MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
スルメイカ多点掛けが醍醐味! 仕掛けから釣り方まで(春盛丸)

スルメイカ多点掛けが醍醐味! 仕掛けから釣り方まで(春盛丸)

夏を代表的するスルメイカ。相模湾では、これから本格シーズンに突入する。6月後半の時点では、相模湾東部では、長井沖がまずまずの好調ぶり。トップ40杯以上を記録する日も珍しくない。釣れているサイズはムギイカを1、2回り大きくしたニセイカサイズが主体となっている。

perm_media 《画像ギャラリー》スルメイカ多点掛けが醍醐味! 仕掛けから釣り方まで(春盛丸)の画像をチェック! navigate_next

長井沖のスルメイカはこれからが型が良くなり本格シーズンに突入

取材当日は、港から近い長井沖の水深100m前後で乗った!

中層に出る反応はサバやウルメイワシなど。その下にスルメがいる!

イカの触りを見つけて、それを掛けていく!

取り込みも楽しみ! 何杯いるかな〜?

スルメイカ釣りの醍醐味は、何といっても多点掛け! 5杯乗った!

こちらもダブルヒット!

いっぱい釣れると楽しいね

阪本智子さんも順調に乗せた!

にっこり満足笑顔!

沼田船長は操船しながら、直結仕掛けの置き竿釣法でバンバン乗せた!

「取り込みは慌てないことが大事です!」と沼田船長

沼田船長は、直結仕掛けであっさりと4杯掛け!

これは珍しいサクランボ(一つのツノに二杯のイカが乗る)!

合図と同時に即投入するのが基本

「永井が長井沖で乗せたよ〜」と永井名人

スルメイカは船上干しがとても美味だ!

仕掛けのプラヅノ14〜18㎝。取材当日はニセイカクラスが多かったので、14㎝を使った!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・長井漆山「春盛丸」。

夏のイカといえばスルメイカ。ヤリイカよりも足が太く長く、そして獰猛。プラヅノに乗るとグングンと引く。うまく誘うと2杯目、3杯目と、どんどん追い乗りしてくるのが醍醐味だ。また、釣れたそばからイカを開き、船上干しを作るのも楽しい。夏の強い日差しにあてた船上干しは最高のウマさだ!
6月後半の時点において、相模湾では長井沖で好調に釣れている。サイズはムギイカを少し大きくしたニセイカサイズが多い。いい日にはトップ40杯以上を記録している。
取材は6月中旬に長井漆山港「春盛丸」で敢行。ポイントは港から数分の長井沖水深100m前後。開始から好調に乗り、慣れた人は直結仕掛けを操って数乗せていく。4杯掛けや5杯掛けもあってトップは43杯でフィニッシュした。
「これからどんどん大きくなっていきます。今(6月中旬)は14㎝のツノを使っていますが、イカが大きくなれば18㎝を使ったほうがいいですね。釣り場も城ケ島、洲崎沖、沖ノ瀬方面に移って、釣れる水深ももう少し深くなるでしょう」と話すのは「春盛丸」の沼田孝章船長。
相模湾のスルメイカは本誌発売以降が本格シーズン。多点掛けを狙って、真夏の日差しを受ける船上にたくさんの船上干しを作ろう!

リールはパワーのある電動を。仕掛けは直結式とブランコ式がある

竿は胴がしっかりした先調子のイカ専用竿。この調子が誘いやすく、アタリもわかりやすい。軟らかめの竿は、誘いにくいと同時にアタリもわかりにくい。長さは1.2〜2.1mぐらいまで。
1.2〜1.5mの短めは、直結仕掛けでシャクって釣るのに適している。メーカーによってはスルメイカの電動直結用のモデルもある。1.7〜2.1mの長さは、いろいろな釣り方に対応できる。
ちなみに今回取材した「春盛丸」の沼田船長は、若干胴に掛かるヤリイカ竿を使用していた。これは操船しながら置き竿で狙うからだ。置き竿で狙うのは簡単なようで難しい。上級者向けだ。
リールはパワーのある小型電動リールを使おう。スルメイカはヤリイカに比べれば、強く抵抗し、これが意外に強い。つまり、多点掛けしたときには重量感も抵抗もすごい。リールにパワーがないと、巻き上げが止められてしまうからだ。
スルメイカ釣りでは、大きく分けて直結仕掛けとブランコ仕掛けの2種類が使われる。


直結仕掛けは幹糸でツノとツノを結び、枝スがない。おもに10本前後のツノ数を使用する。仕掛けの構造からして、ラインを弛めたり、仕掛けを下げると簡単にバレてしまう。
しかし、サバが多いときには絶大な威力を発揮する。サバがツノにアタックしても掛かりにくく、掛かってもすぐに外れるからだ。
またツノ数が多いので、一度に広いタナを探れる。仕掛けの再投入もしやすく、絡みづらい。
直結仕掛けはイカがバレやすいので、最初からビギナーにあまりオススメできない。しかし、これからもスルメイカ釣りを続けてステップアップを望むなら、ぜひ使いこなせるようにしたい。

一方、ブランコ仕掛けは胴付き仕掛けと同じ形状だ。ツノ数は5〜7本が一般的。枝スがあるので、イカがバレにくいのが一番の特徴。初心者は、まずこの仕掛けからスタートするといいだろう。
一度に広範囲を探ることは難しいが、群れが少ないとき、底でしか乗らないときに拾い釣りができる。ただしサバが多いときは、ブランコ仕掛けでは釣りにならない。ガッチリ掛かってしまったり、ツノを飲まれたりするからだ。
ツノのサイズはイカのサイズによって14㎝と18㎝を使い分ける。今回の取材のようにニセイカサイズが主体のときは14㎝。それより大きな良型が多いときは18㎝を使おう。

スルメイカ釣りは狙うタナによって直結orブランコで釣り方を変更

ブランコ仕掛けを使っているとき、「底でやって」とか「底から20mまでやって」という指示があった場合。とにかく速くオモリを着底させる。着底したら糸フケを取り、ひとシャクリまたは2シャクリして様子を見る。アタリがなければ1m刻みにシャクって、上へと探っていく。具体的に「20mまで」という指示がない場合は10mぐらいまで探ろう。
ブランコ仕掛けで「50〜80mをやって」という指示が出た場合は、80mまでオモリを落とし、あとは前述したように1m刻みにシャクって誘い探っていく。また、仕掛けがタナの範囲に入ったら、仕掛けの落下にブレーキをかけながら落とし込むのも手だ。

直結仕掛けを使っているとき、「50〜80mでやってみて(水深100m)」という合図が出た場合。中オモリを80mまで落とす。ただし、ツノ数が多いと80mに達する前に、下のオモリが着底することもあるので注意。
ひとシャクリして様子を見た後、竿をアオりながら電動の中〜低速で巻いてタナの間を探る。イカが乗ったら、そのまましばらくゆっくり巻いて、追い乗りさせる。
タナの上の方で乗った場合、次の投入では仕掛けがタナに入ったら落下を止め、竿をシャクって様子を見よう。
直結仕掛けで「底でやって」とか「底から20mまでやって」という指示があった場合。素早くオモリを着底させる。糸フケを取ったら竿をシャクって様子を見る。アタらなければ竿を戻して、再びシャクる。この後は同じように底付近で竿をシャクってもいいし、上の方を探ってもいい。イカが乗ったらゆっくり巻いて、追い乗りさせよう。
どの釣り方でもそうだが、周囲で乗っているのに自分に乗らないときは、20mぐらい巻き上げて、再び落としてみよう!

以上の記事は「つり丸」2016年7月15日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル