MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
初夏の相模湾東部ムギイカ好調! マルイカもまじる(春盛丸)

初夏の相模湾東部ムギイカ好調! マルイカもまじる(春盛丸)

相模湾東部では5月に入るとムギイカが好調に数釣れ出した。いい日にはトップ60杯を超えることも! そして日が経つにつれてスルメサイズもまじるようになってきた。

今後の展開に乞うご期待! 今後は釣れるイカのサイズがアップする

当日は長井沖〜城ケ島沖を狙った

直結仕掛けの取り込みは、仕掛けを弛ませないように!

横山智也さんの直結仕掛けは、下の方はツノ間を短くしている。底反応では多点掛けしやすいという

常連の横山智也さんはムギイカの4杯掛け

こちらはマルイカとムギイカの一荷!

ムギイカとスルメイカのどちらが乗るかわからない

活きがいいイカはぜひ刺身で

ツノ数15本の直結仕掛けでは、仕掛け全長が約20mあるので、底反応では探る必要はない。その場で誘って乗せる

誘いは、誘い上げたら、一気に竿を下げる。中オモリを入れているので、仕掛けが弛んでアピールする

常連の横山さんは着実に乗せた

ハヤブサフィールドスタッフの入稲福佳寿巳さんはスルメサイズ!

取り込みは慌てず、ひとつひとつの動作を確実に

隼華の深谷めぐみさんは、ムギイカのダブル

朝イチはスルメサイズが多かった!

これはムギイカ。とても美味しい!

マルイカもまじった

仕掛けはプラヅノの11〜14cm。マルイカも狙うなら、スッテをまぜよう

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・長井漆山「春盛丸」。

「まだ沖のほうはイカが少ないですね。近場でムギイカ、スルメイカを狙っています。またマルイカもまじっています」と話す、長井漆山港「春盛丸」の沼田孝章船長。
ムギイカ、スルメイカにマルイカもまじるとなると使用する仕掛けに迷う。「春盛丸」ではムギイカ、スルメイカをメインに狙うので、沼田船長オススメはプラヅノ11〜14㎝で組んだブランコ仕掛けか直結仕掛けだ。
スルメサイズが多いときはプラヅノ14㎝。ムギイカ主体のときはプラヅノ11㎝。仕掛けの扱いに慣れない人はブランコ仕掛け。数を伸ばしたい、サバが邪魔するなどのときは直結式を使うといいだろう。また、仕掛けのなかに小型のスッテをまぜておくとマルイカが乗りやすくなるだろう。
今後は釣れるイカのサイズがアップして、スルメサイズが多くなってくる見込み。釣り場もしだいに近場から沖へと移行していく。そうなれば夏のスルメイカシーズン本番となる。
とにかくこれから夏に向かって楽しみなムギイカ、スルメイカ。今後の展開に期待したい!

以上の記事は「つり丸」2018年6月15日号の掲載記事です。

関連記事
改元2日前の4月28日は筆者の平成ラスト釣行はアカムツ!「昭和」終盤にスタートし「平成」と共に歩んだ“ディープマスター”の日々は「令和」でも変わらず続くが、どこか感傷的なのは還暦間近の「歳のせい」か?
更新: 2019-05-26 07:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00
沼津沖の夜ムギイカが開幕。ムギイカはスルメイカの仔で食味の良さで人気。「幸松丸」では4月中旬から乗合を開始。釣り時間は夜半〜明け方までの深夜船、土曜と祝前日には夕方〜夜半までの早夜船でも出船している。
更新: 2019-05-25 07:00:00
猿島沖で釣れるマアジは沖合を回遊するクロアジと瀬付きのキアジ (通称金アジ)との2タイプがある。弧を描く背が黄金色に輝く金アジは、瀬につく豊富なプランクトンで育つため、脂が乗り、抜群の旨みを誇る。
更新: 2019-05-24 12:00:00
勝浦沖の浅場の根魚がおもしろい!「初栄丸」は、この時期、浅場のカサゴ・メバルで出船している。釣れる魚は良型のカサゴ、メバル主体にマハタ、アカハタ、ヒラメなども掛かるのが魅力。美味しい高級魚ばかりだ!
更新: 2019-05-24 07:00:00
最新記事
湘南は平塚発信のサバをメインターゲットにしたライトなルアー乗合、「ライトルアー」。短時間出船&低料金。お土産確実!? という、まさにライト感覚が好評の由縁だ。
更新: 2019-05-26 12:00:00
改元2日前の4月28日は筆者の平成ラスト釣行はアカムツ!「昭和」終盤にスタートし「平成」と共に歩んだ“ディープマスター”の日々は「令和」でも変わらず続くが、どこか感傷的なのは還暦間近の「歳のせい」か?
更新: 2019-05-26 07:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00
沼津沖の夜ムギイカが開幕。ムギイカはスルメイカの仔で食味の良さで人気。「幸松丸」では4月中旬から乗合を開始。釣り時間は夜半〜明け方までの深夜船、土曜と祝前日には夕方〜夜半までの早夜船でも出船している。
更新: 2019-05-25 07:00:00
猿島沖で釣れるマアジは沖合を回遊するクロアジと瀬付きのキアジ (通称金アジ)との2タイプがある。弧を描く背が黄金色に輝く金アジは、瀬につく豊富なプランクトンで育つため、脂が乗り、抜群の旨みを誇る。
更新: 2019-05-24 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読