち竿で魚の引きを感じ取りながらやり取りしたい。バラしもここからが多いからだ。

以上の記事は「つり丸」2017年8月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
本牧港「長崎屋」では、連日シロギスの好釣果を記録している。取材当日は開始から慣れた常連さんが怒涛の勢いで数を伸ばし、トップは2本竿の274匹。12人が竿を出し、7人が束釣り達成。富津沖は水深4~5mと浅場で釣りやすいのが魅力。
更新: 2019-08-22 07:00:00
いよいよ夏本番。走水沖ではブランドの夏アジが絶好調!連日30cm前後のジャンボサイズ主体に、束釣り(100匹)を達成して早揚がりもある。別格な美味!走水沖のビシアジは初心者や夏休みのファミリーフィッシングにもオススメだ。
更新: 2019-08-17 07:00:00
新子安恵比須橋の「だてまき丸」マゴチが宿の看板。一年の多くの期間をマゴチ乗合で出船しており、今シーズンも好釣果を出し続けている。これからの照りゴチシーズン!パワフルな夏マゴチの引きが堪能できるぞ‼
更新: 2019-08-15 12:00:00
平潟沖のアカムツ五目は、比較的浅場をライトなタックルで狙う波崎沖寒猫根と同様の、かなりお手軽カンタンなスタンスのアカムツ釣りだ。マゾイやアラなどプラスアルファも魅力!この夏はお好みのターゲットにチャレンジ!
更新: 2019-08-15 07:00:00
今夏は東京湾のマダコが絶好調。小柴沖のマダコは場所により小型もまじるが、2kg以上も多く、連日3〜4kg級が上がっている。最大は5.8kg!久々の爆釣シーズン!伝統的な手釣りはシンプルでビギナーにもチャンス大!!
更新: 2019-08-14 07:31:22
最新記事
極上美味ターゲットアラの釣り場は全国各地に点在するが、5㎏以上の「大」サイズは簡単には姿を見せず、「幻」と称されている。近年そんな大アラをエサ釣り、ジギング双方で高確率に「現実」に変えたのが、新潟間瀬港「光海丸」の小林聡船長。
更新: 2019-08-23 07:00:00
本牧港「長崎屋」では、連日シロギスの好釣果を記録している。取材当日は開始から慣れた常連さんが怒涛の勢いで数を伸ばし、トップは2本竿の274匹。12人が竿を出し、7人が束釣り達成。富津沖は水深4~5mと浅場で釣りやすいのが魅力。
更新: 2019-08-22 07:00:00
相模湾のコマセカツオ&キハダが8月1日に開幕。今シーズンはかなり良さそうだ! 開幕当初こそコマセにつかなかったが、「思った以上に湾内に魚が入っています。今年は期待できますよ」と小坪港「洋征丸」の高木洋征船長。
更新: 2019-08-21 07:00:00
「2019ダイワ カワハギオープン全国大会一次予選」(主催:ダイワ)が10月6日(日)~17日(木)(関東地区)に久比里地区、勝山地区で開催される。
更新: 2019-08-20 12:00:00
人気の高い東京湾のタチウオジギング。7月下旬現在、長浦港の「こなや」では、湾口部の大貫沖、富津沖、走水沖、観音崎沖、猿島周りといったメジャーポイントを中心に転戦中。F7=指7本という大型が連日のようにキャッチされている。
更新: 2019-08-20 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読